重神機パンドーラ<PANDORA>第2話「箱を開けし者」感想(ネタバレ)<火鍋おいしそう>




注意:ネタバレです

pandora
重神機パンドーラ公式サイトから引用
©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

レビュー

街は危険がいっぱい

自分が起動因子となりハイパードライブを成功させてマシンと一体化したレオン。

巨大なB.R.A.Iを倒した事を覚えていなかった。

あまりにも強大なエネルギーによって意識を失ったレオン。

軍がマシンと共にネオ翔龍に避難させていた。

翔龍クライシスを起こして世界を破滅に導いた張本人レオン。

彼はネオ翔龍を追放されていた。

しかし、B.R.A.Iから街を守った功績を認められて街に戻る事を許された。

しかし、世界を破滅に導いた張本人を簡単に街に戻してもいいものか?

翔龍クライシスで家族を亡くし恨みを抱く者もいるはず

彼らがレオンの命を狙う事もあるかもしれない。

レオンを街に戻す事を決断したセシルに対して反旗を翻す事もあるかもしれない。

そんな簡単な問題ではない。

その証拠にB.R.A.Iとの戦闘でもネオ翔龍の防御システムを被弾させた。

あわや防御システムが効かなくなるかもしれない事態を起こしかけた。

レオン本人も罪の意識をあまり感じていない様子。

それどころではないのも関係しているのかもしれない。

いきなり、マシンと一体化して混乱しているのかもしれない。

街に留まる事は妹のクロエにとっては良い事かもしれない。

でも、充分注意しないと取り返しのつかない事になるかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

earth

翔龍クライシスの謎

世界を破滅に導いた量子リアクター。

レオンは、街を追放される時に細工を施していた。

パスワードを入れなければ量子リアクターの核にアクセスできないようにロックをかけた。

完全に沈黙していない量子リアクター。

不用意に触れる事によって再び世界を破滅に導くかもしれない

再び量子リアクターが暴走すれば人類は完全に死滅してしまう

そうならないためにレオンはパスワードでロックをかけた。

量子リアクターが暴走した真相。

それは、レオンしか知らない。

一緒にいた量子リアクターの開発者ロン・ウー博士は翔龍クライシスで命を落とした。

真相を知るのはレオン一人。

しかし、彼は真相に関しては明らかにせず口を閉ざす。

何かを知ってるはずなのに明かさないレオン。

世界を崩壊させた時に、一体何が起こっていたのか?

時が来れば真相を話すのかもしれない。

レオンの中で納得できないことがあるのかもしれない。

再び量子リアクターにアクセスできるようになったレオン。

世界の崩壊の時に、何が起こっていたのか自分の目で確かめようとしているのか?

腹が減っては戦は出来ぬ

ハイパードライブでマシンと一体化した時、核となる人間もエネルギーを多量に使う事が分かった。

そのせいで、レオンは意識を失ってしまったのかもしれない。

意識を取り戻してから、今までに経験した事のない空腹に襲われてる。

満足に動けないぐらいの空腹感。

クロエが肩を貸して引きずるように助けを求める。

タイミングの良い事に街を救ったご褒美に火鍋を御馳走してくれる。

驚異的な食欲で料理を口に放り込んで行くレオン。

火鍋の山椒の辛さが心地よさそう。

何よりも観てるこっち側にも空腹感が襲ってくるぐらいおいしそうに描かれてる。

街の外に戻っていたら空腹が極限に達して命を落としていたかもしれない。

マシンと一体化すると言う事は、それほどのエネルギーを使うと言う事なのか?

これからは、出動前に充分な腹ごしらえをする必要がある。

コックピットにも食料を備え付けておく必要がある。

機械を動かすには燃料が必要であるのと一緒。

人が機械と一体化するのであれば人にも燃料は必要。

energy

B.R.A.Iの謎

B.R.A.Iから、抜き取った核。

軍は、それを回収していた。

B.R.A.Iの謎を解き明かすブラックボックス。

でも、不用意に使づくのは、どうかと思う。

B.R.A.Iに関しては全ての謎は解明されていない。

核と言えども危険があるかもしれない。

充分に警戒しなければならない。

今回は、その辺が抜けていた。

核から、いきなり触手が伸び出した。

言わんこっちゃない。

警戒せずに、むき出しのまま台車に乗せてるから、こんな事になる。

隔離していたら、こんな事になっていなかったかもしれない

しかし、今まで沈黙していたのに突然触手が出て来たのには理由があるのか?

レオンが近づいた途端に触手がレオンをからめとった。

もしかして、機械と一体化したレオンに核が反応したのか。

自分たちと同じ存在と認識して一体化しようとしたのかもしれない。

周りに軍人たちがいて助かった。

レオン一人だったら機械に取り込まれていたかもしれない。

こんな時に経験の差が出てくる。

部隊長のグレンは触手を狙ったが根本的に事態を収める事は出来ない。

バウンティハンターのダグは正確に核の中心部を撃ち抜いた。

様々な危険な状況を経験しているバウンティハンターならではの判断。

咄嗟の時には経験の差が顕著に出る。

何はともあれ、レオンも助かって大事に至らず良かった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする