【NETFLIX】ルーク・ケイジ シーズン2【マーベル】第8話・第9話 感想(ネタバレ)



注意:ネタバレです


NETFLIX公式サイトから引用
©1997-2018Netflix.inc

レビュー

第8話:正しい道

マライアとミスティのいがみ合いが凄いわ。

お互いに嫌いなんやろうね。

マライアをルークが助けたと聞いた時のミスティが残念そう。

「なんで助けるねん」

と心の中で思ってたんやろうね。

でも、ちょっとマライアが可哀そうになってくる。

なにもかも失ってしまった。

お金だけやったら、まだしも。

家が焼けて思い出の品が無くなってしまったのは、ダメージが大きい。

金の切れ目が縁の切れ目。

弁護士も金が無くなったのが分かったら、速攻マライアから去っていった。

これには、カラクリがあったんやね。

ブッシュマスターが、マライアに金が無くなった事を弁護士に教えてた。

その上で、自分が雇うと弁護士に持ち掛けた。

リドナー警部が死んだ事をマライアは知らんかったんや。

昔からの知り合い。

お互いに信頼してる部分もあったんやと思う。

ミスティは、マライアがリドナー警部を殺したと思ってたみたいやけど、全くの見当違いやったね。

リドナー警部とマライアの関係を、あんまり知らんかったみたいやね。

知ってたらマライアがリドナー警部に手を出すとは思わなかったはず。

取調室で、撃たれたリドナー警部の写真を見せられたマライアの叫び声には驚いた。

今回の話の中で、これが一番びっくりしたわ。

ブッシュマスターには、マライアとティルダが死んだと思わせておくのが一番安全やった。

でも、速攻バレてしまった。

ハーレムの至る所にスタイラーズの息のかかった奴らがいてる

その一人がブッシュマスターにチクってきた。

今度はマライアとティルダに懸賞金が懸けられた。

ハーレムの金に飢えた奴らが襲ってくる。

もう、逃げ場があれへん。

警察署の前で襲って来るような奴らやから、金のためやったら警察なんか何とも思ってない。

もう、外国にでも逃げるしかないよ。

ルーク・ケイジにも懸賞金が懸けられた。

お父さん、呑気すぎるよ。

ルーク・ケイジが焦って心配してるのに、屁とも思ってないわ

さすがは、ルーク・ケイジの父親やね。

でも、心配が的中した。

教会にギャングが乗り込んで来た。

ルーク・ケイジがいて、良かったよ。

お父さんも負けてないね。

ルーク・ケイジが撃たれたのに切れて、ギャングの一人をボコボコにしてる。

なんやかんや言うても、ルーク・ケイジの事をメッチャ愛してるんやね。

ブッシュマスターは、超人的な力を呪術で得るために命を削ってる。

アナンシーは心配してるのにブッシュマスターは言う事聞けへんやん。

復讐しか頭になくなってる。

ルーク・ケイジを倒すためには呪術の力が必要。

でも、このまま続けたら命の火が燃え尽きるのは明白。

ブッシュマスターは、一体どうなってしまうんやろ?

シェイズは複雑な心境になってる。

本意ではなかったんやと思う。

本音は、コマンチェを殺したくなかった。

でも、自分の信念のために殺した。

自分が使えてるマライアを裏切ったコマンチェ。

プロとしての自分には許す事が出来なかった。

シェイズの反撃が始まる予感。

アナンシーが狙われてる。

いい人そうやから、酷い目に遭ってほしくない。

アナンシーの命が奪われる事態にでもなれば、ブッシュマスターは怒り狂うはず。

事態は収拾不可能な事態に展開しそう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

第9話:勘弁してくれ

持つべきものは金持ちの知り合い。

ルーク・ケイジはダニー・ランドと知り合いになっていて良かったね。

ランド社が建設中のビルを隠れ家として提供してくれた。

ハーレムの街中がマライア親子とルーク・ケイジを懸賞首として狙ってる。

警察官の中にも賞金目当ての奴がいないとも限らない。

もはや誰も信用できない。

建設中のビルならブッシュマスターも知らないはず。

最適な隠れ家やん。

今回、マライアのクズっぷりが加速してる。

命が危ない場面で本音で話をして、わだかまりが無くなり絆を取り戻すのかと思ってたら反対やった。

極限状態に追い込まれてマライアの本来持ってる本質が頭をもたげて来た。

ティルダが可哀そう過ぎる。

今まで父親と思っていた人が実の父親ではなかった。

こだけでも、衝撃の事実。

そこに追い打ちをかけてくれてる。

娘に向かって

「あんたなんか産みたくなかった」

崖から突き落とされたような感覚に襲われるよ。

なんやかんや言うても母親の事を心の底では頼りたいはず。

その母親から、そんな事を言われてしまった。

これは誰を信用したらいいのか分からなくなってしまう。

まして、普通の状況ではない。

母親と一緒に懸賞金を懸けられてハーレムじゅうの人から命を狙われてる状況。

ティルダはマライアに見切りをつけたみたい。

ブッシュマスターが逮捕されたと安心して店に戻ったティルダ。

警察から逃げ出したブッシュマスターと部下が待ち構えてた。

爆弾で怪我をしたブッシュマスターを助けろと迫る部下。

ティルダはナイトシェイドを使って助けるつもりみたい。

でも、自分の命が危ないから助けるのではないわ。

心の底からマライアに復讐したいからブッシュマスターに手を貸すんやね。

ティルダが闇に落ちてしまった。

母親のマライアはドップリと闇に浸かってる。

闇に復讐するには、自分も闇に落ちないと対抗できないと思ったんかもしれない。ブ

ッシュマスターは、ナイトシェイドを使い続けないと強さを維持できないみたい。

でも、ナイトシェイドを使い続けるのは危険が伴う。

復讐心に占拠されて冷静な判断が出来なくなってるんやろうね

ブッシュマスターの強さに陰りが出てる。

素手でルーク・ケイジに敵わないから、金属バットを持ち出してしばき倒してる。

呪術超人と科学実験超人の戦い。

科学実験超人の完勝やった。

しかし、ナンディの裏切りにはビックリした。

リドナー警部が殺されたのをきっかけにミスティに対する態度を改めたのかと思ってた。

根性ババ色やね。

懸賞金に目がくらんでマライアの居場所を教えよった。

こいつ、ほんまに腹立つわ。

マライア親子とは対照的に、ルーク・ケイジと父親の確執は、すっかり解けたね。

お互いに完全に許しあう事が出来たみたい。

誤解から、いがみ合ってたけど父親はルーク・ケイジの事を愛してた。

ハーレムを守る自慢の息子。

誇りに思ってたけど、わだかまりがあったから素直に喜べなかったんやね。

救急車の後ろに座ったルーク・ケイジと父親が抱き合って、分かり合えた時はホロっとしてしまった。

シェイズもただでは、帰ってけえへんやん。

グェンの店に偵察に行っただけではなかったんやね。

きっちりとアナンシーを拉致して来てる。

どうするつもりなんやろ?

アナンシー、いい人みたいやから酷い事せんといて欲しいわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)