【海外ドラマ】ヴァン・ヘルシング【NETFLIX】シーズン4 第2話レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

vanhelsing

NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2021Netflix.i

第2話:「闇に導かれ」レビュー

ヴァン・ヘルシングって何人おるん?また、ヴァン・ヘルシングが出て来た。それも、普通のヴァン・ヘルシングと違ってヴァネッサと同じ突然変異。強力な治癒能力とヴァンパイアを人間に戻す力を持っている。ハンセンが娘と言った時から怪しかった。肌の色が違うのに娘って言うてるけど、奥さん黒人なのかなと思った。バイオレットは実の娘ではなくて養子。もしかしたら、ヴァン・ヘルシングの血を受け継いでいるのを発見して養子にして実験をしているとか?ジュリアスを近づかせたのも魂胆がありそう。ジュリアスが来るまでにもロータウンには通っていたみたいなのにヴァンパイアに襲われたのは今日が初めて。あのヴァンパイアたちは、どこから入ってきた?ロータウンでは警備なんてあってないようなものだからヴァンパイアも入り放題なのか?それなら今まで襲われなかったのが不思議。今回はジュリアスがいたから噛まれただけで済んでよかった。もしかしたら体を引き裂かれて再起不能になっていたかもしれない。でも、この能力を解明できたらこの世からヴァンパイアを根絶できる可能性がみえてくる。人類にも逆転のチャンスがみえてきた。全てはサラの実験結果にかかっている。

やっと気づいたヴァネッサ。ヴァンパイアを殺していくよりも人間に戻していく方が効率いいに決まってる。なかなか死なないヴァンパイア。首を切り落とすのは一苦労。血を吸わせるのは簡単。勝手に向こうから首に吸い付いてくる。それにヴァンパイアから戻った人間は驚異的な治癒能力のおまけがついてくる。どんどんヴァンパイアを人間に戻していく事で人間側の人数が増えて行き有利になっていく。チャドのように家族や親しい人がヴァンパイアになってしまったが、殺すに殺せず苦しんでいる人たちもいるはず。そんな人たちにとってはこの上もない朗報。諦めていた家族が人間に戻り、またやり直す事ができる。気づくのが遅すぎるぐらい。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大