【海外ドラマ】ARROW/アロー【DC】シーズン5 第6話「過去の傷跡」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

arrow
ARROW/アロー公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

第6話:「過去の傷跡」レビュー

言わんこっちゃない。
予想通りの展開。
アル中が、そう簡単に酒をやめれるわけがない。
やめたと言ってたのも嘘。
ランスの遅刻常習の原因も酒を飲んでたから。
今更、断酒会になんか行ったら余計に混乱を招くことになる。
テレビで副市長の顔は知れ渡ってる。
断酒会に副市長が現れたらマスコミが殺到してオリバーの責任問題にまで発展するのは目に見えている。
完全にテアの失策。
アル中を甘く見過ぎてた。
副市長室でも飲んでいた形跡。
我慢できないほど悪化してる。
家の中にも酒瓶が散乱。
これはかなりの重症ですわ。

懐かしの手帳。
この手帳リストに載っている人たちを殺して回ったオリバー。
過去の汚点。
それが正しいと思っていたからやったこと。
プロメテウスは手帳の殺された人物を知る者。
オリバーに復讐をしようとしているのか?
プロメテウスの手裏剣はグリーンアローの矢と同じ金属でできている。
矢を溶かして作った手裏剣。
グリーンアローに強い執着を持つ人物。
矢は警察の証拠品保管庫に厳重に保管されている。
そこに出入りできる者は限られている。
酔いから目覚めたランスの前に手裏剣が、腕には明らかに刃物でつけられた傷がある。
電車の中でのアルテミスとプロメテウスの戦い。
アルテミスが付けたプロメテウスの腕の傷。
妙な一致が胸騒ぎ。
まさか酔って正気を失ったランスがプロメテウス?
アルコールで我を失ってプロメテウスに変身?
もしローレルが生きていたら、どんな反応を示すのか?

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大