GIVIモノロックケース TECHスモークレンズ 37L(B37NTD)1年使用した6つのポイント




1.デザイン

購入の決め手は、デザインです。
GIVIのトップボックスを付けているバイクは、よく見るのですが、
どれもこれも同じようなデザインに見えました。


少し変わったデザインのものがないかとネットで検索して、
TECHスモークレンズが目に留まりました。


角ばったデザインで、レンズもスモークで引き締まって見えます。
マットテクノシルバーのPCXと、とてもマッチしています。

2.取付

取付は全て自分でしました。
ネット上の情報を参考にさせてもらいました。


PCXはリアキャリアが付いてないので、
トップケース用スペシャルキャリアが必要です。


シートを開けて、リアパネルを外すと4つのネジ穴があるので、
そこにキャリアを取り付けます。
取り付け説明書もあるので、ほとんどの人が自分でできるんじゃないでしょうか。


本体ボックスは取り外しができるようになっているので、
キャリアにはめ込むだけです。
上からボックスの底を抑えてしっかりカチッと音がするまで押し込みます。


確実に、セットできていないと走行中にボックスが落ちて
危険なので注意してください。


自宅ではバイクにカバーをかけているので、ボックスの取り付け、
取り外しは毎日やっていますが、今まで走行中に外れたことはありません。

3.充分な容量

37Lの容量があれば、買い物からツーリングまでオールマイティーにこなせます。
レインスーツ、ボディバッグ、チェーンロック、ジャケット、グローブと
いつも入れていますが、これだけ入れても、まだ余裕があります。


走行中はヘルメットをかぶっているので、シート下収納スペースは空です。
鍵を抜いた状態で、ふたをパチッと閉めれらるのは意外と便利です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

4.耐久性

1年使っていますが、全くガタが来た様子はありません。
さすが、GIVIです。


1年間ボックスの取り外しを繰り返していますが、
ロックの不具合も1回もありません。


また、何度も雨天走行をしていますが、
雨が侵入して中の物が濡れてしまった事もないです。

5.視認性

大きすぎず小さすぎず、PCXには、ちょうどいい大きさだとおもいます。
後ろから見た感じもしっくりきます。

また、車から見た時にバイクが大きく見えるようになったのか、
ピッタリつけられたり、あおられるこ事が少なくなりました。

6.価格

ネットショップで¥16,925円で購入しました。
キャリアは5,063円でした。


これより安いのは、いくらでもありますが、走行中のガタツキのなさや、
耐久性を考えたら、そんなに高くはないのではないかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする