「ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ氏死去」ご冥福を祈ります




ゾンビ映画というジャンルを確立した立役者、アメリカの映画監督のジョージ・A・ロメロ氏が亡くなりました。

77歳でした。

まだ、若かったのに。

肺がんを患っていたそうです。

残念です。

もっとゾンビ映画を作って欲しかった。

この人が監督してヒットした映画「ゾンビ(原題:Dawn of the Dead)」を子供の頃に観た記憶は、今でも強く残っています。

当時、サンテレビでやってました。

当時は今みたいに規制も強くなかったので「悪魔のいけにえ」とか「13日の金曜日」とか、ホラー映画が普通にテレビで放送されてました。

いい時代です。

今のテレビは、なんでも規制規制で全然面白くなくなってしまった。

21時以降の遅い時間でしたが普通に子供も見れる時間です。

両親は寝ていたので一人で観ていました。

ボーっと何気なくテレビを観ていると、映画の冒頭の星が爆発するシーンが映っています。

これは、面白そうだなと観る事にしました。

あるアパートに警察が突入。

突然、死者が起き上がり警官を襲い始める。

衝撃的でした。

死んだ人が生き返って人を襲ってる。

吸血鬼とも違う。これは何?

当時は、ゾンビなんてメジャーではなかったので知りませんでした。

もう、引き込まれました。

布団をかぶってドキドキしながら最後まで観ました。

最後、燃料の少ないヘリコプターでピーターとフランが脱出した所で終わりました。

放心状態です。

いろいろ考えました。

どこへ逃げるん?

燃料ないやん。

安全な所はあるの?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

しばらくは、ゾンビが襲ってきたらどうする?って頭の中で考える日々でした。

今でもゾンビ映画は大好きです。

この時の記憶がそうさせるんだと思います。

この「ゾンビ」、いろんなバージョンが存在します。

あまりにも多すぎて、もうどれがオリジナルなのか分かりません。

冒頭の星の爆発シーンは、日本公開版のみのシーンです。

日本版も劇場公開版とテレビ放送版で違います

ディレクターズ・カット版もあります。

でも、ロメロ本人が「不満足な出来だ」と評価しています。

残念ながらジョージ・A・ロメロの作品で、この作品以降は衝撃を受ける作品はありませんでした。

リメイクのドーン・オブ・ザ・デッドも当然観ました。

これは、面白かったです。

ゾンビが走ってます。

これはこれで怖いですが別の映画になっていました。

でも「ゾンビ」がなかったら、「ウォーキング・デッド」も「バイオハザード」もなかったでしょう。

ゾンビ映画というジャンルを確立したジョージ・A・ロメロの功績。

それは、とても偉大なものです。

ご冥福を祈ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする