Marvelアイアンフィスト シーズン1 第11話 荒馬が帰る場所 レビュー 名前変えたら




注意:ネタバレです

あらすじ

バクトから逃げて来たダニーとダヴォス。

ダニーは脇腹の傷を治療してもらうためクレアのもとを訪ねる。

コリーンがいない事を不振に思うクレア。

ダニーはコリーンが闇の手であった事を明かす。

信じられない様子のクレア。

コリーンの裏切りを思い出し怒りに打ち震えるダニー。

怒りを制御するように必死で声をかけるクレア。

クレアの声を聞きダニーは我に返る。

netflix公式サイトから引用/©1997-2017Netflix.inc

ダニーは気を回復させるために屋上へ瞑想に向かう。

そこへコリーンが姿を現す。

闇の手にも派閥があり、自分の所属する闇の手は世の中のためになる事をしていると彼女は訴える。

もう二度とコリーンの事が信用できないとダニーは告げる。

仕方なく、その場を去るコリーン。

だが、ダニーのために抗生剤を手に入れるため立ち寄った病院で、闇の手に捕まってしまう。

ジョイはガオが持つランド社の隠し口座から、金がバクトの口座に移されている事を見付ける。

ランド社の経営者に復帰した自分なら口座にアクセスして金の流れを止める事が出来るとハロルドに説明する。

金の流れが止まればバクトはあわててランド社に向かうはず。

おびき出したところをダニーとダヴォスがバクトを襲う作戦を練る。

修道院を見張るダニーとダヴォス。

何故クンルンや村人を捨てたのかとダヴォスが問いただす。

自分がアイアンフィストになるはずだった

自分がなっていればクンルンを捨てる事はなかったと。

ダニーは答える。

導かれたと。

アイアンフィストになれば何かが変わると思って必死に頑張って勝ち取ったが、何も変わらなかった。

その時、一羽の鷹が飛んで行った。

それを見てクンルンの入り口が開いている事に気付いた。

導かれているのだと思い自分は外の世界に向かったと。

それは入り口が開いているクンルンを守れという導きであると、反論するダヴォス。

その時、コリーンが窓から飛び出してきた

拷問されそうになり逃げ出してきたのだ

ダニーが駆け寄る。

錯乱状態でダニーを攻撃するコリーン。

ダニーは、彼女を抱きしめ破壊とは違う方法を見付けたと彼女に告げた。

感想

ダニーは自己中やね。

ダヴォスが怒るのも無理ない。

アイアンフィストは代々クンルンを守るために選ばれてきた。

ダニーはアイアンフィストに選ばれた途端、クンルンを守らず自分のためにニューヨークへ向かった。

クンルンは入り口が開いてるから、いつ敵が襲ってきてもおかしくない状況。

クンルンの村の人達は見捨てられたと思うわ。

ダヴォスが選ばれていれば、今回みたいな事は起こらなかった。

でも、ダニーが選ばれたのは意味があるはず。

どんな意味があるのか?

闇の手の中にも派閥がある。

ガオ派。

バクト派。

クレア、うまい事言うね。

派閥があって、やってる事が違うかったら名前を変えたらいいやん。

光の手とか救いの手とか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

その通りやわ。

良い事をしてるんやったら、悪い事をしてる連中と混同される。

闇の手も、悪い組織のイメージあるやん。

でも、コリーンは騙されてると思うわ。

同じ組織内でやってる事は違っても目指すところは同じはず。

目指すところが違えばボスが黙ってないはず。

バクト派が潰されてないのはボスが承知してるという事やと思う。

結局、バクト派も悪の組織。

ダニーが言ってるように修道院で教育した若者を町の中枢に送り町を操る。

若者達を鍛え闇の手の軍隊を作ろうとしてる。

コリーンの元弟子達は薄情やね。

コリーンが危ない目にあってるんやから助けてくれたらいいのに。

師弟の関係よりも闇の手に忠誠を誓ってしまったんや。

それだけ闇の手の洗脳は巧妙なんかな?

コリーンも、完全に信じてしまってるもんね。

ダニーと出会わんかったら弟子を闇の手の修道院に送り続けてたんやろうね。

ハロルドは、何をしようとしてる。

闇の手を倒すと言うてるけど、世の中の平和のためにやってるとは思われへん。

力も人間離れしてきてる。

サンドバッグにパンチで穴あけてる。

普通の人間には中々できひん。

蘇るたびにパワーアップするとか?

ジョイも父に違和感を感じてるね。

以前の父と何かが違うと思い始めてるみたい。

ダニーは、コリーンと仲直り出来て良かった。

あのままやったらコリーンが誤解されたままで、かわいそうすぎる。

それにしても、中国の映像のように両手を光らせて超人的な力を発揮するのは、まだですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする