【海外ドラマ】ジェシカ・ジョーンズ【MARVEL】シーズン3第4話「AKAカスタマーサービスで注文」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

jessicajones
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2022Netflix.inc

第4話:「AKAカスタマーサービスで注文」レビュー

闇を感じる能力。
本人にしたらこんな能力邪魔にしかならんよ。
闇を抱えた人に近づくと頭痛が強くなる。
痛み止めが常に必要。
いつか精神的にも肉体的にボロボロになってしまいそう。
でも、ヒーローからしたら都合のいい能力者。
だってピンポイントで悪人をさがすことができる。
善人の振りをしていても誤魔化すことができない。
その証拠にエリックが脅した相手の3人目が連続殺人犯。
ただの連続殺人犯ではない。
弁護士資格や化学の知識などずば抜けた頭脳も持った連続殺人犯。
早速ジェシカを法的に追い込もうとしてる。
やり方が陰湿。
でも、負けじとジェシカもスマホで会話を録音してるね。
さすが長年の経験。
この辺は抜け目がない。
ファーストコンタクトは痛み分け。
というよりはジェシカに歩が悪かったね。
警察に電話されて帰らざるを得なかった。
これ、入念に計画を練らんと罠に落ちてしまうよ。

なんでわざわざテレビショッピングで生中継中のトリシュに電話してるの?
そんなに一刻を争う案件でもないのに。
ジェシカはトリシュのスマホの番号を知ってるはず。
電話すればいいやん。
それかメッセージを送ればいいやん。
トリシュも「来たよ。来たよ!」て言う感じでなんかテンション上がってる。
そら上がるよね。
ヒーローの真似なんかするなって言ってたジェシカが自分に助けを求めてる。
認められたっていうことやからテンション上がるよ。
めっちゃノリノリ。
半笑いで応じてる。
アシスタントの人が混ざってこようとするのが邪魔。
別にジェシカはパートナーとして見てないのに。
今度の敵が厄介やからトリシュを道具として武器として使おうとしてるだけ。
でも、トリシュは有頂天。
万歳したい気持ちを必死で押さえてる。
「喜んで」この言葉くせになりそう。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大