おそ松さん シーズン2第24話「桜」<ニートの諸君は、どう思った?>




注意:ネタバレです

osomatsu
おそ松さん 公式サイトから引用
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

レビュー

禁断のテーマ

遂に、禁断のテーマに踏み込んだね。

六つ子がニートを卒業する事に向き合う。

父親である松造が倒れて、心配になったんやね

親が、いなくなったら自分達は一体どうなってしまうんやろ?

気付くのが、遅すぎるよ。

もっと、早く気付かなあかんやろ。

松造も無理し過ぎなんやね。

一人で頑張って大家族を養ってるんやから、病気になっても不思議ではないよ。

今まで健康で倒れずにやって来れたのが、奇跡に近かったんかもしれへんよ。

そんな、父親である松造の立場を察してあげなあかんやろ。

毎日、昼過ぎに起きて来て釣り堀に行って、のんびりしてる年頃でもないで。

同じ年頃の人らは、会社勤めしたりバイトしてるはずやん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

turi

意外な十四松

六つ子の中でも、おそ松とカラ松は鈍いんや。

他の兄弟たちは、焦り始めてバイトしてる。

この二人は、いつも通りの時間に帰って来て銭湯に行ってる。

意外やったのが十四松。

一番、空気を読まれへんのかと思ったら、真っ先にバイト頑張ってるやん。

多分、金持ちの栄太郎の子守をやってるんやろうね。

栄太郎は十四松が大好きやったから、お母さんもすぐにOKしたんと違うかな。

朝から夕方まで栄太郎と遊んでるから、クタクタになってるに違いないわ。

トド松は、知り合いが多いから就職先を探してもらったんやろうね。

作業着が板についてるわ。

社交的な性格やから、会社の人達ともすぐに打ち解けてるみたいやん。

チビ太の屋台、結構繁盛してるんや。

バイト無しで、チビ太一人でようやってたね。

バイトのなりても、いてなかったんかな?

一松が、バイトに入ってチビ太も助かってるみたいやね。

そんな一松が頑張ってる姿を見てもカラ松は、何とも思わへんのか。

究極の空気読まれへん奴やな。

こいつは、どこまで行っても変われへんのやろうね。

松造と松代、心が広いわ

松代も、嬉しいやろうね。

六つ子が、やっとやる気を出してくれた。

こいつら、クズニートやったかもしれへんけど、両親想いのええ子やん。

松代が寂しいやろうと思って、自分達の部屋に布団を敷いてあげてる。

持つべきものは子供やね。

松造と松代が、おおらかに育てたから、家族思いの子供達になったんかもしれへんね。

病室で松造が松代に、深刻な話を始めようとした時は騙されたわ。

六つ子を自立させる話でも、するんかと思ったら、ビール飲ませてくれやった。

子供達に厳しくする気なんか全然ないんやね。

究極の放任主義やね。

子供たちが自分たちから自立しようとするまで待ってみる。

松代と松造は心が、もの凄く広いんやと思うわ

それにしても、松造の病気は何やったんやろ。

命に係わる病気やったら嫌やったけど、すぐに退院したから、そうではないみたい。

深刻な病気でなくて、良かったわ。

gennki

イヤミは将来の自分の姿?

イヤミは、相変わらず変わってない。

初めて給料を手にしてニートを卒業したおそ松

以前とは変わったおそ松。

全く変わらず宝さがしに行くと言ってるイヤミ

自分が変わってなかった時の未来の自分やと、想像してたんかもしれへんね。

以前やったら、気付かんと誘いに乗ってイヤミと一緒に宝さがしに行ってた自分。

複雑な気持ちになったんやろうね。

羨ましいような気持ちもあるけど、怖い気持ちもある。

イヤミの年になってからでは、後戻りできない

気付かんかったら、自分は一体どうなってたんやろ?

いろんな思いが頭の中をグルグル回ったんやろうね。

しかし、イヤミは宝の地図をどこで手に入れたんやろ?

地図見ても、場所がどこなのかサッパリ分かれへん。

リュックに吊るしてる裸の女の人形が不気味過ぎる。

宝さがしでは必要ないやろ。

宝の島に行った時に、寂しさを紛らわせるために持って行くんかな?

どこから見ても変態やね。

本人は、それに気づいてないんやね。

六つ子は、変わったけどデカパン、ダヨーン、ハタ坊、イヤミは変わってない。

おそ松は、この光景を見て、どんな思いが駆け巡ったんやろ?

おそ松、悩む

おそ松、なんか寂しくなってきたんかな?

自立をしてニートをやめると言う事は、六人がバラバラになっていくと言う事。

今までみたいに六人でバカをやる事も無くなっていく。

それぞれが家族を持てば、それぞれの生活があるから兄弟が集まる事も少なくなってくる。

いろんな複雑な想いが頭を駆け巡る。

いつかは、みんな通り抜けていく所。

自分たちは、他の人達よりも少し遅かった。

ベンチに座って、雨が降ってるのも気付かずに考え込んでしまったんやろうね。

トト子ちゃんは、ええ子やね。

そんなおそ松が、何かに悩んでるのを察して話を聞いてあげてる。

慰めるでもなく、いつものトト子ちゃんとして正直に答えてあげてる。

今回のトト子ちゃんは、メッチャ可愛いやん。

kodoku

最終回は、どんな展開?

ギャグアニメのおそ松さんとは、思われへんほど切り込んだテーマやね。

これを見てるニートの諸君は、どう思ってる?

今までは、安心してたけど焦り始めてるんと違うかな?

それとも、カラ松のように何とも感じてないんかな?

次が気になる終わり方をしたね。

次回は最終回。

おそ松は、みんなに何を伝えようとしてる?

意表をついて、感動的な終わり方をするのか?

ギャグアニメ、おそ松さんらしくハチャメチャな終わり方をするのか?

一体、どんな最終回になるんやろ?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする