プリーチャー シーズン2 第3話 Damsels レビュー 誤解してた、ごめんなさい




注意:ネタバレです

あらすじ

ステーシーに呼び出され家に向かうユージーン。

彼女はベッドの上に座り込み悲しんでいた

彼氏に裏切られた悲しみから自殺をするというステーシー。

自分が書いた遺書を確認してくれとユージーンに迫る。

神は、これからいい出来事を用意してくれているはずだと自殺を思いとどまらせようと説得するユージーン。

彼の言葉に彼女は一旦自殺を思いとどまる

落ち着きを取り戻しユージーンの肩にもたれかかるステーシー。

勘違いしたユージーンはキスをしてしまう

憤慨するステーシー。

彼女はショットガンの銃口を自分の頭に向ける。

あわてて、銃を取り上げようとするユージーン。

そのはずみで引き金が引かれステーシーの頭の半分が吹っ飛んだ。

呆然とするユージーン。

運悪く母親が帰宅する。

部屋の鍵が閉まっているのを不審に思った母は開けるように要求する。

追い詰められたユージーン。

銃口を自分の顎に当て引き金を引くが弾が発射されない。

おかしいと思った彼が銃口をずらした時、弾が発射された。

ステーシーに呼び出されたユージーン。

頭が半分吹っ飛んだステーシー。

顎に銃口を当てるユージーン。

延々と繰り返される。

ジェシーに地獄に送られた彼は自分の罪を延々と繰り返し経験していた。

突然、繰り返されていたイメージが消える

周りを見ると厚い扉と壁。

まるで牢のような部屋。

一人ポツンと立っていた。

女が扉を開け中を確認する。

無線で「機械が故障」と通信している。

扉を閉め女は立ち去った。

訳が分からず、しばらく立ち尽くす。

外の様子を確認しようと扉を触ると鍵は開いていた。

ニューオリンズに到着したジェシー達。

町のジャズクラブを順番にあたってみる

中々神に関する情報を聞くことができない

町に着いてから何かを警戒しているチューリップ。

amazonプライムビデオ公式サイトから引用
© 1996-2017, Amazon.com, Inc. or its affiliates

モーテルに泊るのは危険と判断したキャシディは昔の知り合いの元を訪れ泊めてもらうように交渉する。

部屋でくつろぐキャシディとチューリップ

チューリップはタバコを買いに外へ出る。

タバコを買いに入ったコインランドリーで彼女は屈強な男達に囲まれてしまった。

一方、ジェシーは神の事を知る歌手の情報を聞き接触する。

「神が消えたことを知る男がいたが彼は沼で死に会う事は出来ない」と彼女は話す。

彼女がバンに乗った謎の男達に拉致されそうになった所をジェネシスの力を使いジェシーが助ける。

彼女はジェシーに礼を言い危険を避けるため赤ん坊を連れタクシーで町を出た。

タクシーが途中で停まる。

待っていたバンに乗り込み金髪のかつらを取りジェシーの力を報告する女。

彼女は運転席の男に、ある部隊を呼ぶことを要求した。

感想

ユージーン、ごめんなさい。

誤解してました。

ユージーンがステーシーを巻き込んだんやと思ってたら、逆やってんね。

むしろ、ユージーンは止めようとしたんや。

事故やってんね。

ステーシーが頭にショットガンの銃口を当てたから、危ないと思って外そうとしたら暴発したんや。

人ってパニックになると訳が分からんようになるんやわ。

飛び散った脳みそを頭に戻そうとしてる。

冷静に考えたら、そんな事をしても意味が無いのは分かるのに、パニックになってしまってるから、戻したら何とかなると思ってる。

ケネディ大統領が狙撃された時も、夫人が飛び散った脳みそを集めてたもんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

それにしても、悪い事は重なるもんやわ。

追い詰められたユージーンは自殺しようとして顎に銃口をあてて引き金を引いた。

弾が発射されたら命を落として何もかも忘れる事が出来たはず。

でも、許されなかった。

弾が出ない。

おかしいと思って銃口を傾けたら弾が発射されて、あんな顔になってしまった。

待っていたのは、死ぬより辛い現実。

ステーシーの遺書も燃やしてしまってたから、本当の事を言っても誰も信じてくれない。

部屋の中にも二人しかいてないから誰も証明してくれる人もいてない。

神は残酷やね。

これが神の計画の一部なら、ひどすぎる。

ユージーンは純真でいい子。

そんな彼が、こんな辛い目に会うなんて不公平すぎる。

その上、地獄に送られて何回も何回もつらい経験を繰り返しさせられるなんて、一体どうなってる?

デニスて何者?

キャシディはマブダチて言うてるけど、フランス語しか話せへんやん。

キャシディはフランス語分からんみたいやし、どう見てもマブダチ同士には見えへん。

でも、家に入れて泊めてくれてる。

追い出す素振りもない。

なんでやねん?

よう分からんわ。

ジャズクラブの歌手は何者なんやろ?

ジェシーに協力して情報をくれてるもんやと思ってたら、全部芝居やった。

金髪のカツラまで被って変装してる。

ジェネシスの能力を確認してたみたいやけど、なんでジェネシスを知ってる?

ジェネシスを知ってるのは天国でも一握りの上層部だけて天使たちは言うてたやん。

そうなると、天国からジェネシスを取り戻しに来た部隊とか?

セイントだけでも、ややこしいのに謎の集団にまで追われることになってくるんかな?

チューリップも謎の男達に囲まれてしまってるけど、こいつらも何者なんやろ?

ニューオリンズに来て、何かが動き始めたね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする