【NETFLIX】ベター・コール・ソウル シーズン4第7話「馬鹿な真似」見所(ネタバレ)



注意:ネタバレです

bettercallsoul
netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

ジミーの弁護士資格が戻ってくるまで、いよいよ一ケ月。段々とジミーとキムの格差が広がってくる。キムが順風満帆。弁護士事務所での自分のオフィス。豪華すぎるよ。お互いに仕事の事には干渉しないから気付かんかったんやね。ジミーも、キムがここまで凄くなってる事は想像してなかったんや。かたや犯罪者にプリペイド携帯を売ってる身やもんね。肩身が段々狭くなってくるよ。ヒューエルとは、この頃からの腐れ縁なんや。この頃からジミーの用心棒をやってるんやね。正直やね。ジミーが見に行った賃貸物件の感想を聞かれてダメ出ししてる。そうやね。ヒューエルの言う通りやん。一流弁護士やったら高層ビルの四十階のガラス張りのオフィスやで。ヒューエルの方がセンスあるやん。でも、それはさすがに手が出えへんわ。

ソウル・グッドマンと名乗ってるんや。そら、犯罪者相手の商売で本名を使う訳にいけへんもんね。商売は大当たりやん。隙間産業やね。誰もやばい奴相手に商売をしようなんて思えへん。でも、需要と供給がマッチしたら当たるもんやね。抱えてたプリペイド携帯の在庫がドンドンなくなっていく。ジミーは、天性の商売の才能もあるんやね。相変わらず店の方は閑古鳥が鳴いてる。なんでこんな暇な店舗を整理せえへんのやろ?何か残しておくメリットでもあるんかな?セールの時には行列が出来ると社長は言ってたけど、そんな気配もないみたい。毎日、暇やろうね。ボール遊びでもしたくなるわ。

パーティーから帰る車の中のジミーとキムの何ともいえん空気がツボにはまるわ。めっちゃ気まずいやん。でも、一緒に住んでるから同じ車で帰らんとしょうがない。ジミーもしゃべり過ぎたね。程よい所で終わっておけば良かったのに。調子に乗ってしゃべり過ぎた。盛り上げようと思ったのかな?キムとの格差を目の当たりにして、それをかき消すために喋りまくったのかもしれへんね。社長もあきれてしまってるやん。ジミー自身も失敗したと思ったんやね。だから車の中が、あんな空気になったんや。しれっとラジオを付けて誤魔化そうとしてるのが悪あがきやね。

ヘクター、回復しとるやん。驚くべき生命力やね。医者の腕が良かったからかもしれへんわ。トントンおじさんになってるわ。まだ、ベルがないからトントンやね。こんな体になってもスケベは治れへんのや。医者は、どこを見てるねん。有能な医者やったら見逃したらアカンやん。筋肉のけいれんとは明らかに違うやん。その後の目線。明らかにケツにくぎづけやん。わざとコップを落としたんバレバレやんか。さすがにガスは気付いたね。ガスでなくても気付くと思うけど、医者は録画を見直しても気付いてないやん。でも、以前のヘクターが存在してた事にガスは喜んでるわ。簡単に死なすのは楽すぎると思ってる。自分が誰かも分からんようになってもあかん。以前の自分を覚えてるヘクターでないとアカンのやね。治療がうまくいって、これ以上回復するのもアカン。屈辱の日々をヘクターに送ってもらうには、これ以上回復する事も必要ないんやね。ヘクター、ケツ見てにやけてる場合と違うよ。これから地獄の日々が待ってるねんから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

wheelchair

やっぱり、閉じ込められてるとストレス溜まってくるんや。外に出て太陽の光を浴びん事には根本的なストレス解消にはなれへんのやね。でも、掘ったもんやな。爆破シーンは端折ったんや。いつの間にか、クリーニング工場の地下に広い空間が出現してる。ドイツ人の職人、やりよるやん。トントン拍子にはいかんもんやね。怒りたい気持ちも分からんでもない。柱を倒したのはアカンわ。倒した奴も言われてもしょうがないやん。謝るしかないやろ。何を逆切れしとるん。お前が倒したのは間違いのない事実やん。土下座してでもみんなに謝るのが筋やろ。逆切れするとは信じられへんわ。

ドイツ人のリーダーのおっちゃん、ええ人やね。これ完成したら間違いなく口封じのために殺されるんやろうな。マイクも、おっちゃんの事を気に入ってるみたいやけどガスから命令されたら、どうするんやろ?やっぱり、マイクはカイがトラブルメーカーになると予想してるんや。でも、爆破には欠かせない職人なんやね。おっちゃんもカイの事を買うてるんや。ドイツに送り返す事は出来ないんやね。なんか問題起こして始末されそうなフラグが立ちまくってるけど、どうなるんやろ?

ヒューエルは、運が悪すぎたね。ジミーが脅されてると思ったんや。助けるためにサンドイッチの袋で殴ったんやね。私服やから警官とは分かれへんよ。運が悪すぎたわ。この警官も根性悪すぎる。サンドイッチの袋で殴られても、たいしたことないやん。ジミーも悪かったと、やばい奴相手の商売やめると言うてるねんから許したったらええのに。懲役二年とは、厳しすぎるやん。ジミーが弁護士資格を取り戻してたら自分で弁護するのにね。やっぱり、ジミーは根はいい人なんや。ヒューエルが刑務所に入っても自分には関係ないと別の用心棒を雇ってもいいのに必死に助けようとしてる。

やっぱりキムに頼むんやね。そこしか頼る所はないもんね。ジミーの作戦は無茶苦茶やん。論理的な根拠がないやん。キムが呆れるのも無理ないわ。ヒューエルの希望通りは難しいね。服役無しにするには、キムの力でも無理なんや。このままやったら、ヒューエル逃げてしまうやん。でも、キムは何かに閃いたみたい。一体、何をしようとしてるんやろ?サッパリ見当が付けへん。文房具を買いあさってる。これがヒューエルの裁判を有利にする切り札。メッチャ気になるやん。何をしようとしてるのか想像も付けへんよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)