十二大戦 第11話 人の牛蒡で法事する レビュー 妬良の失井への片思いなのかね



注意:ネタバレです


十二大戦公式twitterから引用
西尾維新・中村光/集英社・十二大戦制作委員会

レビュー

これ、寝住最強やんか。

100回やり直す事が出来る能力。

過去に戻るとか時間を操る能力とは違うみたいやね。

将棋みたいに頭の中でシュミレーションする能力なんかな?

100回も試せば、自分が優勝できる道筋が絶対見つかるはず。

ファミコンでリセットボタン押してたのを思い出したわ。

気に入らん結果出たら、リセットすればええねんから、他の戦士は絶対勝たれへんやん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

なんか最後にひょこっと出て来てずるいわ。

寝住は激しい戦闘したでもなく、回想シーンもないから素性が分かれへん。

もしかしたら、次回の最終回で回想シーンが入るんかもしれへんけど優勝は決まってるから面白みも半減するね。

しかし、この組織は自分たちの言う事を聞けへん奴は、優勝者でも消してしまうんやね。

あれは、組織の意向なんかドゥデキャプル個人の意向なんかハッキリせえへん。

疲れてるし帰って寝たいからって、インタビューを断っただけで殺されるって無茶苦茶やわ。

インタビューなんか翌日でもええやんと思うけどアカンねんな。

優勝したからというても、気を抜いたら殺されるねんや。

殺され方がしょぼいね。

一応、十二大戦の戦士やろ。

階段で後ろから押されて落ちて死ぬって素人レベルやんか。

車にはねられて死ぬとか、お年寄りや子供のレベルやんか。

背後の気配や車の接近ぐらいは察知して欲しい

こんな組織やったら、優勝したからというて願いを聞いてくれるのかも怪しいね。

やっとこさ優勝したけど大丈夫なんかな?

失井の独り言が長かったわ。

かねかねかねかねって、ず~っと喋ってた

なんで、語尾にかねってつけるの?

そういう方言のある地方で育ったん?

ただの癖かな。

戦ってる途中も、頭の中でかねかね独り言を言うてるから、ゾンビ砂粒の奇襲を受けるんよ。

ちゃんと集中してたら、かわせたんと違うの。

奇襲を受けて押さえつけられてからも独り言は止まらんかったわ。

憂城の体の構造はどうなってるの?

もう原型が分かれへんやん。

戦士云々じゃなくて化け物やね。

バラバラになったのにゾンビ砂粒につなぎ合わさせたんや。

こんなんばっかりやったら戦いとかと違って、どんな能力を持ってるかで勝敗が決まってしまうね。

寝住がいてなかったら、間違いなく憂城が優勝してたやろうね

そもそも、憂城は何でネクロマンサーの能力を持ってるの?

この辺の説明も全くなかったね。

スピンオフで憂城の生い立ちを作って欲しいぐらいやわ。

何でハイヒールにバニーガールのコスプレなんかも、ぜひ知りたいわ。

今回もCGでの戦闘シーン。

滑らかに動いてるね。

でも、短かったわ。

もっとバンバンやって欲しかったけど物足りひんかったね。

やっぱり、失井は妬良の事を覚えてなかったんやね。

あちこちの戦場で数えきれんほどの人達を助けて来てる失井。

一人一人の事は中々覚えられへんと思うわ。

でも、少女を助けた事は覚えてたんやね。

それが妬良本人やとは夢にも思ってないんや。

助けた時は普通の少女の姿をしてた。

髪型も違ってた。

まさか、目の前のラムちゃんコスプレの女と同一人物やとは思えへんよな。

結局は、妬良の片思いで終わってしまったね。

優勝賞品の願い事は、後日でもいいんやね。

じっくり考えて、決まってから連絡したらいいみたい。

一つだけやもんね。

迷うのは分かるわ。

言うてしまったら、取り消しできひんから慎重になるのも無理ないわ。

寝住は、どんな願い事をするんやろ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)