おそ松さん 第2期 第14話「実松さん/UMA探検隊/チョロ松事変」観たざんす



注意:ネタバレです


おそ松さん 公式twitterから引用
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

レビュー

世にも奇妙な物語?

実松さん、何か怖い。

世にも奇妙な物語みたいな雰囲気。

これって、おそ松さん?

チャンネル、間違えたんかと思った。

うだつの上がらないサラリーマンの話。

年下の上司から罵倒されてる。

会社では、よくある風景。

見慣れた感じやけど、改めて見ると気持ちのいいもんではない。

冒頭のシーンは、行く所のない家出娘を連れこもうとしてたのか?

行く所のない少女を助けたい一心なのか?

スケベ心でやってたのか?

本人しか分からない。

うだつの上がらない男に同情する女性社員。

これも良くある風景。

実松さんは、差し伸べられた手を無視してしまった。

呆れる女性社員。

「お腹は空くんですね」

の言葉がグサッと刺さる。

松野兄弟の一員となってる実松さん。

六つ子は違和感なく兄弟と認識してる。

何で、誰もおかしいと思わない。

違和感がありまくり。

いつもより、さわやかな六つ子にも違和感が。

何かが、おかしい。

なんか分からんけどゾクゾクしてくる。

不思議な感覚。

話が理解できないが見入ってしまう。

これは死後の世界の話?

死にかけてる実松さんが、間の世界でもがいているのか?

崖の上での六つ子と実松さん。

六つ子には影がある。

実松さんには

………

影がない!

実松さんが崖から飛び降りてENDかなとヒヤヒヤしたわ。

結局、交通事故を起こしてた実松さん。

死んでは無かったけど、助かるんかな?

次回予告では、死すって書いてたけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ドリフ?

イヤミと十四松とハタ坊の探検隊。

ドリフのコントみたい。

未確認動物を追う探検隊。

追う怪物がグロいわ。

ファイナルファンタジーに出てきそうなモンスター。

イヤミが妙に張り切ってるけど、十四松とハタ坊はそうでもない。

いつもマイペースな二人がチョイスされてる。

なんか不思議な組み合わせ。

サソリやトカゲが漫画っぽい。

イヤミはグロいモンスターをどうやって捕まえようとしてたのか?

十四松が持ってる網は、どう見ても小さすぎて役に立つようには思えない。

最初から捕まえる気なんか、なかったやろ。

未確認動物やから生態も不明。

変な触覚か目みたいなのが出て来た時は、三人とも固まってたね。

何が起こってるか理解できてない。

ボーっと立ってたら危ないと思わんかった?

光線が出て来て三人は塵となってしまった。

シュールやね。

全力で五体投地

いきなり、イメチェンする奴いてるよな。

夏休み明けの学校とか。

パーマ当てたり、茶髪にする奴。

何があったのか理解できない。

でも、ほとんどの奴に当てはまるのは、本人はイケテルと思ってる所。

チョロ松もそうみたい。

どう見てもダサすぎる。

今時、茶髪も流行らへん。

似合ってないのに気付いてない。

弟三人が妙に気を使ってる。

この辺は六つ子にも序列が存在するんやね。

でも、優しいね。

このままではチョロ松が笑いものになる。

本人のためにも言ってあげないといけない。

でも、それを言う事でチョロ松のスイッチを入れてしまうのも怖い。

葛藤してる。

勇気が出ない。

十四松は何も考えてないからパッと言いそうやけど。

十四松に言わせたら、ややこしくなるのは目に見えてる。

トド松が一松に振ったのは笑ったわ。

何のよどみもなくトド松が意を決して言うのかと思ったら、一松に振り寄った。

この辺は慣れてるわ。

さすが、トド松は世渡りうまいね。

一松、思い切って言うんかと思ったら、茶髪が似合ってると言ってしまった。

怖すぎて、自分を守る方に走り寄った。

やっぱり、みんな自分が一番かわいいんやね。

だいたい、チョロ松の表情が怖すぎる。

似合わへんなんて言うたら、何するか分かれへん雰囲気をバンバンだしてる。

前からやけど、おそ松はデリカシーの欠片もないわ。

チョロ松の茶髪をみるなり、けなしまくってる

一松、十四松、トド松が固まってるのもおかまいなし。

場の空気なんか全く読んでない。

延々とけなしてる。

そこにカラ松も乗ってくる。

チョロ松、壊れるかと思ったら弟三人に無理やりやられたと言いよった。

どの口が言うてるねん。

今まで弟三人にどれだけ気を使わせたと思ってるねん。

チョロ松は恥ずかしすぎて、逃げ道を作ったんやろうね。

弟三人には悪いと思ってたんや。

いきなり、全裸になって服たたむから何をするのかと思った。

全裸で五体投地。

全力で十四松、一松、トド松に謝ってる。

チョロ松、可愛い所あるんやね。

耳に残らん

第二クールに入ってオープニングとエンディングが変わった。

オープニングは昭和の感じのディスコ調。

あんまりインパクト感じへんね。

耳に残れへん。

もう、どんな曲やったか忘れてる。

聞いてるうちに聞きなれてくるんやろうか。

エンディングはぶっ飛んでるわ。

六つ子をペンキでドロドロにして爆破してる。

深夜に見てるとホラーの様で怖い。

映像が強烈過ぎて音楽が耳に入って来ない。

これも、耳に残ってない。

映像は強烈に記憶に残ってるのに、ミュージックが一つも思い出されへん。

まだ、一回聞いただけやから評価するのは早すぎるのかも。

何回か聞いてるうちに良くなってくるのかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)