死霊のはらわたリターンズ(AHS vs EVIL DEAD)シーズン3第8話「さまよう魂」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレです

死霊のはらわた
死霊のはらわたリターンズ公式サイトから引用
© HJ Holdings, Inc.

レビュー

御臨終

やっぱり、ブランディは死んでしまった。

魂は、死後の世界に行ってしまった。

地獄の一歩手前。

地獄へ行ってしまっては、助ける事は出来ない。

ダンスパーティーで犠牲になった他の生徒たちも、この世界に来てる。

ブランディが、パニックになるのも無理もない。

ブランディは、自分がどうなったのか理解できていない。

あの黒い影は何?

魂を捕まえて地獄へ引きずりこんでいる。

あっけなく退場したダルトン再登場。

彼も、死後この世界に来てた。

やっと活躍するのかと思ったら、肩透かし。

またも、すぐに退場した。

カッコよく影の囮になったつもり?

全く囮になる意味なかったよ。

シュメール騎士団は何の訓練をしてきた。

全くの役立たず。

いきなり、ケリーにキスしてる。

カッコいいつもり?

そんな演出を考えるより、もっと役に立つ方法を考えろ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

騎士

これも、自殺?

アッシュは、やっぱりぶっ飛んでる。

この人は、後先を考えてないのか?

死んでしまった娘のブランディ。

アッシュは、死後の世界に自分が行けば助ける事ができると結論を出した。

何の根拠もないのに結論を出すのが早過ぎる。

それに同意するパブロも、どんな根拠があって同意した?

死後の世界に行くには死ななければならない。

死んでしまったらこの世に戻って来れると言う保証もない。

でも、アッシュとパブロは根拠もないのに戻って来れると確信してる。

この二人、とんでもなくぶっ飛んでる。

悪魔に勝つには、これぐらい後先考えずにぶっ飛んだ考えが必要なのかもしれない。

この世と地獄の間にブランディは捕らえられている。

そこへ行くには、悪魔に殺されること。

あるいは、カンダリアンのナイフで殺されないと行くことが出来ない。

ブランディとケリーも悪魔にカンダリアンのナイフで殺された

アッシュの胸にカンダリアンのナイフを当てるパブロ。

いくら死後の世界に行くためでも、大事な仲間の胸を突き刺すのはためらってしまう。

思い切って自分の胸にカンダリアンのナイフを突き立てたアッシュ。

アッシュの胸をカンダリアンのナイフが貫通する。

胸から赤い染みが広がって行く。

倒れたアッシュ、本当に死んでしまった。

これって、生き返らなかったら、どうしてた?

シーズン3第8話で最終回になってたかもしれない。

そんな危険を冒してまでも実行したアッシュ。

自殺する救世主。

前代未聞の救世主。

意外と狭い世界?

この世と地獄の間に行ったアッシュ。

右腕が元に戻ってる。

死んでしまうと切断した手足も元の状態に戻るみたい。

久しぶりの自分自身の右手の感覚にアッシュは懐かしさを感じているのか?

そんな懐かしさに浸っている場合ではない。

早くブランディを探さなければ。

ドアを開けたら精子バンク。

精子バンクには欠かせない、いかがわしい雑誌をみて喜ぶアッシュ。

この人は、今の自分がどんな状況に置かれているのか理解できているのか?

我に帰ってブランディを探すアッシュ。

意外と簡単にブランディに再会できた。

これがヘフェの実力?

それとも、尺が足らなくて早めの再会になったのかも。

どちらにしても父娘が再会できてよかった。

家族と同様のケリーとも再会できた。

もう一つサプライズがあった。

彼の愛車デルタも、この世界に存在した。

デルタは、死んでいないので本物なのかは定かではない。

そんな事は、どうでもいいアッシュ。

自分の車だと決めつけて乗り込んで行った。

この人には、疑うと言う言葉はない様子。

なんの疑問も持たずに自分のデルタだと信じ込んでる。

バカなのか、ピュアなのか?

そこが、アッシュの良い所で強みになっている。

一旦は、デルタごと地獄へ引きずり込まれそうになったけど、デルタに乗っていたおかげで戻って来れた。

車

ケリ~~~

店の地下に到着して現世へ戻る空間へ飛び込むアッシュとブランディ。

ケリーだけがバリアの様な物に阻まれて近づく事が出来ない

もしかして、ケリーの体がルビーの仲間のカヤに乗っ取られているから?

カヤがケリーの体に居座っている限りは、現世に戻る事が出来ないのかもしれない。

アッシュは、その事に気付いているのか?

もし、そう言う事ならば現世に戻り生き返ったアッシュが、まずやるべき事はケリーの体からカヤを追い出す事。

でも、どうやって追い出すのか?

その方法は、ルビーが知っているはず。

ルビーの居場所を探しだし、彼女を締め上げて吐かさなければならない。

それにしても、どうなってる?

ブランディは背中をカンダリアンのナイフで刺されていた。

現世に戻って生き返ったら傷もきれいになくなるのか?

アッシュは、心臓をカンダリアンのナイフで貫いていた。

貫かれた心臓が再生するのか?

この辺の設定は、どうでもいいみたい。

細かい事には、こだわらないのが死霊のはらわた。

自分に酔ってる?

シュメール騎士団の女は、何をしにアッシュの前に現れた。

全く役に立ってない。

それどころか、パブロの前から消えたと思ったら、ルビーに捕らえられて利用されるみたい。

シュメール騎士団、名前はカッコいい。

完全に名前負けしてる。

この人たちは、いらないのと違いますか?

ダルトンは、死んだと思ったら再登場。

今度こそは、活躍するだろうと思っていた。

期待していたのに、カッコつけて自爆状態。

なんで、あそこで囮になるために出て行くか?

全くの意味不明。

出て行かなくても、やり過ごせたかもしれない。

ダルトンも、みんなと一緒にデルタに乗っていれば現世へ戻れたかもしれない。

カッコを、つけたかったのだろうか?

あれが、彼の考えではベストだと思っていたのか?

どちらにしても、シュメール騎士団は遠い昔から何を連綿と受け継いで来た?

途中で、誰かが路線変更でもしたのか?

余りにも、お粗末すぎる騎士団。

もう少し、使える騎士はいないのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)