スタートレックディスカバリー シーズン1第12話「大それた野心」レビュー



注意:ネタバレです


netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

もう一人

スタメッツの胞子ネットワークの世界。

もう一人のスタメッツは、平行宇宙のスタメッツやったんやね。

服が、テラン帝国っぽかったわ。

やけにテンション高いし陽気やね。

以前、スタメッツが胞子ドライブをした時に、陽気になった事があったけど、平行世界のスタメッツと繋がってたからかもしれない。

アンソニー・ラップ渾身の一人二役。

違和感なく、うまく演じてたわ。

死んだはずのカルバーがうろついてる。

チラッと見えるカルバーの姿。

何かの罠かと思った。

スタメッツが必死で追いかけて行ったけど、大丈夫なんかなと思ってた。

大丈夫やったね。

罠では、なかった。

カルバー本人やってんね。

でも、死んでるから魂の状態なのかな。

スタメッツの胞子ネットワークの世界は、死後の世界ともつながってるみたい。

誰もいない薄暗い船内を、二人のスタメッツが探索してるのは、ホラー映画みたいやった。

カルバーが出て来てから、おっさん同士のラブストーリーになってしまった。

延々と、ラブラブのおっさんカップルを見せられる。

でも、カルバーが重要なカギになってたんやね

カルバーの存在がなかったら、スタメッツの意識が戻る事が無かったかもしれない。

スタメッツが、戻って来たのは嬉しい事やけど、胞子の森がえらい事になってしまってる。

これでは、スタメッツが戻って来ても胞子ドライブが使えない。

胞子ドライブが使えない事には、元の世界に戻る事も出来ない。

スタメッツ、戻って来たばっかりやけど、難題が待ちかまえてたね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

真っ黒

衝撃の展開。

ロルカ船長は、平行宇宙の方のロルカやった。

色んな辻褄が会って来る。

ロルカ船長、初登場の時に光に敏感で眩しそうにしてた。

これって、平行宇宙の住人特有の症状。

ジョージャウ皇帝も光を見て眩しそうにしてる

あんな最初の頃から、伏線を張ってあったんや

反逆者であるバーナムを、ディスカバリーのクルーとして迎えたのも、全て自分の目的を達成するための計画やった。

胞子ドライブの事を知ってたんやね。

133回のジャンプを行う事で、自分の世界である平行宇宙に戻れると分かってた。

だから、スタメッツが、ああなる事を承知で無理なジャンプをさせたんや。

元の世界に戻る気なんか無かったんやね。

バーナムは、ロルカを利用してるつもりやったけど、逆に利用されてたんやね。

バーナムを利用して宮廷船に乗り込むことが目的やった。

ジョージャウ皇帝の命を奪うのが目的やったんやね。

全てが計画的やね。

あらかじめバーナムに鎮痛剤を用意させて、拷問で苦しまないように予防線を張ってる。

拷問で苦しんでしまったら、目的を遂行する事が出来ないから。

船長が妹の事で尋問しに来た時も、ワザと名前を言わんかったんやね。

船長が痺れを切らして、カプセルの扉を開くのを待ってたんや。

狡猾な奴やわ。

ここのところ、踏んだり蹴ったりな感じで同情してしまう事もあったけど、同情なんかいらんほど真っ黒やったんや。

涙目

ケルピアン料理。

バーナムが選んだケルピアンが、作ってくれたんかと思った。

バーナムも、おいしいと言ってたから、そんなぐらいに思ってたんかもしれない。

ジョージャウ皇帝がリスク神経を箸でつまんでバーナムに

「お食べ」

てやったのは、思わず

「うぇっ!」

て声出てしまったわ。

バーナムも、食べないわけにはいかんもんね。

断ったら殺されるかもしれへん。

複雑な表情やったわ。

涙目になってるやん。

絶対、サルーの顔を思い出してるわ。

サルーの顔を見るたびに、この味を思い出すんやろうね

また、おいしかったから複雑な気持ちやと思う

サルーには、口が裂けても言うたらアカンよ。

サルーが、こんな残酷な現実を知ったら、ショックを受けて立ち直られへんようになってしまうよ。

武器

ジョージャウ皇帝が、口封じのために周りの人たちを殺した武器。

メッチャ、カッコええやん。

一瞬で周りの人たちの頭を貫いて命を奪った。

こんな武器を持ってたら無敵やん。

なんかの、戦隊ヒーローが持ってる武器みたい

バーナムも、あっけに取られてるわ。

ヘタしたら、自分の頭を貫かれてたかもしれないよ。

背筋がスーッと寒くなったやろうね。

こんな武器を使われたら、バーナムが会得してるバルカンの武術をもってしても、防ぐことは出来ないやろうね。

タイラーの精神とヴォークの精神が、一つの肉体の中で戦ってる。

このままでは、肉体が耐えられなくなって死んでしまうかもしれない。

タイラーの意識は、バーナムの事を心配してる

サルーも、お手上げやね。

ディスカバリーの医療スタッフも、こんなケースは初めてやから、どうしていいか分からんようになってる。

サルーも、ルレルに相談しに行ったけど、取り合ってもらえなかった。

サルーとルレルが一対一で話をしてる姿は、異様な感じがするね。

人間ならざる者同士。

異星人同士の会話。

スタートレックならでわ。

サルーも強引な方法にやり方を変えたね。

タイラーをルレルの監禁室に転送した。

さすがのルレルも愛する人の姿を見たら心変わりしたみたい。

自分で処置をすることを買って出た。

ルレルがタイラーの脳をいじって処置をしてる

終わってから、叫び声をあげてるけど、何の叫び声やろ。

もしかして、悲しみの叫び声?

タイラーの体からヴォークの魂を消し去った悲しみから叫んだのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする



コメント

  1. ☃️ より:

    はじめまして!クリンゴンには勇敢な戦士が死後にストヴォコー(勇敢な戦士が死後に行く世界)に行けるように叫んで弔う風習があるので、ルレルが叫んでいたのはヴォークの魂がストヴォコーへ行けるようにだと思います🤔なのであのシーンでタイラーの中からヴォークの魂が消えたこと、ルレルがヴォークを勇敢な戦士として弔う気持ちがある事がわかります😌