【海外ドラマ】ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン3 第8話レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

strain

第8話:「追跡」レビュー

エジプトからの積み荷の秘密。
数千年前に埋められた長老のひとり。
マスターは助け出した恩を売って仲間にする計画。
この長老を仲間にして他の長老を抹殺する計画。
積み荷の秘密を解明するためやってきたセトラキアンとフェット。
そこにあったのは身の毛もよだつ血液工場。
人間から血液を効率よく抜き出すためだけに特化した工場。
オートメーションで血液を取り出して人間を廃棄。
そんな工場が100カ所もある。
それに加担していたエルドリッチ。
セトラキアンが切れるのも無理はない。
急に切れると血圧が上がる。
脳の血管が切れないかとヒヤヒヤした。
あと一歩のところで積み荷は運び出されてしまった。

男と女が一緒にいればこうなるのは理解できる。
きっかけは些細な事。
ブラックボックスからのマスターの声に気を失ったダッチ。
なんの影響もないわけがない。
意識が回復した後も気分の悪さが続いてる。
そんな簡単に治るはずもない。
なぜかケロッとしてるエフが不思議。
加齢による聴覚の衰えが功を奏したのか?
具合の悪いダッチに献身的に世話をするエフ。
女性は優しくされると弱いもの。
エフの優しさにハートを射抜かれたダッチ。
ダッチの迫り方が独特で引いてしまうエフ。
そんな迫り方をされたら困ってしまう。
どんな反応していいのか迷ってしまう。
素直に抱きついたりしたらいいのに。
そうされて拒む男なんかいるはずがない。
素直になったダッチ。
そう、それでいいんです。

遂に長老にまで反旗を翻したマスター。
長老たちの居場所を突き止め襲撃。
指揮をとるのはアイヒホルスト。
アイヒホルストの身体を借りてマスターが宣戦布告。
偶然居たために巻き込まれるクインラン。
自ら爆弾をセットするアイヒホルスト。
余程自分で爆弾を仕掛けたかったのか?
ストリゴイを操ってやらせれば自分は危険にさらされることはない。
でも、やりたかったからやっただけ。
長老たちが動き出す。
動かなかったのは動く必要が無かったから?
だから、今まで腕を組んで突っ立てたの?
意外と強い三人の長老。
これなら護衛も必要ないほどの戦闘力。
安全圏に逃げたアイヒホルスト。
爆弾のスイッチオン。
川の向こうで大きな爆発。
こんな爆発に巻き込まれて無事で居られるはずがない。
クインランはどうなった?
彼がいなくなっては大幅な戦闘力ダウン。
セトラキアンたちにとっては大きな痛手。
なんとか無事でいてほしい。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大