<TVアニメ>東京喰種:re<トーキョーグール>第4話「オークションMAIN」レビュー(ネタバレ)



注意:ネタバレです

tokyoguru
東京喰種:re公式サイトから引用
©石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

レビュー

なんちゅう格好

トオルとジューゾーは、囮になってナッツクラッカーの車に乗り込んでオークション会場へ向かった。

あまりにも無防備すぎた。

オークション会場へもぐりこむのが目的。

でも、車の中でガスで眠らされてしまっては、不測の事態に備えることも出来ない。

コンテナの中に閉じ込められて出て来たところはオークション会場。

品物のようにセリにかけられてる。

ナッツクラッカーは、なんちゅう格好をしてる。

ほとんど下着の女王様。

いつも、こんな格好をしてるのか?

目を隠せば、どんな格好をしてもいいと言うものではないと思うが。

サングラスをかけて強くなったと勘違いするのと一緒なの?

目の部分だけ隠せば、他人になったような気分になる。

恥ずかしい格好が恥ずかしくなくなるのか?

トオルの眼帯を外してビックリ。

隻眼の喰種。

オークション会場もどよめいてる。

喰種にとっても隻眼の喰種は喉から手が出るほど手に入れたいもの。

とんでもない額に釣り上がっていく。

2億円で落札とは、それほど珍しく手に入れる価値があるもの。

一番ビックリしてるのは、当の本人。

トオルが自分の価値を知って一番ビックリしてる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

club

チェックせいよ

感動の親子の再会とは、いかないね。

ジューゾーとビッグマダムの久しぶりの再会。

ビッグマダムが思わず声を上げている。

女装をしてても分かるみたい。

さすが、ジューゾー抜け目がない。

義足の中にナイフを隠し持ってきた。

他の者には真似出来ない。

義足の中にどれだけの本数が入ってるのか?

あれだけの数が入ってたら足が重くて歩くのも一苦労。

それよりも、ガスで眠らせた時にボディチェックはしていなかったのか?

していないのなら、抜けている。

初歩的なミスを犯してる。

警戒をしていないから、こんな事になってしまう。

無数のナイフを投げるジューゾー。

客席の喰種たちの頭にナイフが生えて行く。

客席の喰種たちがバタバタと倒れて行った。

気付けよ

異変に気付いても、もう遅い。

周囲は、すでにCCGに囲まれてる。

アオギリがオークションの警備に当たっていたが、何をしていたのか?

全く役に立っていない。

ここまで派手に囲まれるまで気付かなかったのか?

突入するCCGと、それを阻止するアオギリで衝突が起こってる

次々と倒れて行くCCGの捜査官達。

ナキが捜査官達を切り裂いていく。

そこへアキラのクインケ、フエグチが割って入る。

ナキ対アキラ。

この対決は目が離せない。

クインクス班も建物に突入する。

雑魚喰種を次々と倒すハイセ。

潜入しているトオルを助けるために奥へ進んで行く。

security

変質者発見

トオルに執着するトルソー。

まるで変質者。

タクシーの中で首を絞めた時に何かがときめいたのか?

片時もトオルの事を忘れる事が出来ないみたい。

アヤトも、なんでこんな奴をアオギリにスカウトした?

そのうち暴走するのは目に見えてる。

暴走して無差別に人を襲うぐらいなら、アオギリで利用しようと考えたのかもしれない。

早速、単独行動を始めてる。

ナッツクラッカーに連れて行かれるトオルの姿を見付けてしまった。

ナッツクラッカーと一緒にいれば、トルソーもちょっかいを懸ける事が出来なかった。

しかし、トオルはナッツクラッカーの油断した隙をついてい逃げ出した。

逃げ込んだ暗い部屋で声を殺して隠れるトオル。

そこへ現れたカナエ。

月山習を元に戻すためには隻眼の喰種トオルを連れて帰るのが効果がある。

そう考えたカナエがトオルを捕えるために追って来た。

容赦ないカナエ。

有無を言わせずトオルを連れ去ろうとする。

自分の所有物を奪われそうになった変質者。

トルソーが部屋に飛び込んでくる。

一触即発。

カナエとトルソーが交戦状態。

お互いに犠牲者が、あちこちで出ている。

強い物が勝ち。

弱い者が死んでいく。

なんか、とんでもなく狂暴な喰種が現れた。

捜査官を次々と殺していってる。

オウルと呼ばれる喰種。

こんな怪物に太刀打ち出来る捜査官はいるのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする