海外ドラマ ヴァン・ヘルシング(NETFLIX)シーズン2第13話「心の闇の奥底で」レビュー




注意:ネタバレです


netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

預言者

この預言者の老女は何者なん?

ドミトリーも、すっかり騙されてるやん。

見た目で判断したらアカンよね。

アイヴォリーが、何回も

「ひざまずけ」

って言うてたんわ。

焦ってたんやね。

見下した態度をとってたら、取り返しのつかん事になるから、早くしろってドミトリーに警告してたんや。

アイヴォリーは、この預言者に以前会った事があるんやろうね。

だから、怖さを知ってたんや。

あのドミトリーが、簡単にひざまずかされてる

決してドミトリーは弱くないはず。

そのドミトリーを一瞬でひざまずかせるとは、どれだけ強いん。

吸血鬼も気が遠くなるほど生き続けると、常識では考えられへんほどの、強力な力を身に付ける事が出来るんかな?

でも、この預言者の老女が、これだけ強いんやったら、わざわざ長老の所へ行かんでも、ええのんと違うかな?

この預言者に協力してもらって、全人類を従わせることが出来たら、ドミトリーの野望も達成やと思うけど。

でも、アカンわ。

この預言者、頭おかしいわ。

何か分からんけど、一人で暴れ始めた。

何してるん?

次々とドミトリーの手下を殺してる。

やっぱり、アカンわ。

こんなんに頼んだら何されるか分かれへん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

記憶

洞窟の中では、昔の記憶が蘇るんやね。

思い出したくない辛い思い出。

ドミトリーは、サド侯爵と友達やったんや。

と言う事は、そう言うプレーをしてた仲間なんかな?

あんまり、ええ趣味と違うね。

想像したくないわ。

縄とムチと火掻き棒を試したと、サド侯爵が言うてる。

どんな変則的なプレーやったん。

そんな強烈なプレーでも、ドミトリーは満足してないと言ってる。

とんでもない変態野郎やったんや。

サド侯爵は吸血鬼やったんやね。

何やっても満足しないドミトリーに、サド侯爵は苛ついてたんかな?

いっその事、面倒くさいから吸血鬼にしたれって、思ったんかもしれへんね。

なんで、自分で噛まんかったんやろ?

わざわざ自分のマスターを呼んだ。

それが長老。

ドミトリーは、長老に噛まれて吸血鬼になったんや。

スキャブの本名は、スコットと言うんやね。

仕事場でいじめられてたんや。

どこへ行っても、そんな役回りやね。

吸血鬼になってからも、ドミトリーに顎で使われてる。

良かれと思ってやった事が、裏目に出て怒られてる。

人間の時から、何をやってもそんな感じの人やったんやろうね。

アイヴォリーは、自分の信じてた神を捨てろと強要されてたんや。

これは理不尽。

自分の信じる神を捨てて、イエスを信じろと強要されてる。

そんなん、強要するものではないやん。

イエス様も、そんな事は望んでないよ。

この神父たち、考え方がおかし過ぎる。

アイヴォリーが言う事を聞けへんから火あぶりにしてしまった。

無茶苦茶やん。

これは、アイヴォリーが可哀そうすぎるわ。

長老

なんで、こんな仕組みにしたんかな?

ヴァン・ヘルシングの命と引き換えに、長老を閉じ込めてる扉を開くことが出来る。

二度と開ける事は無いやろうと思ってたんやろうね。

開けるなら死ぬ覚悟で開けろと言う警告なんやと思うわ。

誰かが命を投げ出さなアカン。

アビゲイル、覚悟を決めてやってしもたね。

娘のスカーレットにやらせる訳には、いかへんもんね。

せっかく、母娘が再会できたのに短かった。

残念。

ヴァネッサは、本物の母親に会う事が出来ひんかった。

アビゲイルもヴァネッサに会いたかったんやろうね。

でも、そんな事は言うてられへんかった。

スカーレットの命がかかってたから。

長老、登場。

どうなる事かと思ったわ。

そんな契約をしてたとはビックリやね。

長老も律儀やね。

吸血鬼やのに約束はキッチリと守るんや。

ヴァン・ヘルシングに忠誠を誓ってたんやね。

何でも、言う事聞いてくれる。

ドミトリーもやっつけてくれた。

やり方がグロかったけどね。

ドミトリーにしたら

「こんなはずじゃなかった」

って言う感じなんやろうね。

こうなる事が分かってたら、長い道のりを来ることも無かったのに。

伝説の言い伝えの事は、知らんかったんかな?

知らんかったから来たんやね。

長老が、スカーレットの犬みたいになってる。

「おすわり」

とか

「待て」

とかしそうな感じ。

ある意味、人間以上に律儀やね。

闇の者

闇の者って何者なん?

長老が復活したら、闇の者の棺桶を開けるとアビゲイルが言ってた。

闇の物の棺桶が開いたら、人類が一人残らず滅亡すると言うてる。

アビゲイルが受け継いだネックレス。

闇の者の血が入ってる。

何のためにヴァン・ヘルシングの一族は、このネックレスを代々受け継いできているのか?

ヴァネッサに闇の者の血が流れてると長老が言ってた。

なんで、そんな物がヴァネッサの血に流れてるのか?

吸血鬼を人間に戻す能力も、闇の者の血が流れてるから?

謎が深まっていく。

スカーレットもアビゲイルからネックレスを受け継いだ。

でも、どうしたらいいのか分かれへん。

取りあえずは、愛犬と化した長老にヴァネッサを探せと指令を出してる。

まるで、猟犬のように走って行った。

おりこうさんやね。

忠実な僕やわ。

ヴァネッサを見付けて勝手に噛んでる。

そんな事は命令してないけど、やってしもた。

目覚めたヴァネッサの目が赤い。

見た目はヴァネッサなのに、中身が別の者になってしまったのか?

多くの謎を残して、シーズン2が終わってしまった。

色んなことが、気になってしまう。

シーズン3の製作は、決定している。

いつになったら観れるのやら。

楽しみに首を長くして待ってよう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする