NETFLIX海外ドラマ オルタード・カーボン シーズン1第1話「過去を逃れて」レビュー



注意:ネタバレです


netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

タケシ・コヴァッチ

250年も眠ってて突然蘇るって、どんな感じなんやろ?

現代版、浦島太郎やね。

250年も経ってたら、何もかも変わってる。

社会の仕組みも変わってるし、知り合いもいなくなってる。

でも、この世界では、それが当たり前。

凄い、テクノロジーやね。

人間の精神が、スタックと言う装置にバックアップされる。

スタックが壊れない限りは、スリーヴと言う肉体を交換していけば、理論的には永遠に生き続ける事が出来る。

死の概念が覆されるね。

タケシ・コヴァッチ。

日系人かな?

最初のスリーヴは、どこらか見ても東洋人。

警察のような組織かな?

その部隊が踏み込んで来て、殺されてしまった

元はエンヴォイと呼ばれるエリート兵士。

様々な罪を犯して追われていたみたい。

どんな罪を犯してたんやろう?

スタックが大量にある。

血だらけでシャワーを浴びてる。

誰かを殺してスタックを抜き取った?

なぜ、そんな事をしていたのかは分からない。

でも、その結果追われる事になって、部隊が突入して来たんやろうね。

透視能力があるみたい。

壁の向こうの敵の動きが見えている。

壁の向こうが見えてるから、壁越しに攻撃する事が出来る。

姿形は人間やけど、中身は普通の人間とは違うのかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

AIホテル

ホテルのフロントのおっちゃん、ええ味出してるね。

AIホテルと言ってるのに、レトロな感じのおっちゃんがフロントにいてるんや。

他には誰もいてない。

長い事、客がいてないと言ってたから、経営難で従業員を雇う余裕がないのかな?

あの、おっちゃんはオーナーなんかな?

それとも雇われてるだけ?

タケシが殺し屋に囲まれた時、おっちゃん全然ビビッてなかったね。

修羅場になれてる感じやった。

「画面にタッチして」

って、ずっと言うてた。

あれは画面にタッチしたら、支払いをしたと言う事になるのかな?

画面にタッチした時点で、ホテルのお客になるから、タケシの事を援護したんやね。

凄い設備やね。

天井から銃が出てくる。

自動追尾システムで敵を撃ちまくってる。

タケシも一人やったら、やばかったね。

このホテルを選んで正解やん。

しかし、何で殺し屋に狙われるん?

蘇って、そんなに時間も経ってないのに。

250年後の世界に蘇ってるから、タケシに恨みのある奴も、元のスリーブでは存在してないはずやのに。

金持ちのバンクロフトに関係あるのかな?

そうやとしたら、疫病神やね。

ゴタゴタに巻き込まれるんなら、眠ってた方が良かったんかもしれへんね。

ローレンス・バンクロフト

どんな時代でも金がものを言うんやね。

この時代でも金持ちが幅をきかせてる。

一部の富豪の事をメトと呼んでる。

金があるから、スリーヴをいくらでも買う事が出来るんやね。

肉体がくたびれて来たら、ドンドン交換できるから数百年も生きるや。

そんなに生きても飽きひんのやね。

貧乏やったら長生きしてても嫌になるかもしれへんけど、金があると人生に飽きる事なんかないんかもしれへんね。

そんなメトの一人、ローレンス・バンクロフトにタケシは蘇らされた。

この人も300年は生きてるんや。

スリーヴを取り換えてるから、見た目は300歳には見えへんけどね。

それはそうと、何でタケシをわざわざ選んだんやろう。

自分が頭を撃ち抜かれた真相を、調べて欲しいとタケシに話してる。

そんな事は警察か、それ専門にしてる探偵みたいな職業の人に頼めばいいはず。

250年間も眠らされてたタケシを指名した理由が分からん。

タケシが特殊訓練を受けた兵士、エンヴォイである事が理由の一つなのかな?

でも、不思議やね。

金持ちって何で高い所を好むんかな?

だいたい、高層の高級タワーマンションの最上階とかに住んでるもんね。

バンクロフトも雲の上の広い庭園のある家に住んでる。

今時代の車は凄いわ。

空を飛ぶだけでも凄いのに、雲の上まで突き抜けて上昇してる。

ガソリンエンジンでは、こうはいかんやろうね

一体、どんな動力源を使ってるのかな?

ヨエル・キナマン

映像は、お金がかかってるわ。

ドラマの域を越えてるね。

映画レベルの映像やね。

ブレードランナーの世界観と被ってくる。

原作は小説。

原作が存在するからなのか、ストーリーが分かりにくい。

話が、結構難解やね。

専門用語も出て来て、しっかりしてないと置いて行かれてしまう。

タケシ役の俳優、カッコええね。

体も凄いやん。

ムキムキで、物凄い肩幅。

見事な逆三角形やね。

顔も男前やし完璧やん。

ヨエル・キナマンて言う俳優さんなんや。

リメイク版のロボコップで、主演のアレックス・マーフィー役をやってたんや。

これ観たはずやけど、ヨエル・キナマンやったんか覚えてない。

その時と、印象が変わってるんかな?

スーサイドスクワッドにも、出てたんや。

リック・フラッグ大佐。

嘘やん。

悪者達をまとめてた人やん。

全然、面影がない。

凄い役者さんやね。

作品によって役作りをして、見た目を変えてくるんやね。

話に置いて行かれへんように、気合入れてしっかり観ていこ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする