海外ドラマ オルタード・カーボン(NETFLIX)シーズン1第2話「堕ちた天使」感想




注意:ネタバレです


netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

ポー

ホテルのおっちゃん、人間と違うかったんや。

どこから見ても、人間のおっちゃんやったけど、AIやったんや。

だから、AIホテルなんやね。

しかし、妙に人間臭いAIやね。

これは、実体は無いのかな?

ホログラムとか?

いきなり登場したり、消えたりしてる。

ホログラムとは違う?

もしかしたら、直接人間の脳に作用して、目の前におっちゃんが存在するように錯覚させてるのかな?

どんなカラクリになってるんやろう?

第一話でおっちゃんが銃をぶっ放してたのも、実際に持って撃ってた訳ではないんかもしれへんね。

女性の前でフルチンが恥ずかしいと言う事は、理解してるんや。

バンクロフトの所の女弁護士プレスコットが訪ねてきた時に、タケシがフルチンやったのをあわてて隠してる。

プレスコットのカバンを持って隠してるから、AIのおっちゃんには実体がありそうやね。

ポーって言う名前なんや。

AIホテルの組合なんかもあるんやね。

自分の見た目は、どうやって決めるんやろ?

色んな情報を検索して、気に入った見た目に決めるのかな?

それとも、お客さんの好みによって見た目も変えてるのかもしれへんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

サイカセック

サイカセック。

スリーヴを売ってる会社。

スリーヴは必需品。

なくてはならない会社。

でも、結局は金持ち相手やね。

庶民には、高すぎて手が出えへん。

一般庶民はスリーヴは国から支給されたりする

でも、どんなスリーヴかを選ぶことは出来ない

だから、事故で死んだ7歳の女の子が蘇ったら、見た目が中年の女のなってたりする事があるんやね。

これは可哀そうやけど、蘇る事が出来るだけマシなんかな。

でも、自分より年上の中年のおばさんに

「ママ」

と言われても困惑すると思うわ。

タケシが蘇った刑務所でも、お父さんが職員に文句言うてたけど、取り合ってもらえなかったやん。

その点、金持ちは金に物を言わせて選び放題。

バンクロフトも自分専用のスリーヴを、何体もストックしてるんや。

少しぐらい、貧しい人に分けたったらええのに

金持ちほど、ケチやから自分の得にならん事はせえへんよな。

バンクロフトが、フルチンで登場した。

フルチンの多いドラマやな。

これ正面からバッチリ映ってるけど、ボカシあれへんやん。

ブラブラしてるのが、しっかり映ってる。

ネット配信やから、ええんかな?

そんな、やらしい感じではなかったけど、ブラブラしてるから一瞬

「?????」

てなってしまったわ。

ジニー

バンクロフトは、金に物を言わせてやりたい放題やってるようやね。

これは、恨んでる奴が山ほどいてるから、犯人を絞るのも大変やで。

エリオットも、娘のジニーにやられた仕打ちで恨んでたんや。

海兵隊の娘が売春宿で働いてるとは、どんな経緯があったんやろ。

ジニーの常連客がバンクロフトやった。

首絞めたりして、危険なプレーをしてたんや。

お金があるから殺してしまっても、スリーヴを買って蘇らせてたんやね。

なんでメトと呼ばれてる大富豪のバンクロフトが、こんな場末の売春宿に通ってたんやろ?

バンクロフト自身、他にも裏がありそうやね。

襲って来た用心棒。

背中に筋力強化の装置を付けてる。

「なぜ、戻って来た?」

て言うてるけど意味が分からん。

タケシが前にも、この売春宿に来たことがあると言う事かな?

でも、タケシには来た覚えがない。

このスリーヴの前の持ち主が、来たことがあるのかな?

そうとしたら、このスリーヴがタケシに選ばれたのには、裏がありそうやね。

エリオットも、娘の事を嗅ぎまわるタケシの事が気になって追って来たね。

結局、巻き込まれてしまってる。

さすが海兵隊、強いね。

用心棒の一人をねじ伏せた。

でも、タケシは追って来たオルテガに逮捕されてしまった。

タケシ、意外と優しい所あるやん。

エリオットを逃がしてくれたわ。

メアリー・ルー・ヘンチー

オルテガが、やけにタケシに執着するけど、何か理由があるんかな?

仕事そっちのけで、タケシを監視してる。

警察署での会議まで欠席してる。

何が、そこまでタケシに執着させるのか?

冒頭で空から落ちて来た女の人の遺体。

遺体を返してくれと母親がやって来てるのに、遺体を返す事が出来ないと言ってる。

遺体を失くしてしまった?

前代未聞やん。

そんな事があるの?

何がどうなってる?

遺体安置所の空と表示されている保冷庫に遺体が入ってる。

オルテガは、そこに遺体が入っている事を知っていたね。

メアリー・ルー・ヘンチー、遺体の女性の名前

彼女に何が起こって、空から落ちて来たのか?

なぜ、遺体は失くしてしまった事になってる?

でも、オルテガは警察の遺体安置所に遺体がある事を知っていた。

懺悔をしていたオルテガの手の中には、スタックが握りしめられている。

遺体安置所にはメアリーの遺体が出されてた。

検視官が、失くなっていた遺体が置いてあるのを見て驚いてる。

首の後ろには傷がある。

スタックが取り出されてるね。

やっぱり、オルテガが手に持ってたのは、メアリーのスタックみたい。

メアリーのスタックには、何らかの重要なカギが隠されているのかもしれない。

どんな重要な手がかりが隠されているのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする