THE GIFTED(海外ドラマ ザ・ギフテッド)第6話「父 X 息子」レビュー



注意:ネタバレです


THE GIFTED公式サイトから引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved.
© 2018 BS-FOX

レビュー

ドリーマー

ターナーが怒るのも無理ないわ。

愛娘が死んだ事実を2回も経験させられたんやから。

酷すぎる。

1回でも人生で一番辛い経験やったと思う。

夢であって欲しいと何度も思ったに違いない。

一生忘れる事の出来ない経験。

そんな辛い経験を、ドリーマーが頭の中をいじったために、2回も経験させられる羽目になってしまった。

中途半端に頭の中をいじるから、こんな悲しい結果になるんよ。

ドリーマーは、この事実をまだ知らんけど、自分の能力が人にどんな影響を与えるのかを、ちゃんと自覚した方がいいよ。

ブリンクも頭に来てるよね。

なんの断りも無しに、サンダーバードとの愛の記憶を植え付けられてんから、怒るのも無理ないわ。

自分の能力を利用するために、会ったばかりの男との、愛の記憶を植え付けられた。

自分は道具にしか見られてないと、怒る気持ちは分かるわ。

人の事、どこでもドアみたいに使い倒しやがってと、頭に来てたんや。

また、性懲りもなく連邦ビルまでお願いとか言うてる。

もう、耐えられへんようになったんやろうね。

いなくなってしまった。

こんな事になるのは目に見えてたやん。

ドリーマー、反省しないとアカンよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

サンダーバード

X-MENは、今回の争いを戦争として予言してたんや。

それでサンダーバードが、X-MENからミュータント組織のリーダーとして、指名されてたんや

直々の使命やったんやね。

それ、凄い重圧やん。

迫害されてるミュータントを、ちゃんと導かないといけない。

センチネル課みたいに、ミュータントを敵視してる組織と戦わなければならない。

みんなが、サンダーバードを頼ってやってくる

休む暇もない日々。

自問自答するやろうね。

X-MENが、自分をミュータント組織のリーダーとして選んだのは、果たして正しかったのか?

弱音を吐きたいときもあるはず。

でも、みんなの前で弱音を吐く事は出来ない。

リーダーが、弱音を吐いてしまっては、組織への信頼が揺らいでくる。

組織が崩壊してしまったら、行き場のないミュータントたちが暴走して、それこそ血で血を洗う争いになってしまう。

そうならないように、導いていかなければならない。

唯一、本音を言えるのがドリーマー。

でも、この人大丈夫なんかな?

あんまり、人の気持ちとか分かってなさそう。

そんな事には無頓着な感じがする。

サンダーバードの苦悩を本当に理解してくれてるのかな?

父子

検察官をしていた頃のリードは、仕事が忙し過ぎてアンディやローレンとゆっくり話す暇もなかったんやね。

いい機会やね。

ブリンクがいなくなったから、ポータルを使う事が出来ない。

連邦ビルの壁を壊して侵入するしかない。

エクリプスの能力では、壁を焼き切るのに時間がかかり過ぎる。

アンディの能力なら、短時間で壁を破壊する事が出来る。

それでアンディが作戦に参加する事になった。

父子水入らずと言うわけには行かんやろうけど、ゆっくり話をする時間を取る事が出来た。

トレーラーの荷台の中やけど。

アンディは、リードが学校にいじめの事を相談しに行ったから、いじめがひどくなったと思ってるふしがある。

でも、息子の事が心配だからこそ、学校まで出向いて行って文句を言った。

アンディの事を何とも思ってなかったら、いじめがあっても放っておいたはず。

その辺は、アンディに理解して欲しいよね。

でも、アンディの言動には時々引っかかる所がある。

物を壊すと爽快ってアカンやろ。

破壊する事に快感を覚え始めてる。

リードが、しっかりと目を光らせておかないと、ダークサイドに落ちてしまうよ。

エクリプスも能力の事は、父親であるリードが時々話すべきやと言ってる。

説得力あるよね。

エクリプスは、能力が発覚したら両親に捨てられたんやもんね。

しっかり、息子の能力と向き合ってるリードを見て、自分の父親もこうやったら良かったのにと思ったんやろうね。

協力

何でもそうやけど、協力する事は大事やね。

1+1が2ではなく、3にも4にもなる。

センチネル課に追われるリード達は、仲間の連携プレーに助けられた。

ポラリスが銃弾を防ぎ、ローレンがシールドをトレーラーのジャンプ台にする。

ウィルが二手に分かれるトレーラーの映像を作り出し、別の方向に行った本物のトレーラーを隠す。

見事な協力プレー。

一人一人の能力には限界がある。

それぞれの長所を生かして協力すれば出来ない事は無い。

ローレンも勉強になったね。

でも、良かったわ。

パルスが出てこなかったから、うまくいった。

前回のようにパルスがいれば、みんなの能力が無力化される。

パルスが来てたら、どうする事もできなかったはず。

今後のためにも、パルス対策を考えといた方がいいのと違うかな。

連邦ビルから盗んだファイルとハードディスクには、パルスの情報も含まれてるのかな?

もし、あれば見っけもん。

サンダーバードの親友やったパルスが、何で寝返ったかの謎も解けるはず。

しかし、ターナーが手を組んだキャンベル博士って何者なんやろ?

ターナーを復帰させるために議員に手をまわしてる。

なぜ、そんなに顔が効くんやろ?

謎の人物。

なんか、胡散臭いな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)