【海外ドラマ】ウォーキング・デッド ワールド・ビヨンド 第8話「空の墓場」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレです

wordbeyond
amazon公式サイトから引用
© 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates

第8話:「空の墓場」レビュー

なに、これ!?前回、せっかく盛り上がってきたと期待したのに。また、ダラダラと回想モードに突入。ちょっと、酷すぎるよね。期待させといて落としてくるパターン。トニーを殺した容疑者サイラス。状況だけみればサイラスが犯人。覚えてないって、ふざけてるんか。お前が覚えてなかったら真相がわからんやん。危な過ぎるよ。切れたら記憶亡くなってバーサーカー状態。正気に戻ったら死体が転がってる。怖すぎるよ。こんな奴と旅したくないよ。そこで、トニー殺しとは関係ない回想シーン。いやいや、ここはトニー殺しの回想シーンやろ。それがなかったかのように父親との回想シーンを今頃ぶっこんできた。

これ、全部サイラスが悪いやん。なんかしょうがなく父親殺してしまったちゃんを演じてるけど、同情の余地はないよ。しっかり、殺してるやん。父親が虐待をしてきたから殺した?虐待はアカン。でも、サイラスにも原因がある。家族団らんの食事中にヘッドホンで音楽聞いてるなんて殴られてもしょうがないよ。父親は、ちゃんとサイラスとコミュニケーションを取ろうとしてるやん。サイラスが幼い時も、一緒に音楽聞いたり、ええお父さんやん。虐待もサイラスが原因と違うの?暴力はアカン。でも、全面的に父親が悪いとはいえないよ。とばっちりで母親も「育て方がわるい」とか言われて虐待されてたんやろうね。父親がエンプティになったから母親を守ろうとして殺しました。そんな言い訳してそう。母親に「違うんだ!」て言ってたけど、違うことあれへん。しっかりサイラスが殺してるやん。その後エンプティになってたやん。

結局、こんな回想シーンを見せて何が言いたいの?心優しいサイラスは偶然の事故で父親を殺しただけ、トニーの件もこれと同じでございます。そう言いたいの?それに絶対にないと思ってたけど、動悸がアイリス?パーシーに取られた嫉妬?あまりにも自分勝手。パーシーの扱いも雑過ぎる。逃げて川にはいって溺れ死んでるって。逃げる余力があるならフェリックスやハックに助けを求めるはず。もっと言えば争ってるなら大声で言い争うはずやし、もっと大きな音がするはず。トニーの顔面が、あんなになるまで誰も気づかないとは、どれだけ熟睡してるねん。全てにおいて雑過ぎる。

ホープも空気を読まん子やね。あのタイミングでエルトンにカミングアウトするか。エルトンが自暴自棄になって余計に危険な状態に陥ってしまうと思わんかな?これってホープ自身のためのカミングアウトやね。エルトンの気持ちなんか考えてない。単に打ち明けて身軽になりたかっただけやね。ここでエルトンと別れてしまっては、一生背負っていくことになってしまう。打ち明けてしまえば、罪滅ぼししたような気分になって気持ちが軽くなる。後はエルトンが死のうが生きようが知ったこっちゃない。酷すぎる。あのネックレスをエルトンに無理やり渡したシーンが物語ってる。捨てるに捨てられなかったネックレス。まるでエルトンに押し付けるように渡してた。ネックレスを渡した事で、許してもらったかのように勝手に錯覚してるんやろうね。後味が悪すぎる。エルトンが気の毒すぎる。

ハックがスパイ?エリザベス中佐の部下?姉妹をニューヨークに連れて行くのが目的?なんで、こんな回りくどいことするの?普通に父親のいるニューヨークに連れて行ったるよと言えば喜んでついてくるやん。ヘリコプター使ったらすぐやん。危険な徒歩で向かわせる意味がわからん。ムカつく姉妹に重要性は皆無やと思うけど。目的が見えてこない。なんで姉妹が、そんなに重要?あっ、ハックがスパイであるなら、サイラスの件も違った見方ができる。実はトニーを殺したのはハックかもしれない。サイラスに酒を飲ませて眠らせて、その間にトニーを殺してサイラスの犯行に見せかけた。でも、何のために?サイラスを一行から離脱させるためにそうした?姉妹だけをニューヨークに連れて行くのが任務?サイラスをエルトンが邪魔だったので離脱させる工作をした。でも、そんな回りくどいことする?そんな面倒くさいことするぐらいなら、サイラスとエルトンを殺せばええやん。エンプティに襲われたことにして殺したらええやん。いくらでもチャンスはあったはず。ハックは訓練を受けた軍人。サイラスとエルトンは全くの素人。いくらでもできたはず。なんで?次回も見当外れに話がダラダラ展開しそう。正直ウォーキング・デッドのスピンオフという理由だけで惰性で観てる人が多いと思う。後2話にでシーズン1は終了。なんとか盛り上がってくれ。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大