仮面ライダーアマゾンズ シーズン2 Ep13 AMAZONZ レビュー 渾身の「アマゾン!」




注意:ネタバレです

蝕まれていくイユの体。イユを助けるため4C本部へ向かう千翼。本部で待ち構える黒崎隊長率いる4C部隊。仁はクラゲアマゾンと化した七羽と対峙し呪縛から解放しようと立ち向かう。マモルを追い詰める駆除班。駆除班の思いは届かず、三崎に襲い掛かるマモル。それぞれが、それぞれの思いをかけて向かう先には何があるのか?

「ア・マ・ゾ・ン・!」

変身するときの掛け声「アマゾン!」。

三者三様の「アマゾン!」。

それぞれの思いがこもった「アマゾン!」。

よかった~。これ、多分アドリブやと思うわ。

それぞれの俳優さんが、この作品に対する思いを込めて渾身の「アマゾン!」を見せてくれたんやと思う。

仁の「アマゾン!」

仁が七羽さんと戦う時の「アマゾン!」は、悲しみや怒りなどのいろんな感情がごっちゃになって体から湧き上がるように叫んでる。

仁の七羽さんに対する思いが伝わってくるようやったわ。

七羽さんにとどめを刺してようやく心がつながった。

以前の七羽さんに戻ることができた。

七羽さんは仁が自分を解放してくれることを信じてたんかな。

早く解放してくれることを願ってたのかも。

それに反して千翼と対峙した時の「アマゾン!」。

とても静かにささやくように優しく言ってる。

父親として何もしてやれなかった。

でも、最後のけじめは父親としてつけなければならない。

悲しいけど七羽さんがいる天国に送らなければならない。

悲しい決意の現れなのかも。

千翼の「アマゾン!」

千翼の「アマゾン!」。

自分が危険な存在であるのは分かってる。

自分は存在してはいけないのも分かってる。

自分で自分をコントロールできないのも分かってる。

でも、生きたい。

この世に生まれた限りは生きたい。

イユの分まで生きたい。

その思いが力強い心の叫びのような「アマゾン!」になったのか。

悠の「アマゾン!」

悠の「アマゾン!」。

千翼が生まれて、七羽さんがアマゾンになったのは自分にも責任の一端はある。

なぜ、アマゾンだけがこんなつらい目に会わなければならないのか?

人間と共存する事はかなわないのか?

なぜ、人はアマゾンにも心がある事を理解してくれないのか。

その、心の葛藤が込められた「アマゾン!」。

それぞれの「アマゾン!」メッチャ感動した。

スポンサーリンク
レクタングル(大)


仮面ライダーアマゾンズ公式サイトから引用
©2017「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 ©石森プロ・東映

ベンベンベベベ~ン

会長、寝たきりやと思てたら。

車に乗って現れよった。

ベンベンベベベ~ンも復活やね。

戦うとこを見たいから、わざわざ来たみたいやけど、何を考えてるんやろ?

車椅子に乗ったり寝たきりになったり忙しいね

この人は、一体何者なんやろね?

この人こそ、最強のアマゾンやったりして。

待ってみよう

橘局長は、何を考えてる?

新しいシグマ計画って何?

仁さんも生きてる。

「アマゾンは自分も含めて全て駆除する」って言うてた。

悠も生きてる。

美月に「生きて」って言われた。

アマゾンと人間の共存も答えが出てない。

黒崎隊長も溶原性細胞に感染したのか、してないのか怪しい。

これは、シーズン3に続く?

楽しみに待ってみよう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする