【海外ドラマ】ブラック・サマー:Zネーション外伝 シーズン1第8話(最終話)レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

blacksummer

NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2021Netflix.i

第8話(最終話):「競技場」レビュー

他にも競技場を目指すグループがいたんや。なんかゲームみたい。各グループが競技場を目指して進む。静かな始まり。ゾンビが一体ずつ走ってくる。みんなで発砲。弾がもったいない。そんなに弾を無駄にしたらあかんやん。まだスタート地点。先にはゾンビが大量にいるはず。弾は節約しないとアカンやん。そんな事もわからんの?一体のゾンビに全員が一斉射撃。効率が悪すぎる。自分がリーダーなら仲間に撃つなと命令するわ。他のグループが撃ってくれてる間は弾を節約するようにするよ。普通ならそうするはず。ここにいる人は全員アホなん?そんな事すら考えられないほど正常な判断ができなくなってるの?進むにつれてゾンビの数が増えていく。ゾンビにやられた人たちがゾンビになって数が増えていく。素人が銃を持って撃ちまくったら、こうなることは目に見えている。ゾンビと人間の区別がつかない。見た目は一緒やから紛らわしい。ゾンビと間違って人を撃つ奴。「ごめん」では済まへん。ゲームと違うんやから。サンもやらかした。この子かなりの自己中とみた。自分が助かるためなら何でもするタイプやね。ゾンビを撃ったら、その先にいた男にも被弾。まだ致命傷なのかどうかも分かれへんのに躊躇なく殺してしまいよった。ちょっとサンが嫌いになった。何をしゃべってるのか分かれへんから、あんまり感情移入できなかったけど行動が自己中すぎる。これがリアルな素人の銃撃戦。闇雲に発砲するから、どこから弾が飛んでくるか分かれへん。怖すぎる。それに加えて空爆が始まってる。空から見たら全員ゾンビに見えるはず。わずかな人間が残っていてもしょうがないという考え。残りの人たちも時間の問題。空爆してせん滅する方がリスクが少ない。地上部隊を投入して救出作戦をするにはリスクが大きすぎる。

苦労して競技場に来たのに影も形も無し。ヘリや軍用車両が止まっているのかと思っていたら何もない。絶望するよね。必死で競技場に到達すれば軍が助けてくれると希望を持ってきたのに。来てみたらもぬけの殻。でも、外にあれだけいたゾンビも競技場の中にいないのも不思議。完全に封鎖されている状況だと考えられる。でもよかった。これってハッピーエンドって言えるのかな。ローズは娘と感動の再会ができた。でも、現時点では軍の姿が見られない。向こう側から銃を構えて出て来た人は軍人ではなさそう。軍が警備をしているなら軍服を着た軍人が銃を構えて出てくるはず。そうでないということは、すでに軍は撤退をして残った人々で競技場を守っているのか?ローズと娘は再会できたけど、安全なところへ移動できるのか?軍は守ってくれているのか?と謎が残ったままの最終話。Zネーション外伝って何?て言うくらい全く真逆の雰囲気だった。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大