ゲーム・オブ・スローンズ(GAME OF THRONES)シーズン7第4話「戦利品」感想




注意:ネタバレです


ワーナー海外ドラマ公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

レビュー

ド迫力の合戦

これぞ、ゲーム・オブ・スローンズやね。

後半のラニスター軍とデナーリス軍のド迫力の合戦。

思わず、見入ってしまったわ。

これってドラマやったね。

あり得へん迫力やん。

映画でも、これだけの迫力ある合戦シーンはなかなかないよ。

ドラゴンも凄すぎるド迫力やん。

炎を吐いたら兵士たちが一瞬で灰になってる。

もう、無敵状態やん。

空から、炎を吐きまくられたら対抗する術があれへん。

兵士たちも逃げ惑うしかない。

次々とラニスター軍の兵士が炎に焼かれていってる。

ドラゴン一匹で軍を壊滅させる事出来るやん。

デナーリスで良かったね。

逆にドラゴンを操るのがサーセイやったら。

考えただけで怖いわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スコーピオン

でも、やられっぱなしではなかったわ。

対ドラゴン兵器のスコーピオン。

持ってきてたんや。

ブロンが走る。

スコーピオンに向かって走る。

ここもドキドキしたわ。

ドスラクの戦士たちが襲いかかてくる。

馬の足を切られて落馬するブロン。

逃げる逃げる。

なんとかスコーピオンに辿り着いてドラゴンを狙うブロン。

どうなることかと思ったわ。

最初の一発は外したけど、二発目が命中。

でも、頭を撃ち抜く事は出来ひんかったね。

飛んでるドラゴンの頭に命中させるなんて神業やで。

スコーピオンはドラゴンの炎に焼かれてしまったやん。

ブロンも一緒に焼かれてしまうところやったけど間一髪やったね。

でも、これが大量生産されて城に配備されたら、キングズランディングを攻略するのが格段に難しくなるよ。

今までは、ドラゴンは無敵やと思ってたけど、そうではないことが証明されてしまった。

ティリオンの想い

ティリオンは、どんな思いなんやろ?

ラニスター軍がドラゴンに焼き払われてる。

複雑な想いやろうね。

紆余曲折あって、今はデナーリスの手となったティリオン。

目の前でかつての自軍が炎に焼かれてる。

久しぶりに見る兄、ジェイミー・ラニスター。

本音やね。

逃げろ、逃げろ!

心の底から出てしまったんやね。

デナーリスの手やったら絶対に言うたらアカン言葉。

でも、目の前で兄が焼かれるのは見たくないよ

あのまま、ドラゴンに突進したら焼かれるのは目に見えてるやん。

大声で叫びたかったやろうね。

でも、さすがに、それはやったらアカンと理性が止めたんやと思うわ。

ドラゴンが炎を吹いた時は、さすがに叫びそうになったんと違うかな。

部下の兵が助けへんかったら確実に灰になってたわ。

見てるこっちまでが心臓止まりそうになったわ

もしかして、ジェイミー今回で戦死してしまうんかと心配したわ。

このドラマ、容赦なく主要キャラを殺すから油断できひんもんね。

再会

サンサ、ブラン、アリアの三人が、やっと再会できた。

アリアは久しぶりにウィンターフェルに戻って来て、どんな想いなんやろ。

帰って来たは、ええけど昔と違ったウィンターフェル。

知った顔もほとんどいてない。

衛兵は隙だらけでのろまな奴ら。

複雑な心境やろうね。

あの衛兵たちは、アホ丸出しやね。

典型的な仕事の出来ない奴らやん。

あんな奴らを城の門番として配置した上司にも責任あるで。

サーセイの刺客なんかが来たらイチコロやん。

アリアが、あの衛兵はアカンと言うのも正論

ブランは、アリアと再会できたのに微妙な反応やね。

やっぱり三つ目のカラスやと言い張ってる。

アリアも、顔の無い者から様々な事を学んだから、あんまりビックリしてないみたい。

それにしても、アリアはカッコええわ。

倍ほど体格の違うブライエニーと互角の戦いをしてる。

互角どころか少し圧倒してるぐらいで楽しんでるわ。

ブライエニーもビックリしてるね。

自分と互角の戦いをする者なんて、そうそういてないのに、こんな小さな女の子が、この身のこなしはなんなん?

と思ってるんやろうね。

太古の壁画

ドラゴンストーンの地下深くにあんな壁画があったとは、ビックリしたわ。

さすがドラゴングラスの産地やね。

はるか太古からホワイトウォーカーと人間は戦って来たんや。

壁画で警告をしてたんやね。

壁画が描かれた時は、ドラゴングラスで作った武器で撃退したんやと思う。

だから、人間たちは生き残って今も繁栄してる

人間同士で、しょうもない争いはしてるけど、滅びてはない。

太古の人達は思ったんやろうね。

自分たちは、やっとの思いでホワイトウォーカーを撃退した。

でも、奴らはきっとまた、人間たちを根絶やしにするためやってくるに違いない。

それを忘れないため警告の意味で壁画に残したんやね。

この壁画を見て、デナーリスもジョンの言ってる事をやっと信じてくれたね。

でも、強情やね。

協力する代わりに、ひざまけて言うてるわ。

しつこい、女王様やね。

でも、デナーリスにも背負ってるものがある。

だから、簡単にハイハイとは言われへんのやと思うわ。

ジョンも背負ってるものがあるから、簡単にひざまずく事が出来ひんのやと思うわ。

お互いの背負ってるものの、ぶつかり合いやね

でも、こんな事をしている間にもホワイトウォーカーは進行して来てる。

人間同士が争ってる隙を突かれたら、人類がこの世から消え去ってしまう。

なんとか、落としどころを見付けて協力しないと、手遅れになってしまうよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする