ゲーム・オブ・スローンズ 第7章【氷と炎の歌】第7話「竜と狼」<最終話>感想(ネタバレ)




注意:ネタバレです


ゲーム・オブ・スローンズ 公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

レビュー

馬鹿正直なジョン・スノー

凄い面々が一堂に会したね。

この面々が、戦場ではない所で会うなんて信じられへんわ。

本人たちも信じられへんやろうね。

でもティリオンもただでは、帰られへんと思ってたみたいやね

相手は、血も涙もないサーセイ。

一同が会した所で一網打尽にされるかもしれへんと考えてたと思うわ。

そうならないように、わざとドラゴンに乗ったデナーリスが遅れて来たんやろうね。

自分達に何かあれば、ドラゴンがキングズランディングを焼き尽くすぞと言う脅しも含んでたんやと思う。

さすがにサーセイも、バカではないから、そんな無茶はせんかった。

目の前の連中を殺したい気持ちをグッと抑えてたんやろうね。

ポドリックとティリオンの再会は感無量やわ。

鎧を着てるポドリックを見てティリオンは何を思った?

でも、やっぱりサーセイはサーセイやわ。

死人を目の当たりにしても協力を拒んでる。

自分達には関係ないから勝手に北へ行けと言い放ってるわ。

究極の自己中やね。

ジョン・スノーたちが負けて死者の軍団がキングズランディングに進行したら、100万人の人達が死者の軍団に加わると言うてるのに涼しい顔してる。

この人には、何を言うてもアカンみたいやね。

ジョン・スノーに忠誠を誓えとか、無茶な事を言うてる。

ジョンも適当に話を合わしといたらいいのに、馬鹿正直すぎるよ

デナーリスに忠誠を誓ったから、無理って言うてるわ。

みんな、ポカーンとしてるやん。

内心は、なんで正直に言うねんって思ってたと思うわ。

ジョン・スノーって、場の空気が読まれへんみたいやね。

これって、指揮官としては致命的やけど大丈夫なんかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ジェイミー愛想尽かす

結局の所は、ティリオンが死を覚悟してサーセイを説得して協力する事を約束させた。

でも、サーセイはクソやったね。

ジェイミーが、協力するため北への進軍を士官たちと協議してるのに

「そんな約束は嘘に決まってるやん」

て平気で言い放ってる。

ジェイミーもポカーンってなってるわ。

そら、人類の危機が迫ってるねんから普通は協力するべきやと思うよね。

でも、サーセイには、普通が通用せえへん。

ジェイミー、マウンテンに殺されるかと思ったわ。

でも、さすがにサーセイも愛した人を殺すのは思いとどまった

サーセイに愛想を尽かしたジェイミーは、どこへ行くん?

馬に乗って、飛び出してしまったわ。

サンサの弟と妹は変わり者

サンサとアリアは、仲たがいしてるんかと思ってた。

見事に騙されたわ。

さすが姉妹やね。

固い絆は健在やった。

リトルフィンガーに罪を償わせるために共謀してたんや。

うまい事陥れたね。

あの抜け目のないリトルフィンガーが慌てて命乞いをしてる。

無様やね。

今までの罰が当たったんや。

人を陥れて踏み台にしてのし上がってきた。

でも、アリアとサンサの言うてる事は、証拠がないけど諸侯たちは信じてたんかな?

それとも、ジョンの代行のサンサに敬意を表して信じる事にしたんかな?

どちらにしてもリトルフィンガーの無様な最後。

あっけなかったわ。

アリアに喉を掻っ切られて絶命するリトルフィンガー。

虫けらのような最後やね。

でも、よう考えたらサンサだけが普通の人やん。

ブランは、自分は三つ目の鴉やと言うてる危ない人。

時々、ピスタチオみたいに白目になってしまう。

もう、人間ではない存在になりつつあるよね。

ブランには、隠し事なんか出来ひん。

ブランは、何でもお見通し。

アリアは、暗殺者。

一人で何人でも殺しまくる。

可愛い顔してるけど、暗殺者。

サンサは、置いてきぼりな感じやね。

変わってしまった妹と弟を見て、どんな事を思ってるんやろ?

ドラゴン取られた

衝撃的な結末やわ。

デナーリスがドラゴンを伴ってジョンたちを助けに行ったのが裏目に出てしまったわ。

前回、死者の軍団が氷の下から引き揚げたドラゴン。

泳がれへん死者たちが、どうやって鎖をドラゴンに縛り付けたのかは、置いといて。

きっちり、死者の軍団に加わってた。

炎と違って冷気を吐くドラゴン。

呼び名はアイスドラゴンでええんかな?

ホワイトウォーカーもドラゴンを上手に乗りこなしてるやん。

こいつら、何でも出来るんやね。

伊達に長生きしてないわ。

死者の軍団がドラゴンを手に入れる事が出来てなかったら壁を壊すのに、もっと時間がかかってたはず。

もしかして、デナーリスと一緒に飛んできたドラゴンを見たホワイトウォーカーは、チャンスと思ったんかもしれへん。

これは、何としてもドラゴンを手に入れなあかんと思ったんかもしれへん。

だから、入魂の槍の一撃で仕留めたんやろうね。

アイスドラゴン、反則やん。

壁がみるみる崩れていく。

時間稼ぎも出来ひんやん。

ドラゴンがいてたら、死者の軍団には楽勝や思ってたけど、あの槍が曲者やね。

命中したら一撃でドラゴンがやられてしまう。

やられるだけやったらええけど、死者の軍団に加わってしまったら敵の戦力倍増やもんね。

ジョンたちは、どう戦うつもりなんやろ。

ドラゴングラスの矢を大量に作って一斉に打ち込むとか?

打開策はあるんやろうか?

次のシーズンが最終章で完結する。

どんな結末になるんかな?

楽しみやけど、待ち遠しい。

完結と聞いて寂しい気もする。

どっちにしても、早く観たい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする