【アニメ】SSSS.GRIDMAN【グリッドマン】第2話「修・復」感想(ネタバレ)<表と裏の顔>



注意:ネタバレです

gridman
SSSS.GRIDMAN公式サイトから引用
Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

レビュー

驚きの連続。一夜明けたら怪獣の暴れた痕跡はかき消えていた。どんなカラクリなのか?あれだけ破壊された街は元通り。物理的には絶対に無理な事。人間以外の者の力が働いたのは歴然。確かに学校の体育館はグールギラスの火球で破壊されたはず。しかし全てが元通りとはいかなかった。怪獣の事を覚えているのは裕太と将と六花の三人だけ。昨夜の騒動はニュースにすらなっていない。クラスの人数が減っている。違和感を感じる三人。存在していたはずのクラスメートがいなかった事になっている。怪獣の犠牲になったクラスメート。記憶を操作されて存在が消されてしまった。そんな事をする事が可能なのか?一人や二人ではない。街全体の人の記憶。三人だけが記憶を失くしていないのも謎。グリッドマンと関わった事が原因なのか?それしか考えられない。クラスメートは高校に入るまでに皆死んだ事になっていた。これは現実なのか何者かが植え付けた記憶なのか?

黒幕は新条アカネ。学園のアイドル。表の顔と裏の顔。二面性を持った少女。裏の顔は誰も知らない。アレクシス・ケリヴ以外は。パソコンの画面の中にいるアレクシス。何者なのか?宇宙人?異次元人?アレクシスがアカネの作った怪獣のフィギュアに命を吹き込んでいる。自分に嫌な事をした仕返し。普通の女の子は嫌な事をした相手の命を奪おうとは思わない。その点では、アカネは普通の女の子ではなかった。部屋にある山のようなフィギュア。全部自分で造ったのであろうか?怪獣の犠牲になった裕太のクラスメート。教室でボール遊びをしていてアカネのパンにヒット。それが許せなかったアカネは、怪獣を使って彼女たちの命を奪った。いかれてる。その程度の事で命を奪うなんていかれてる。今回の標的は担任の先生。廊下でぶつかって謝らなかったのが気に食わない。確かに悪いのは謝らない担任。しかし、普通は命を奪おうとは思わない。やっぱり、新条アカネはいかれてる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

kaijyu

サムライ・キャリバー。怪しい人物。背中に何本かの刀を背負ってる。狭い通路は天敵。学習能力が無いのか?何回もぶち当たってる。ジャンク屋に来るまでもドアをくぐる事はあったはず。その度にひっくり返ってるとは恐れ入る。軽い身のこなし。屋根に飛び乗り。歩道橋から飛び降りてる。人間離れした身のこなし。人間ではなかったから納得。彼はグリッドマンの武器。どんな仕組みになってるのか?パソコンの画面の中に消えたと思ったら、グリッドマンの前に巨大な刀として現れた。アシストウェポンそれがこの武器の名前。彼がパソコンをいじるとグリッドマンが最適化されて前回よりも動きが良くなった。将と六花にもパソコンから語り掛けるグリッドマンの声が聞こえるようになった。サムライ・キャリバーは、何処から来たのか?何者なのか?グリッドマンとは、どんな関係なのか?増々、謎は深まっていく。

ブレスレットでグリッドマンに変身する裕太。やっと、ウルトラシリーズっぽくなってきた。歴代のウルトラマンもアイテムを使用する事で変身して来た。グリッドマンの登場も歴代ウルトラマンを踏襲している。懐かしい感じ。今回の怪獣はデバダダン。造形は今風。機械と有機体の融合。グリッドマンはサイボーグ風の鎧をまとった騎士のよう。かっこいい。グリッドマンがビームを使う事を想定してビーム対策をしてきたデバダダン。アカネは、その辺も抜け目がない。前回の戦闘を分析して対策を練ってきた。ただのいかれた少女ではなさそう。アシストウェポンのおかげでデバダダンを一刀両断。ブチ切れたアカネがパソコンに八つ当たり。画面にヒビが入ってるけどアレクシスは大丈夫なのか?今回はターゲットの担任の先生は犠牲にならずに済んだ。何か感じが変わってる。裕太にぶつかったけど、ちゃんと謝ってる。何かが先生の中で変わったのか?それを見るアカネは何を想ったのだろうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)