機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起 レビュー ガルマも頑張ってたんや




注意:ネタバレです

あらすじ

ジオンの士官学校に向かうために空港で荷物検査を受けるシャア・アズナブル。

荷物の中から銃が見つかり足止めされてしまう

宇宙船への乗船時刻は迫っておりこのままでは乗り遅れてしまう。

ハイスクールに向かうため同じ宇宙船に乗る予定のエドワウ・マスが自分と入れ替わる事を提案する。

トイレに行き大急ぎでお互いの服を着替えるシャアとエドワウ。

エドワウとなったシャアが士官学校へ向かう宇宙船に乗り込んだ。

シャアとなったエドワウ。

銃は美術品であることが判明し荷物は返される

しかし宇宙船は出港した後。

彼は翌日の便に乗る事にした。

宇宙船の中で入学許可証を必死で探すエドワウとなったシャア。

入学許可証は見つからない。

その頃、空港で一部始終を見ていたザビ家の工作員。

どこかへ連絡しエドワウが乗る宇宙船が出港した事を報告する。

突然、宇宙船が爆発してシャアは帰らぬ人となってしまった。


機動戦士ガンダムTHE ORIGIN公式twitterより引用
©SUTSU・SUNRISE

シャア・アズナブルとなったキャスバル・レム・ダイクン。

彼はジオンの士官学校に入学する。

そこにはザビ家の御曹司ガルマ・ザビも入学していた。

成績優秀のシャアとガルマ。

最初はシャアの才能に嫉妬していたガルマ。

ある事がきっかけでガルマはシャアを認める事になる。

ジオンでは日に日に地球連邦軍に対する不満が大きくなっていた。

そんな中、シャアはガルマに地球連邦軍治安部隊に対しての武装蜂起を提案する。

地球連邦軍治安部隊二千人に対して学生は二百人余り。

あまりの数の違いに躊躇するガルマ。

しかし、シャアの作戦を聞き勝利の可能性がある事を見出す。

行動を起こす学生たち。

油断をしていた治安部隊を次々と撃破していく

作戦に赴くシャアを一人の学生が呼び止める。

リノ・フェルナンデス。

本物のシャア・アズナブルのハイスクール時代の同級生。

彼はシャアが別人であることに気付いていた。

シャアの正体がキャスバル・レム・ダイクンである事に気付いていた。

リノはその事をシャアに告げ忠誠を誓う。

作戦に向かうシャア。

彼はリノにある特別な指示を与える。

治安部隊の司令部に制圧に向かうシャア。

彼は司令部を制圧してしまった。

武装蜂起は学生の勝利で幕を閉じた。

学生側も無傷ではなかった。

犠牲となった学生たち。

犠牲者の中にリノ・フェルナンデスの名前も刻まれていた。

表向きはガルマ・ザビの作戦指示によって勝利を収めたことになっていた。

この出来事は民衆から暁の蜂起と呼ばれ、後の一年戦争のきっかけとなった。

感想

シャアがいつも付けているバイザー。

ファーストガンダムでは何故付けているのか語られていなかった。

単にかっこいいから?

ミステリアスな印象を与えるため?

自分の中で色々な答えを当てはめた。

それが本作で明かされた。

士官学校の健康診断で目に異常があると診断が出ている。

強い紫外線に当たると失明する恐れがあると。

これは本当なのか?

自分の正体を隠すためではないのか?

キャスバルの目は青。

本物のシャアの目は赤。

昔からの知り合いが見れが違いは一目瞭然。

昔の写真などと比べられればバレてしまう。

だからサングラスをしていた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

規律の厳しい軍の士官学校で意味もなくサングラスをしていれば注意される。

病気であるという理由があれば許可される。

でも、士官学校であれば健康状態もチェックされるはず。

何か病気があれば不合格になるはず。

でも、入学できてる。

その辺の設定はどうなっている?

入学試験の時は何もなかったが、入学してから発覚したのであろうか?

軍人にとって目は大事なもの。

健康診断で引っかかって大丈夫なのか?

サングラスでは戦闘中には不便であろうと、リノ・フェルナンデスが次作のバイザーを作りシャアに渡す。

これが赤い彗星、シャア・アズナブルの象徴の始まり。

深く感動した。

ファーストガンダムからの長きに渡る謎が解けた瞬間。

リノは、本物のシャアとハイスクールの同級生

シャアが別人でキャスバル・レム・ダイクンである事に気付いてしまった。

気付かなければ普通に卒業してジオン軍の士官としての一生を送れたのに。

この辺は非常に気の毒。

キャスバルのためになるならばとバイザーを自作までして忠誠の意を表したのに。

シャアにとっては自分の正体を知る邪魔者でしかなかった。

ザビ家を打倒するためには仲間はいらぬ。

一人でも自分の正体を知っている者がいれば目的を遂行するための障害になる。

様々な裏切りを見て来たシャアであるからこそ人を心の底から信用できなかった。

だから、リオ・フェルナンデスを戦闘中の事故にみせかけ葬った。

これで自分の正体を知る者はいなくなった。

ガルマとの出会い。

最初はライバル関係。

ガルマは、ただのザビ家のお坊ちゃんではなかった。

成績優秀。

ザビ家の御曹司でなくても士官学校に合格できる実力を充分持っていた。

トップクラスの成績であるが、シャアにはかなわない。

嫉妬心が大きくなっていく。

こいつさえいなければ自分がトップなのに。

小さい頃からチヤホヤされてきたから自分より上の者がいるのが我慢できない。

結局は崖から落ちてシャアに助けられてしまう

今まで自分の顔色を伺う奴ばかりが周りにいた

でも、シャアは違う自分の意見をぶつけてくる

一気にシャアに興味を持った。

だから裏から手をまわして無理やりルームメイトになった。

シャアはリオ・フェルナンデスのようにガルマを戦闘中の事故に見せかけて殺す事も出来た。

憎きザビ家の御曹司。

母の仇。

でも、殺さなかった。

今後の事を考えたら自分に興味を持ち友情を感じているガルマに利用価値を見出していたのかもしれない。

一年戦争のきっかけになった出来事にシャアとガルマが関わっていたのが驚き。

ザビ家に復讐するため、歴史の裏で暗躍するシャア・アズナブル。

彼の具体的な行動の第一歩が暁の蜂起であったのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする