鬼灯の冷徹【アニメ】第弐期 第20話「ゲーム/絡繰補佐官」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレです

hozukinoreitetsu
鬼灯の冷徹 公式twitterから引用
©江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」第弐期製作委員会
©King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

レビュー

ゲーム

地獄にもゲーセンがあるんやね。

獄卒にも息抜きが必要。

現世と、そんなに大差ないような感じやね。

もしかして、現世のゲーセンを参考にしてるのかな?

柿助は、ゲーム好きなんや。

猿やから、人間と同じような手をしてるし、コントローラの操作もできるもんね。

でも、シロとルリオには、難しいのと違うの?

と思ってたら、ルリオ凄いやん。

現世のゲームでは、ゾンビやったりするけど、地獄のゲームでは和風で亡者が襲い掛かってくるんや。

この辺は、ちょっと気い使ってるんかな?

でも、ルリオの撃ちまくり方が過ごすぎる。

まさか、ここまで出来るとは思ってなかったわ。

どんな時でも本気の人っていてるよね。

一切、手を抜かへん。

遊びやと念押ししても手を抜かへん。

やっぱり鬼灯は、その手のタイプやね。

ゲーセンでも手を抜かへん。

モグラたたきを、ここまで真剣にやってる人もおらんのと違うかな?

これで、壊れへん機械も頑丈やなと思うけど。

トレーニングの一環やと言うてるわ。

この人にとって、遊びと言う言葉はないんかな?

藁人形に釘を打ち込むゲーム。

誰が考えたん?

怖すぎるやろ。

子供の教育に悪すぎるよ。

現世では、絶対にPTAが騒ぎ出すわ。

でも、ちょっとやってみたい気もする。

くそ憎たらしい奴の顔を思い浮かべてやったら、ストレス解消になるかもしれへんもんね。

見た顔も遊びに来てるんや。

漢がダンスゲームしてる。

違和感無さすぎ。

かなり、やりこんでるみたい。

高得点をたたき出してる。

これで、ダイエットしてるんや。

確かに、高得点目指したら息切れるぐらい、しんどいもんね。

漢も濃い顔してるのに、ヨガやったりして中身は女子みたい

芥子のスティックさばきが凄すぎる。

ウサギって、スティックとか握れたんかな?

握れるような手は、してなかったように思うけど。

芥子やったら、気合で握れるようになったんかもしれへんね。

恋愛ゲームをしてる、体の大きい角の生えたおっさん。

誰やと思ったらサタンやん。

EU地獄のトップが、日本の地獄のゲーセンで恋愛ゲームしててもええの?

恋愛ゲームと言うチョイスがオタッキーやね。

実は、サタンは日本好きのオタクなんやね。

ゲームとかアニメが大好きなんや。

格闘ゲームに自信があるんや。

これを機会に鬼灯をギャフンと言わせたろうと思ったんやね。

また、シュールな格闘ゲームやん。

鳥獣戯画。

墨で描いたようなウサギとカエルの戦い。

鬼灯の戦法が、鬼灯らしいわ。

針でつつくような戦法。

相手の攻撃をがっちりガードして、隙をついて細かい攻撃を積み重ねる。

性格が出てるよ。

お客さんに気を使って勝たせると言う発想が全くないんやね。

ほんまに、こんな性格で出世できたんが不思議。

ある意味、実力だけで登って来た人やから誰よりも怖がられてるのも納得できるわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

kunfu

絡繰補佐官

鬼灯は、どうしてもリリスを案内したいところがあったんやね

ベルゼブブもついて来てる。

さすが、サタンの補佐官。

降り注ぐ岩を払いのけてくれてるわ。

でも、さすがにしんどかったみたいやね。

目的地に着いた時には、生き切れまくってるわ。

ここは、ほとんどが絡繰りで動いてるんや。

地獄にもオートメーション化の波が来てるんやね。

でも、閻魔庁には葉鶏頭を始めとしたオートメーションよりも凄い連中がいてるから、まだ導入は出来てないんや。

ここの変成王(へんじょうおう)の補佐官が焙烙斎(ほうろくさい)。

ボケが入ってるジジイやね。

自分では、ボケてるとは思ってないんや。

ボケてるのを、亡者の記録の数が多くなりすぎて覚えきれへんとすり替えてる。

それで絡繰補佐官のめめこを開発したんやね。

まだ、テスト段階で実用化には至ってないのや。

ベルゼブブを亡者役にして模擬裁判をやってみるんやね。

絡繰の浄玻璃鏡も作ってるんや。

なんで手鏡にするかな?

コンパクトにするのは技術革新の象徴とは言え、手鏡にまでせんでもええやん。

テレビと一緒で大きい方が観やすいと思うし。

それに手鏡にしたら、変成王が化粧直しをしてるオネエみたいに見えるやん。

威厳もへったくれも、あったもんやないで。

めめこ、意外と真面な判決を下すんやと思ったわ。

膨大なデータを入れた効果はあったみたいやね。

ベルゼブブが外へ向かった途端。

めめこにとって裁判は終わってなかったんやね。

裁判が終われば、亡者が獄卒と一緒に刑場へ向かって行くのが普通。

めめこにとっては、それが正常と判断されるんやと思うわ。

ベルゼブブは一人で外へ向かって行った。

めめこのAIが異常と判断した。

もう、怖すぎるよ。

顔も怖いし、行動も怖い。

なんで、こんな機能付けたんよ。

重視する所が違うやろ。

豹変させる機能はいらんよ。

それなら、最初から怖い顔にしといたらええやん。

あの顔でアイスピックと包丁の二刀流で追いかけられたら、どんな人でも腰抜かすよ。

チャッキーを越えてしまってるわ。

五道転輪王(ごどうてんりんおう)の補佐官のチュン(中)をモデルにしたと言うてる。

でも、チュンは呪いの人形みたいにチェンジはせえへんやんか

焙烙斎が勝手にアレンジしたんやろ。

ボケてるとはいえ趣味が悪すぎるよ。

まあ、亡者には、ええかもしれへんけどね。

噂になれば、逃げだそうとする亡者もいなくなると思うから。

呪いの人形みたいと思ってたら、みたいと違うかったんや。

元が呪いのアンティーク人形やった。

呪いのアンティーク人形を提供してくれたのがリリスやったんやね。

だから鬼灯は、リリスをここへ連れて来たんや。

自分のアンティーク人形が、和風の呪いの人形にチェンジしてるけどリリスは、どう思ってるんやろうね。

案外、喜んでるように見えたけど、本心はどうなんかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)