ジェシカ・ジョーンズ<NETFLIX>シーズン2第10話「ポークチョップ」レビュー(ネタバレ)



注意:ネタバレです

jessicajones
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

警官も怖いよ

アリサは、抵抗せずおとなしく警察に捕まった。

取りあえずは、ジェシカもホッとしたやろうね。

アリサが、激しく抵抗すれば警察は躊躇なく発砲していたに違いないから。

そうなれば、いくら能力者のアリサでもタダでは済まない。

アリサに、いくら能力があっても不死身ではない。

銃弾を受ければ傷つく。

四方八方から銃撃されたら、下手をすれば死んでしまうかもしれない。

能力を持って人を殺して化け物になったアリサ。

でも、ジェシカにとっては、たった一人の母親。

警察へ出頭して罪を償うべきと思っていても、死んでいいとは思っていないはず。

それにしても厳重な警備。

鋼鉄製の鎖で手と足を繋がれてる。

警官達も怖いやろうね。

いつ、アリサが豹変して暴れ出すかもしれない。

鋼鉄製の鎖でさえ、引きちぎるかもしれない。

本音を言えば、死にたくないから近づきたくないやろうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

chain

取引

警察は黒幕のカール博士を捕まえようとしている。

アリサは、カール博士の居場所を知っているはず。

全てを自供すれば、厳重な能力者専用の刑務所へは送らないと言っている。

能力者専用の刑務所へ行けば地獄が待っている。

人間らしい生活なんか送る事は出来ない。

当然、ジェシカと面会することは許されない。

一生、娘と会うことが出来なくなってしまう。

でも、アリサはカール博士を愛してるから話す気はない。

カール博士が捕まるぐらいなら自分が能力者専用の刑務所へ行き、一生罪を償えばいいと思っている。

ジェシカも、必死やね。

一生、お母さんと会えなくなってしまうかもしれない瀬戸際。

必死になるのも理解できる。

アリサの条件は、カール博士の安全の確保。

カール博士が警察の手の届かない所へ行き、安全が確保されれば全てを話すとジェシカに合図した。

うらやましい

トリシュが、能力に魅了されていっている。

シンプソンが残していった超人化する吸入薬。

無くなってしまった。

使えば無くなる事は予測できたはず。

そんな事も判断できないほど依存してしまっていたのか?

何回振っても、何回吸っても出るはずはない。

薬自体がなくなってしまったんやから。

でも、思ったほど禁断症状はきつくなかった。

薬がなくても平常心を保っていられてる。

このまま、普通の人間に戻ることをトリシュは納得しなかったんやね。

一度、超人的な能力を味わってしまったら忘れる事は出来ない

鋭敏な感覚、普通ではない怪力、相手のパンチやキックを容易にかわせる反射神経。

ジェシカにあって自分にはないもの。

あの薬は、それを手に入れさせてくれた。

トリシュには、あの心地よい感覚を忘れる事は出来ない。

超人的な能力が麻薬のように自分を誘う。

成分を調査させたが、ほとんどが不明だった。

一つだけ分かったのは、体をボロボロに壊していく成分が入っている事。

薬を常用する事で確実に寿命を縮めてしまう事が分かった。

medicine

マルコムの裏切り

マルコムは、あかんよ。

勝手に人のパソコン覗いたらあかんよ。

トリシュにそそのかされてジェシカのパソコンを調べてる。

ジェシカも探偵のくせに不用心すぎるよ。

撮った写真をクラウドに保存してる。

追われてるカール博士の写真をクラウドなんかに保存したらアカンやん。

FBIやCIAがジェシカをマークしてたら、ジェシカの使用してるクラウドまで調べるはず。

探偵やったら、それぐらいの警戒心を持たなあかんよ。

クラウドも便利やけど、何でもかんでも保存したら今回みたいな事になってしまう。

多分、ジェシカもクラウドに勝手にアップロードするように設定してたんやろうね。

まさか、自分が信用してるマルコムが、勝手に自分のパソコンを覗くなんて思ってなかったんやと思う。

完全に裏切られてしまったね。

この事を知ったらジェシカは激怒するに違いないわ。

この写真からカール博士の居場所がトリシュにバレてしまった

トリシュは、能力に狂わされてしまったね。

そんな事をするんなら、マルコムを置いて一人で来ればよかったのに。

いきなり、マルコムを殴って気絶させてトランクに押し込んだ。

「マルコム、ごめん」

て言うてるけど、悪いと思ってないやろ。

気絶するぐらい殴るって、よっぽどやで。

トリシュは、カール博士に会って何をするつもりなんやろ?

もしかして、超人化の吸入薬を作らせるつもりなのかな?

そんな簡単な事を要求するのではないのかもしれない。

もしかしたら、自分にもジェシカやアリサにしたような超人化の手術をするように頼むつもりかも。

頼むと言うよりも脅すんや。

銃を持ってたし。

トリシュがジェシカのような能力を持ったら危ないわ。

自分で能力を制御できひんと思う。

一歩間違ったら、アリサ以上に暴走する恐れもある。

カール博士は、一旦は断るはずやけど銃で脅されたら、どうするか分かれへんよ。

ホガース、どん底へ

ホガース、可哀そう。

騙されてたんや。

高い所に連れて行かれて、そこから突き落とされたような感覚やろうね。

病気を治す能力者のおっさんに望みを託してたのに。

能力は偽物で、ただの詐欺師やった。

イネズも最低の奴やったね。

全てはホガースを騙すための作り話。

治療法のないALS。

能力者にすがるしかなかった。

希望の光が見えて来た。

病気は治ったと思っていた。

ジェシカもビックリやね。

カール博士に聞いたら衝撃の言葉。

「そんな奴は知らん」

病気を治す能力者なんかいなかった事実。

刑務所からだすために、無料で弁護を引き受けた。

全ての恩を仇で返しよった。

家に帰ったら金目のものが全部ない。

イネズとおっさんの姿もない。

ジェシカの言ってる事が間違いであってほしいと願っていた。

その願いは見事に打ち砕かれた。

家の物が盗まれた事にショックを受けてるのではないと思う。

ジェシカの言ってる事が本当だった事にショックを受けている

これで、おっさんの能力が嘘であったことが証明された。

ホガースの病気は治っていない。

一時的に症状が出ていないだけ。

どん底に突き落とされてしまった。

でも、ひとつだけ病気を治す方法があるかもしれない。

カール博士に頼んで、ジェシカに施した超人化の手術をしてもらえば病気も治るかもしれない

非情な運命にあがくホガース。

運命を切り開くためにどうするべきか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする