クジラの子らは砂上に歌う 第7話 お前たちの未来が見たい レビュー 腹の底から笑ってしまった




注意:ネタバレです

あらすじ

スキロス軍の兵士たちが予定よりも早く攻めて来た。

スキロスの船へ急ぐ潜入部隊。

緊急事態のため、ニビも潜入部隊に加わる事を許された。

兵士たちが次々と泥クジラに上陸してくる。

泥クジラに残った印たちが必死で防戦する。

サイミアを使って矢を放ちスキロスの小型艇を落としていく。

スキロスの兵を矢で貫いた子供たちが歓声を上げる。

人を殺す事を理解できない子供たち。

大人の言う事を聞いて正しい事だと思ってやっているだけだった。

そんな子供たちを見ていたマソオの中には、複雑な思いが現れていた。

小型艇で塔の上に侵入した兵士達。

そこには子供たちを守ろうと兵士に立ちはだかるハクジがいた。

武器を持たないハクジは子供達を守るために盾になった。

兵士の剣が一閃する。

しかし、ハクジは倒れない。

彼は子供を守ると言う思いだけで、血まみれになりながら兵士の方へ向かって行った。

ハクジの気迫に押された兵士が後ずさる。

兵士に倒れかかるハクジ。

ハクジは兵士たちと塔から落ちていった。

塔の下に倒れているハクジをスオウが見付ける

駆け寄るスオウ。

助けようとするがハクジは瀕死の状態だった。

何かをスオウに伝えようとしていたハクジ。

突然、矢が飛んできてハクジの頭を貫いた。

そこには、弓を構え笑みを浮かべたリョダリが立っていた。


クジラの子らは砂上に歌う 公式twitterから引用
© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)
「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

スキロスの船の中で、ヌースを目指す潜入部隊

立ちはだかった兵士たちをサイミアの力を使って全滅させた。

リコスの頭の中に疑問が浮かぶ。

泥クジラの印たちは明らかにスキロスの者達よりもサイミアの力が強い。

なぜなのか?

船の最深部に到達した潜入部隊。

カーテンで覆われた扉がある。

この先にヌースがあるはず。

しかし、リコスは違和感を感じていた。

あまりにも、うまくいきすぎている。

扉の奥では潜入部隊の隊長がカーテンに手をかけていた。

リコスの中で

「罠」

という言葉が浮かぶ。

叫ぶリコス。

扉の奥から銃声が鳴り響いた。

感想

この場面、悲惨な場面やから笑ったらアカンねんけど腹の底から笑ってしまったわ。

ハクジの死ぬ場面。

おかしすぎるわ。

武器を持った兵士に手を広げて近づいていくってバカなの?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

子供を守ろうとするなら武器ぐらい持っとけよ

スキロスが攻めて来てるのは分かってるやろ。

丸腰で兵士に近づいて行くって切られて当然

兵士もドン引きしてるわ。

いくら感情の無い兵士でも

「このジジイ頭おかしい」

って引くよ。

バッサリ切られてるのに倒れへん。

ゾンビか?

兵士も、なんで避けへんの?

なんで、止めを刺せへんの?

そのまま、一緒に落ちて行くって、兵士もバカなの?

あれだけの傷を負って、あんな高い所から落ちたのに死んでない。

普通やったら即死やろ。

まだ、しゃべる元気あるんや。

落ちてからもスオウにクドクド話をしてる。

どれでけ生命力強いねん。

リョダリが止めを刺せへんかったら、何事もなかったかのように起き上がってきたかもしれへんで。

突然、ミュージカルが始ったのかと思ったわ。

エマが突然歌いだしたから、これは何かが起こるぞと待ってた。

な~んにも起これへんかった。

ただ、歌いたかっただけなん?

マクロスみたいに歌で敵を倒したり、感情の無い兵士に感情を芽生えさすのかと思ったよ。

空や砂の海から召喚獣みたいなんを呼び出すんかと思ったよ。

敵の船のヌースに歌を届けて船を止めるのかと思ったよ。

全部、外れた。

何にも起これへんかった。

歌いきっただけやん。

歌は良かった。

でも、ストーリーには何の影響もなかったわ。

潜入部隊も緊張感なさすぎやろ。

通路の真ん中をゾロゾロ広がって歩いて、何の警戒心もあれへん。

キャッキャ言うて遠足みたいやけど、この人たちはバカなの?

警戒とか偵察とか言う言葉を知らんの?

敵の兵士も構えたまま待ってる。

攻撃して来るまで待ってるって、なんでなん?

ヌースのいてる入り口まで警戒してる兵士がいてない時点でより警戒しないとアカンやろ。

船の要なんやから、すんなり到達させるわけないやん。

案の定、カーテンめくったら撃たれまくってほぼ全滅やんか。

潜入部隊の隊長も、あんな怪しいカーテンをいきなりめくるのは自殺行為やろ。

警戒心と言うものがないのか?

しかし、ほのぼのした絵と違って人が死にまくるアニメやね。

子供と一緒に武器を集めに出て来たお姉さんもリョダリにバッサリ切られてる。

子供達はお姉さんの事が気になれへんのかな?

最初から、いてなかったかのように気にしてないやん。

リョダリは、ちょっとウザすぎるね。

何をするにも大げさすぎるわ。

シュアンと対決するみたいやけど二人は対照的やね。

どっちも頭おかしい同士やけど。

スオウは、首長の器と違うやろ。

この期に及んで腰抜かしてメソメソしてる。

首長がしっかりして指示を出せへんから、こんな結果になるんやで。

でも、なんやかんやで今回は動きがあって面白かったわ。

もう少し緊張感を持たせるようにしたら、素晴らしい物に化けるんと違うかな。

あまりにも、ほのぼのし過ぎてるから現実味がないように見える。

どっちにしても笑ったらあかんシーンやけど、腹の底から笑わせてくれたのは良かったわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする