アウトキャスト シーズン2 第2話 底なしの失望 レビュー テンポよくなってきた




注意:ネタバレです

体もたんよ

カイルは、やり方を考えんと体がもたんで。

悪魔を尋問するのに、特別な自分の血で脅すんは分かるけど、ナイフで自分の腕グサッて痛すぎるやん。

血があんなけ流れるって、結構深い傷やろ。

そんなん、悪魔と話するたびにやってたら、もたんに決まってるやん。

いざ、戦わなアカンって言う時に動かれへんかったら意味ないやん。

触るだけでも、悪魔は苦痛を感じるねんから、もうちょっと効率的な方法を考えなアカンね。

張り込みも、下手くそすぎる。

悪魔の手先の医者を張ってるのも完全に気付かれてるやん。

いきなり、医者がレンチで車をたたいてきたからビックリしたわ。

悪魔の手先になってる人間が、あちこちにおるから用心せなアカンね。

アンダーソン牧師、放火したん告白したね。

ガイルズ署長もなんぼ知り合いや言うても、聞いてしもたら無視するわけにいかんもんね。

留置場に入れられたわ。
当然の流れやね。

隣の留置場に入れられた薬中の若い奴。
禁断症状や思てたら、悪魔が乗り移ったんや。

偶然にしても、アンダーソン牧師の隣の留置場でそれが起こるって、神様のいたずら?

聖書も全然効けへんやん。
これ、鉄格子なかったら危ないとこやったね。

留置場の中で良かったんかもしれへん。
結局、鉄格子に体当たりして気絶してしもたわ

アンダーソン牧師、もう神の力を信じてないんや。

今までの、悪魔祓いも悪魔が効いてるように演技してたんやね。

釈放されたけど、聖書ほっていったわ。

もう、何を信じたらええんか分からんようになってるんやわ。

そもそも、この乗り移ってるんも悪魔なんかどうか分からへんもんね。

ひょっとしたら、宇宙人かもしれへんし。
宇宙人やったら、神様なんか関係あれへんしね

スポンサーリンク
レクタングル(大)


FOXネットワークス公式サイトから引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved

アーロンはどこ?

火事の現場にあった死体はアーロンと違うかってんや。

アーロンは、どこに行ったん?

30年前の女性の死体って、口も縫われてるし。

なんか、不気味な死体やね。

シドニーは、何のためにそんな不気味な死体を隠してたんやろ。

死体安置所から、女性の死体盗んでたけど。

あれは、シドニーの差し金?

最後の方で、シドニーが顔を拭いてた女の人が、そうとか?

そうなると、生き返ったと言う事になるんかな?

引き込まれたわ

メーガンは、なかなかショックから立ち直られへんね。

そらそうやね、乗り移られてたとはいえ、自分の手で夫を殺してんから。

乗り移られてても自分のやった事の記憶は残ってるようやからつらいわ。

遺品の指輪を見て耐えられんようになったから、湖で自殺しようとしたんかな?

でも、フラッシュバックのように、幸せやった時の事が頭を駆け巡って思いとどまろうとしたんやろうね。

後ろから、いきなり誰かに引っ張られたけど、一体あれはだれなんやろ?

この場面、湖に入ってのシーンはなかなか良かったわ。

幸せな家族の映像が重なってなんか、グーッと引き込まれたわ。

シーズン2になって、テンポが良くなってきたような気がするけど気のせいかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする