ジェシカ・ジョーンズ<NETFLIX>シーズン2第12話「無事を祈って」見所(ネタバレ)




注意:ネタバレです

jessicajones
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

局長災難

カール博士が死んだ事を知ったアリサは、完全に自分を見失ってるわ。

トリッシュが、カール博士をそそのかした事も分かってた

カール博士がトリッシュと一緒にいた事も報道されてる。

カール博士が死んでしまったのは、トリッシュのせいやと思い込んでしまってるわ。

こうなったら、誰にも止める事は出来ひんやろうね。

アリサの頭の中には、復讐の二文字しかない。

ラジオ局の局長も災難やね。

なんで、自分がガラスに投げ込まれたのか、よう分からんと思うわ。

しかし、このラジオ局はガードマンとかおらんの?

ちょっと、セキュリティが甘すぎるで。

こんな簡単に入って来れるようやったら、おかしなファンが入ってくる可能性あるやろ。

パーソナリティの安全を考えるなら、もう少しセキュリティを厳しくした方がいいと思うよ。

でも、アリサには通用せえへんけどね。

セキュリティがいても、投げ飛ばして入って来るやろうから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

radio

ママ、アホか

トリッシュのママはアホか?

テレビに出てインタビューに答えてたら、居場所をみんなに教えてるようなもんやん。

間の悪い事に、アリサがテレビを観てたわ。

速攻、病院へ向かってるやん。

このママは、ほんまに後先考えへん人やね。

トリッシュの身の安全よりも、マスコミの話題にしてアピールする事しか頭にないんやね。

ジェシカに嫌われるのも分かる気がするわ。

ジェシカも必死で病院へ向かってるわ。

一歩遅かったらトリッシュが殺されてしまうねんから、必死になるよね。

間一髪、病室に入ったら窓から入って来たアリサと鉢合わせ。

母娘と感動の再会とはいかんよね。

アリサは脱獄犯。

トリッシュを殺しに来たのは確実。

コスタ刑事と相棒のおばちゃん刑事が踏み込んで来た。

ジェシカが近づくなと言うてるのに、おばちゃん刑事が不用意に近づきよった。

あまりにも警戒心がなさすぎ。

アリサが人を殺した事を知らんのか?

一瞬でおばちゃん刑事、アリサに捕まってしまったやん。

そのまま、窓からダイブ。

アリサも容赦ないね。

ダイブする時に、おばちゃん刑事を前に突き飛ばして離したったら、殺す事は無かったのに。

さすがにアリサも、この高さから飛び降りたらダメージがあったみたい。

右足を負傷してる。

いくら、能力者でも不死身ではないと言う事やね。

ホガース、怖いよ

ホガース、怒ったね。

復讐の鬼と化してるわ。

そら、コケにされたんやから、怒って当然や。

金やないんやね。

自分のプライドをズタボロにされたんが腹立ったんやと思う。

質屋に片っ端から電話してるわ。

さすが敏腕弁護士。

どうやったら、イネズ達に辿り着くかを頭に描いて調べて行ってるわ。

質屋のハゲお姉も現金な奴やね。

最初は、顧客の信用があるとか、カッコええ事言うてたやん。

ホガースが時計をあげたら、ペラペラ喋り出したわ。

ホガースは、闇の売人から銃まで手に入れてる。

このポルシェに乗った売人、デアデビルやったかなルーク刑事やったかな?

ディフェンダーズシリーズの他のドラマに出てたような気がするけど。

ハッキリ覚えてないから違うかもしれへんけど、どうやろ?

銃を手に入れたホガース。

てっきり、自分でイネズと詐欺師の男を撃ち殺すんかと思った

そこは、弁護士やね。

自分に足が付くような事はせえへんわ。

なんか、ホガース怖かったわ。

こんなサラっと嘘がつけるって怖すぎるやん。

質屋の電話番号が書いた紙やのに、詐欺師のおっさんが刑務所から女に送金してた証拠やとイネズに思わせた。

迫真の演技やね。

イネズはコロッと騙されてる。

これが敏腕弁護士の話術やね。

ホガースは、これで成りあがっていったんや。

詐欺師のおっさんにしたら、イネズに責められても何の事やらサッパリ分からんやろうね。

その態度がイネズにしたら、とぼけてるようにうつったんかもしれへんね。

ズドンって、撃ってしまったよ。

そこまで、完璧にうまい事行くって、ホガースの作戦は凄いわ

gun

エクソシストみたい

トリシュの意識が回復した。

カール博士の手術は失敗したのか、成功したのか結果が分かれへん。

でも、意識が回復して良かった。

一生、昏睡状態で植物人間も可哀そう過ぎるもんね。

でも、安心は出来んかったね。

意識が回復したから、終わりと違うかった。

病院の医者も原因が分からんから対処しようがない。

これで大丈夫と言う太鼓判も押すことできひん。

ママと話してる時に、段々おかしくなっていった。

人って死ぬとき、こんな感じなんかな?

なんか、めっちゃリアルな感じがしたわ。

トリッシュ役の人の死んでいく演技が、うますぎるやん。

それと、怖すぎるやん。

エクソシストみたいになってる。

意識がなくなって、体がめっちゃ痙攣しまくってる。

ママは、怖いやろうね。

娘が、どうなるのか誰にも分かれへん。

このまま死んでしまうのか、痙攣がいつ止まるのか誰にも分かれへん。

医者でさえ、答える事は出来ひん。

トリッシュ、どうなってしまうんやろ?

母には勝たれへん

ジェシカは、決心したんやね。

怪物となった母親アリサを葬らなあかんと決心した。

トリッシュの家で会う決心をしたジェシカ。

でも、アリサが思ってる事は違うんやね。

ジェシカの前では、怒りを抑えて自分を制御できるようになったと思ってる。

自分と娘で幸せに暮らしていこうと思ってるみたい。

こう、考える時点で狂ってる。

人殺しが娘と幸せに平穏に暮らせるわけがない。

普通に考えたら分かる事やと思う。

でも、そんな判断も出来ないほど狂ってしまってる。

カール博士を亡くしてしまったのが、余程ショックやったんやろうね。

もう、ジェシカしかいてない。

これ以上、自分の愛する人を亡くしたくない。

だから、足を引きずりながらでも、ジェシカに会いに来た

ジェシカも銃を構えて撃とうとしたけど、無理やった。

怪物になってしまったけど、母親には変わりない。

死んだと思ってた母親。

やっと再会できた母親。

撃たれへんよな。

撃てるわけないよ。

実の母親やん。

アリサも、その事が分かってたみたい。

さすが、実の母親。

娘の事を分かってる。

一瞬の隙をついてジェシカを気絶させて連れ去った。

キャンピングカーで、どこかへ向かうアリサ。

一体、どこを目指してるのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする