【海外ドラマ】ウォーキング・デッド シーズン10第13話「選択」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

walkingdead
ウォーキング・デッド公式サイトから引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2020 BS-FOX

レビュー

バージルって、何がしたいの?自分の不注意で家族を亡くすと、おかしくなってしまう典型。ミショーンも、あっさりと騙されてしまったね。武器を手に入れるために、はるばる孤島までやって来たのに踏んだり蹴ったり。正に、恩を仇で返されてしまった。ウォーカーになった家族を解放したかったバージル。自分一人では、何もできないヘタレ。まあ、あの大量のウォーカーをみれば躊躇するのも頷ける。でも、家族を亡くして失うものなんかないはず。それなら、家族のために捨て身になればいいのに。それも、できなかったヘタレ。誰か助けてくれる人を探していた。腕の立つ人。大量のウォーカーの前でも尻込みせずに戦える人。しかし、ミショーンは無敵すぎる。あれだけのウォーカーを一人で倒すなんて人間業とは思えない。まず、刀が血のりで滑って切れなくなるはず。何か特殊な加工でもされてるのか?バージルが、どんくさすぎる。コントか?思いっきりバリケード崩して大きな音立てて、ミショーンをドン引きさせてる。おまけに自分で逃げ道を塞いどいて焦りまくってる。あまりにも他力本願。どんくさいから、家族が中にいるのに建物を封鎖してしまったんやね。自業自得やん。なんか、家族が気の毒になってきた。

人生は選択の連続。どっちをの道を選ぶかで、その後の人生が変わっていく。懐かしい、アンドレア。ミショーンがアンドレアを助けなかったら、ニーガンの仲間になっていたかもしれない。リックとは敵同士。どっちが正義なのかも分からない。聖域の側からしたら、基地の寝込みを襲うリックたちは卑怯者で悪。ルシールを振り下ろして、グレンたちの命を奪っていたのはミショーンだったのかもしれない。懐かしい面々。新たに撮るのは難しかったみたい。どれも使い回しの映像。ダリルのシーンだけは、新たに撮った映像っぽい。でも、リックが出ると引き締まる。やっぱり、ウォーキング・デッドと言えばリック。リックがいないと締まらない。こんな幻覚をみるという事は、ミショーンは心の奥底では自分の今の立場に疑問を持っているのかもしれない。しかし、バージルも人に幻覚を見せて何がしたいんやろ?仲間を監禁した理由もハッキリせえへんし。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

psychedelic

偶然にしてはできすぎ。流れ着いた船の中にリックの痕跡発見。ブーツを見ただけでリックのものと即座に判別できるミショーンが凄すぎる。思いっきり、におい嗅ぎまくるのはドン引き。いくら愛する者のブーツでも、くさいやん。でも、船を放置して乗組員はどこへ行った?船の中に争った形跡はないようだから、自ら船を放棄したとしか思えない。全く動かなくなって放棄したなら理解できる。でも、動くんかい。ちょっと修理しただけで動いとるやん。それなら放棄する理由が見つからない。スマホの落書きとブーツを見ただけで、リックが生きていると、なぜか確信してしまうミショーン。誰かが拾って持っていただけかもしれないのに。オーシャンサイドに戻って状況説明してから、リック捜しの旅に出ればいいのに、そのままジュディスとRJをほったらかして旅立ってしまうミショーン。ウィスパラーズと戦争状態。置いていっても危険。連れて行っても危険。どちらも危険なら母親として連れて行く方を選ぶはず。ヘタをしたら、このまま永遠にお別れになってしまうかもしれない。それなのに、あっさりと別れを選ぶ母と娘。しらない二人を助けて、どっかの大集団と合流しようとするミショーン。これで退場。なんか強引な感じ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)