【海外ドラマ】タイタンズ【DC】シーズン2 第3話「隠された亡霊」感想(ネタバレ)




注意:ネタバレ

titans
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2020Netflix.inc

レビュー

険悪な雰囲気のタイタンズ。二度とタイタンズタワーには来たくなかったみたい。でも、ドクター・ライトが野放し状態。こいつを捕まえるためにはタイタンズが集まらなくてはならない。だから、仕方なく集まった状態。一体、何があったのか?ドナがイラついている。何かがあったのは確かなのに分からないムズムズ状態。定番になってきたタイタンズタワーでの格闘練習。何故か目隠しでの格闘練習。素人のはずのレイチェルとガーフィールドの順応が早過ぎる。スーパーパワーを持っているからこその順応なのか?それならば、普通の人間であるジェイソン・トッドはあっと言う間に追いつかれて抜かされる運命。

旧タイタンズがドクター・ライト退治に出動。さっそうと出動するがスーツ無し。何か決まらない。スーツが無いとヒーローとして締まらない。でも、あのスーツ姿。冷静になってみれば仮装パーティー。冷静になってみれば浮いている。でも、やっぱりヒーロースーツがないのは寂しい。それにスーツは自分を守る鎧であり、敵を攻撃する武器であるはず。そのスーツ無しでいくなんて丸腰で行くようなもの。ドクター・ライトでさえスーツ着て登場してる。なんかダサい。なんか貧乏くさい。手作り感満載。素人が作るとこうなるよという典型。でも、ドクター・ライトは電気を操るスーパーパワーを持っている。電撃を喰らえば黒焦げ状態。4人のうち3人は普通の人間。唯一ワンダーガールのドナだけはスーパーパワーを持っている。最初からドナだけでいいような気がする。何の役にも立っていないような普通の3人の人間。結局、バイクを投げてドクター・ライトを止めたのはドナ。後の3人は逃げるので精一杯。ハンクは電撃がかすって負傷。何しに来たのか分からない。

黒幕はスレイド・ウィルソンことデス・ストローク。どんな心境の変化があったのか?山小屋で隠居生活していたのに、セレブな屋敷に帰還してタイタンズを突け狙う作戦始動。やっちまった、ジェイソン・トッド。テレビに映っているのに、大声でタイタンズ復活宣言。これがスレイドの闘争本能を呼び覚ました。トラブルメーカの匂いがするジェイソン。ブルースも持て余していたのかもしれない。ディックもお手並み拝見。ジェイソンが真っ当なサイドキックになればディックの指導力は間違いなし。でも、どうなるのやら。ディックに敵対心剥き出しのジェイソン。どう考えてもディックの指導を素直に受け入れるとは思えない。お人好しのガーフィールド。なんでジェイソンの言う事を信じてしまうのか。ジェイソンがドクター・ライトの所まで行って何もせずに戻ってくるはずがない。必ず戦闘を仕掛けるに違いない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

fantasy

ジェイソンは、ディックに自分の事を認めさせる事にやっきになっている。案の定、見付けたドクター・ライトに戦闘開始。口だけではないね。ジェイソンが切れた時の戦闘力は半端ない。ドクター・ライトが殺されてしまう。でも、黒幕がいるのを知らんかったね。やられているのに余裕のドクター・ライト。しっかりと観察するべきだった。ここに気づいていれば油断は生まれなかった。恐らくディックなら見抜いて警戒していたはず。自分に足らない事に気づかないジェイソン。戦闘力は半端ないけど敵を冷静に分析する能力に欠けている。デス・ストローク、カッコええやん。スレイドおじさんもコスプレするんやね。拉致されたジェイソン生きてるのか死んでるのかも分からない。でも、連れて行ったと言う事は生きているのかも。人質として有効活用する作戦。ガーフィールド、責任感じてるやろね。

レイチェルの暴走。怖すぎる。怒らせたらアカン人。「俺、切れたら凄いねん」こんな事、言うてる奴に見せてやりたい。切れるとは、これ!いや、切れるとは次元が違いすぎる。格闘練習中にトッドの一撃で闇の力が暴走したレイチェル。もう少しでジェイソンを殺しそうな勢い。ビビりまくりのジェイソン。実戦でもこんな怖い思いはした事ないはず。少しチビっていてもおかしくないほどの恐怖。我に返って自己嫌悪に陥るレイチェル。闇の力に飲み込まれそうになっている自分と戦っていた。闇に飲み込まれて暴走してしまえば、世界を破滅に導いてしまう。そんな事になってしまっては、父であるトライゴンと同列の存在になってしまう。そうならないために必死で自分自身と戦うレイチェル。終わりのない戦い。誰かに相談するべきだと思うけど。ブルースなら金の力で何とかしてくれそう。スーパーマンなら、闇に飲み込まれても阻止してくれるかも。

星の王女様のコリアンダー。王位を継ぐために連れ戻せとお目付け役が参上。口で言って聞くような王女でないと分かっての事。いきなりの拉致状態。どうやら知り合い同士。説得に応じないともっと怖い人達が集団でやってくるみたい。トライゴンの脅威がなくなって当初の目的は達成。それなら地球に留まる意味も無し。星へ帰る方に気持が傾いて決心したけど、大切な友達からSOSの電話。これは放っておけないと友達思いのコリー。宇宙船に乗り込んで帰ると見せかけての、お目付け役を宇宙船へ監禁。10年分の食料はあるから、餓死する事はあり得ない。コリーも、問題を解決したら星へ戻る気持ちはあるのかも。どちらにしても、スターファイアーであるコリーが戻ってくれたら戦力大幅アップ。タイタンズ、女性の方が強いやん。スーパーパワーを持っているのは、レイチェル、ドナ、コリー、ガーフィールド。3対1で女性が圧倒的。ガーフィールド、ちょっとオネエ入ってるから3.5対0.5ぐらいになるわ。いっその事、タイタンウーマンズに改名したら。長すぎるし言いにくいか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)