【アニメ】進撃の巨人 シーズン3第51話「雷槍」感想(ネタバレ)<エルヴィンの覚悟>




注意:ネタバレ

shingekinokyojin
進撃の巨人公式サイトから引用
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

レビュー

緊迫の戦闘開始。どう考えても調査兵団に分が悪い。獣の巨人とエルヴィン団長との知恵比べ。移動手段の馬を狙われたらお手上げ状態。徒歩で戻る事は不可能。馬をやられたら全滅は必至。何としてでも馬を守らねばならない。静かに戦局を判断するエルヴィン団長。的確な分析能力は伊達ではない。アルミンの隠れた能力を見抜いた眼力。しかし、全て己のため。己のためだからこそ、ここまでやって来れた。心臓をささげよと言っているが、ささげる気は皆無に等しい。父の事を喋ってしまった重い十字架。それを背負って生きて来た。これからも己のためだけに生きる道。それが勝利につながるなら何も悪くない。

敵のターゲットはエレン。壁を登る鎧の巨人。手足の爪を硬質化させてスパイダーマンのような壁登り。一気に馬に襲い掛かるつもりだったライナー。巨人化したエレンの姿を見て、やはり迷っている。最大の目標のエレンと移動手段の馬。天秤にかければ、自ずと答えは出る。エルヴィン・スミスの賭け。裏に出れば全滅まっしぐら。エレンを追いかけた鎧の巨人。エルヴィン団長の読みがドンピシャリ。拳を硬質化させたエレン。これは地味にパンチ力アップ。普通に殴っても聞く訳ない鎧の巨人の体。硬質化させた拳で鎧を砕きまくり。これには堪らずショック状態の鎧の巨人。リヴァイの一撃を間一髪で避けていたとは、ライナー恐るべし。首に剣が刺さっても死なない体。ほぼ、不死身に等しい。こんな奴を殺すには体を切り刻むしか選択肢無し。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

angel

エレンの巨人もパワーアップ。拳を硬質化してパンチ力アップ。これなら鎧の巨人にもダメージを与えられる。格闘戦センスはライナーよりもエレンの方が上。的確に入るパンチが鎧を砕いていく。雷槍とはなんぞや?手持ちの小型ミサイルの事なのね。こんな危険なものを持って立体起動装置で移動するなんて危な過ぎる。扱いを間違えば自爆状態。紐を引く事で起爆できる仕組み。立体起動装置で移動しているときに何かに引っかかって紐を引いてしまう事に気を付けなければならない。鎧の巨人の中からライナー引きずり出すための雷槍。鎧の巨人のうなじに次々と刺さる雷槍は功を奏するのか?

静かに戦局を見守る獣の巨人が不気味。四つ足の奇行種の背中の荷物も気になる存在。獣の巨人討伐の命を受けた人類最強のリヴァイ兵長。驚異的な身体能力のアッカーマンの血筋。同じ血筋のミカサと協力したら倒せるかもしれない。でも、獣の巨人の戦闘力は未知数。静かにたたずむ巨人達も不気味。一斉に獣の巨人の守りに入ったら到達する事も難しい。いまだ、ベルトルトの姿が見えないのも心配の種。この期に及んで超大型巨人が出て来たら一気に劣勢に回ってしまう。何としてでも勝利をおさめねば人類は敗北してしまう。人類の命運はエルヴィン・スミスの判断にゆだねられた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)