進撃の巨人 シーズン2 第37話 叫び レビュー 来年まで待ち遠しい




注意:ネタバレです

来年か

シーズン2も、今回で最終回。
早すぎるわ。

解明されてない謎がまだあるのに、気になってしまうよ。

救いわ、シーズン3の放送が決定してる事。

シーズン1の時は、次シーズンの予定もなかったから、どうなるんやろうと思ったわ。

2018年、来年やね。

12話1クールとか、チビチビやらんと24話2クール一気に放送ぐらいやってくれへんかな。

かわいいやん

怖いミカサから、かわいいミカサにチェンジしたね。

ミカサに、こんなかわいい面があったんや。
もう、最後やと思ったから本心が出たんやわ。

エレンに命を助けられてエレンを守ることに生きがいを感じてたけど、本人はそれが愛やという事に気づいてなかったんやね。

エレンを愛してるけど、うまく気持ちを表現できひんから守るという行動で表現したんやと思うわ。

もうちょっとでキスするって思たのに、エレンは空気が読めんね。

怒りの方が勝ってしもたんや。

何者なん?

エレンは一体何者なん?
なんで、巨人を操ることができる。

獣の巨人も他の巨人を操ることができたけど関係あるんかな?

ライナーが座標がどうとか言ってたけど、何のことやら意味が分からへんわ。

エレンを連れて行こうとしてたんも、この能力がある事が分かってたからかな?

それに、今までは手を噛んで自分を傷つけたら巨人になってたのに、今回は、何回噛んでもなられへんかった。

何かがエレンの中で変化してる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

進撃の巨人公式サイトから引用
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

残念

ハンネスさん、死んでしまったやん。
ええキャラやったのに。

エレン・ミカサ・アルミンのお父さんみたいな存在やったのに。

小さい頃の三人を知る唯一の人やったのに。

エレンが巨人になって助けてくれると思ってたけど、それもかなわんかった。

エレンが一番悔しいやろな。
肝心な時に大事な人を助けられんかった。

お母さんの時と一緒。
それも相手はおんなじ巨人。

悔しくて悔しくて。

だから、心の底から怒りが込み上げてきて巨人を操る力が解放されたんかもしれへんわ。

大活躍

エルヴィン団長、なんとか命は助かったね。

右腕は失ってしまったけど、命が助かっただけでも奇跡やわ。

団長になるような人やから、強運の持ち主なんやろうね。

リヴァイも心配して来てるようやね。

シーズン2では全然活躍の場がなかったから残念やわ。


進撃の巨人公式サイトから引用
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

なんか、あんまり存在感がなかったね。

今回の作戦もリヴァイが来てたら、多くの調査兵団員が死なんで済んだかもしれへんし。

シーズン3ではケガを完全に治したリヴァイがバッサバッサと巨人を倒す場面を期待するよ。

誰?

最後のシーンで、獣の巨人の上に乗ってた人は誰?

ライナー達の仲間かな?

なんか、知らんキャラみたいやけど、今まで出て来てないよね?

シーズン3では、このキャラが鍵になってくるんかな?

鍵といえば、エレンの持ってる鍵の謎もまだ判明してないし。

来年までモヤモヤが続くよ。

原作読んでないけど読んでしまうと謎が判明した時の感動が薄れるし。

とにかく、楽しみにして待たなしゃあないね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする