進撃の巨人シーズン2 #30 ヒストリア レビュー 5つのポイント




注意:以下は物語の内容に触れています


公式サイトから引用/©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

1.塔

崩れそうな塔をかばっては戦いにくそう。
敵の巨人はいっぱいおるし。
ユミルがんばってるけど、あかんあちこち傷を負ってる。


クリスタ追い詰められたら実力発揮するタイプやん。
すごいね度胸あるね。


塔の事は気にせんと戦え って言うてるわ。
ユミルもすごいね吹っ切れたようで塔の石を投げつけてる。


えっ、しゃべってる 髪の毛につかまれ
完全に制御できてる。


どこで覚えた?
生まれつき?


エレンは暴走してたのに。
何が違う?


うわっ、塔倒れる!
敵の巨人みんな下敷き。
一網打尽や。


えっ、死んでないん。
みんな起き上がってきてる。


ええタイミングでミカサ助けに来るね。
かっこええ!


エレン、あんたは他の任務あるからええねん。
ほら、からまって落ちてる。
ケガしたらあかんから引っ込んどいて。


間一髪で調査兵団が助けに来てくれてよかった。

2.出生

監視者って言われてたクリスタ。
誰か偉い人の妾の子供やったんや。
それで命を狙われたりしたから訓練生になったんやね。


一体、誰の子?
自分が監視者って言うのも自覚してないみたいやけど。


そんな生まれやから雪山訓練でいっそのこと死んでしまおうと思ったんやね。
自分には絶対助けることはできひんと分かってるのに。


瀕死のダズを助けるって言う名目で。
いい子のクリスタを演じて死のうと思ったんや。
クリスタの本当のお父さんが、今後のキーになってくるんやろうね。

3・ライナー

ライナーを襲ったのが巨人化したユミルって、どう言うこと?
この時、ライナーの仲間が身代わりになって食べられたけど。
これがきっかけで、危険をかえりみず仲間を助けるライナーが誕生した。


なんでユミルがからんでる?
何か大きな力の指示?
それとも偶然?


そこにライナーも巻き込まれた?
う~ん、分からん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

4.崖

どう考えても、ユミルがダズを連れてあの崖降りれるはずないやん。
巨人化して降りたんやね。


クリスタも不思議に思ってるけど、ユミルは本当の事は言ってなかったんや。
そら、言われへんと思うけど。
クリスタも怖すぎて聞けんかったんかな?


結局、ダズを見捨てるんかと思ったけど、ちゃんと助けてくれたんや。
つっけんどんで怖いとこあるけど根はいい人なんかな?


でも、自由に巨人化できるんやね。
そんな技どこで覚えた?

5.死

ユミル、なんかつっけんどんで嫌な奴って言うイメージやったけど。
はんまは、仲間思いのええ奴やったんや。


ほんまは、正体バラシたくなかったんやと思う。
でも、仲間の命が危ないから巨人化してみんなを助けたんやね。
自分だけ巨人化して逃げることもできたのに。


無残な姿になってかわいそう。
でも、仲間が助かってクリスタの本当の名前も聞けて満足そうに旅立って行った。


ユミル、安らかに。

進撃の巨人Season2公式サイト

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする