【海外ドラマ】ストレンジャー・シングス 【NETFLIX】シーズン4第5章「ニーナ計画」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

strangerthings
netflix公式サイトから引用/©1997-2022Netflix.inc

第5章「ニーナ計画」レビュー

ジョイスとマレーは大丈夫か?
飛行機落ちてるよ。
マレーもアホやね。
自分の空手に酔いすぎ。
なんでユーリを失神させるかな。
最後の蹴りは余計やん。
ジョイスに怒られたけど後の祭り。
誰が飛行機を操縦するの?
わからんのにスイッチをパチパチ触ってるけどアカンやろ。
もうパニック状態やね。
どうしてええかわからんし。
だいたい空手黒帯自慢してたのに実戦経験なしってなんなん。
「槍のような手」とか面白すぎるけど。

ヒゲの人死んでしもたやん。
なんか申しわけないね。
体を張ってみんなを守ってくれたのに。
ほんまに「名もなきヒーロー」やん。
しかしボールペンは紛らわしい。
せめて「中に電話番号が…」ぐらい言ってから死んでよ。
マイクが気づいてよかったよ。
電話したら懐かしのピープ音。
音響カプラー全盛期。
ウォーゲーム懐かしすぎる。
それで世界を救ったコンピュータ使いのスージーか。
はるばるソルトレイクシティまで行くんやね。
どうせ家に帰られへんし。
ジョイスはマレーとどっか行ったし。
それしか選択しないもんね。
しかしアーガイルはアホすぎる。
死体を埋めて隠してるのに墓標つくってどうするの?
そこにみんなの名前書いてどうするの?
ジョナサンの言う通り好きにしたらええけど。
ええキャラやから許す。

マックスの記憶。
ヴェクナに連れ去られた世界で見た断片。
つなぎ合わせたらビックリ。
ヴィクター・クリールの惨劇の家。
そこに手がかりがあるかもしれないと訪れた面々。
怖すぎるやろ。
三人惨殺された家やで。
そんなところに乗り込むなんて勇敢すぎるよ。
デモゴルゴンやマインドフレイヤーと比べたら三人惨殺された家なんてどうってことないか。
でも、不気味やん。
電気代払ってないから中は真っ暗。
ダスティンに怒られるスティーブ。
懐中電灯ぐらい用意しなさいよ。
遠足の持ち物みたいに言われへんかったら持ってこんのか。
どっちが年上か分からんようになってるよ。
シャーロック・ホームズの言葉も無茶苦茶になってるし。
ダスティンが言ってたことちゃんと覚えてないんやったらカッコつけて言ったらあかんやん。
ナンシーも愛想笑いしてたけどなんのことやらわかってないやん。
ウィルが裏の世界に囚われた時のように電気が次々を道を標していく。
この感じ懐かしい。
行きついた先は裏の世界のヴェクナの部屋とつながった場所。

エディも警戒心が無さすぎ。
家の中をウロウロするにも外に分からんようにせんとあかんよ。
なんかダスティンたちが助けに来たから緊張感が一気に無くなったみたい。
割れた瓶を手にして隠れてた緊張感はどこ行った?
ジェイソンたちもしつこいね。
彼女のクリッシーが殺されたからしょうがないけど。
思い込みが激しすぎる。
だからヘルファイア・クラブはオタクがゲームする同好会やん。
悪魔とか関係ないよ。
あんなTシャツにするから誤解されるねん。
かっこええけど。
こいつらバスケ部で体力あるからあかんよ。
オールで進む小舟に泳いで追いついて来よる。
どんな体力してるねん。
でも、これは決定的やね。
これでエディの疑いも晴れるね。
だってジェイソンの目の前でパトリックが宙に浮かんでバキバキやもん。
こんな芸当が普通の人間にできるわけがない。
エディもビックリして船から落ちてるやん。
今回はヴェクナも手抜きやね。
頭掴んでグワシッっていうのがなかったもん。

水の中に浮かぶエル。
まるで「アルタードステイツ」。
過去の記憶と対峙して能力を取り戻す訓練。
効果あるやん。
エル自身もビックリ。
でも能力を取り戻すのはそう簡単ではない。
逃げるために感情を爆発させたら兵士たちが吹っ飛んだ。
可哀そうな兵士たち。
こんなはずじゃなかったのに。
エルの能力は取り戻せてないはず。
取り押さえてブレンナー博士のもとに連れて行くだけのはずだったのに。
吹っ飛ばされて失神状態。
続けてブレンナー博士も吹っ飛ばされるのかと思いきや全く微動だにしない。
ブレンナー博士自身は分かっていた。
能力を発動できたのは一過性のもの。
訓練を続けなければ以前のように自由に操ることはできない。
能力を取り戻せなければ友達が危険にさらされる。
ヒーローに戻るためにはブレンナー博士と和解し訓練を続けなければならない。
腹をくくったエル。
再びブレンナー博士との二人三脚。
ブレンナー博士の手を取って彼のことを「パパ」と呼ぶエル。
ほったらかしの兵士たちが可哀そうすぎる。
誰か手当てしたってよ。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大