【海外ドラマ】ウォーキング・デッド シーズン9第2話「復興の道」感想(ネタバレ)




注意:ネタバレ

walkingdead
ウォーキング・デッド公式サイトより引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

レビュー

人の数だけ、もめ事も増える。まして以前はいがみ合っていた同士。問題が起こらない方が不自然。それでも、こんな世の中だからこそ身を寄せ合って協力しなければならない。橋の修復には人手が必要。聖域の住人に労働を依頼する。全てを水に流して受け入れられない者がいるのも確か。ダリルは、今いちリックのやり方に納得できていない。昔が懐かしい。なんとかリーダーとして皆をまとめようとするリック。しかし、思い通りにはいかない。自分の想いと皆の想いにズレが出てくる。少しのズレがドンドン大きく育っていく。

大人げないジャスティン。ヘンリーから水を取り上げがぶ飲みする。子供だと舐めくさってる。ヘンリーの反撃にあっけなく転倒。自分が悪いのに逆切れするジャスティン。モヤモヤしていたダリルが切れる。リックが止めに入るが喧嘩の理由ぐらいは聞こうよ。まるでダリルも同罪と言わんばかり。ダリルはヘンリーを守っただけ。秩序を守るためにジャスティンを罰した。より一層リックに対する不信感が大きくなっていく。悪い兆候。生死を共にした仲間の気持ちが離れて行く。

もめ事を起こしたジャスティンを重要な任務に就かせるなんてリーダー失格。自分勝手で責任感のない事が証明されたのだから任務からは外すべきだった。ウォーカーをおびき寄せるためのサイレンを鳴らす役目。サイレンが鳴らなければウォーカーの集団は進路を変更しない。もしもの時を予測できなかったのか?いったい、ジャスティンは何をしていたのか?もしかして伐採場にダリルとアーロンがいる事を知っていて、わざとサイレンを鳴らさなかったのかもしれない。もし、そうなら許す事は出来ない。

ダリルがボコボコにジャスティンを殴る気持ちは分からなくない。ジャスティンのせいでアーロンは左腕を失った。キャロルが、殴ってもしょうがないとダリルを止める。しょうがないのはダリルも承知。それが分かっていてもジャスティンを殴らないと気が済まなかった。アーロンは、もう赤ん坊を抱く事も出来ない。ダリルの怒りはリックにも向けられた。なぜ、もめ事を起こしたジャスティンを重要な任務に就かせたのか?理解不能。ニーガンなら、そんな判断はしなかったはず。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

logs

伐採場のウォーカーとの戦い。ハラハラドキドキ。これがなければウォーキング・デッドではない。さすが、百戦錬磨のダリル。一人でナイフを手にバッサバッサとウォーカーをなぎ倒す。一人で全滅させるのかと思ったが、さすがにそれは無理。異変を察知したリック達が駆けつける。エゼキエルにはキャロルのきつい一言「まだ、いたの」涙目のエゼキエル。アーロンの腕がグロかった。リックの丸太ゴロゴロ作戦はナイス。ウォーカーを一網打尽。頭を潰されるウォーカー。こっちもグロかった。イーニッドは、いつの間にか名医。あの腕を見たら普通はパニクって何も出来ないはず。冷静に切断と判断したのは凄い。あのまま切断しなかったら組織は壊死して敗血症で死ぬのは時間の問題。麻酔無しで切断するなんて度胸あり過ぎ。アーロンとイーニッドに感服。

ジェイディスとゲイブリエルが、いい雰囲気。お互いに惹かれ合う二人。夜の見張りで、いい感じ。話題がカエルの交尾とは、空気を読まなかったのか読んだのか。空を飛んでいるのは飛行機なのかヘリコプターなのか?なぜかジェイディスの前にばかり現れる。ジェイディスの過去と素性は誰も知らない。もしかしたらヘリを操縦する謎の人物と関係があるのか?文明が破壊されたこの世の中にヘリが飛んでいるのもビックリ。燃料は?整備はどうしているの?裏で暗躍している組織が存在するのか?ジェイディスは、何かを知っているようであるが今はだんまり。

マギーの言い分も理解出来る。約束の燃料が届いていないのに食料を渡すことは出来ない。燃料が無ければトラクターを動かす事が出来ず作物を育てる事が出来ない。ヒルトップのリーダーとして街を守る事を何よりも優先させるのが務め。アールの言葉で考えが変わった。酒を飲んでの過ち。父ハーシェルも酒で苦しんでいた。やめる事によって多くの人を救う事が出来た。今、自分がヒルトップに子供といる事が出来るのも父のおかげ。くしくも、ハーシェル役の俳優スコット・ウィルソンが76歳で亡くなった。白血病を患っていたと発表された。マギーがハーシェルの事を思い出すのはタイムリー。冥福を祈ります。

非情になりかけたマギーの中で何かが変わった。ミショーンに食料を渡し、アールを牢から出して監視付きで仕事をさせる事にした。街を出たジャスティン。バッタリ出くわした知り合いは誰?聖域から逃げ出した者たちが行方不明。銃も食料も持たずに外で生き続けるのは困難。必ず戻ってくるであろうと思われたのに戻って来ない。ジャスティンも一瞬で何者かにさらわれてしまった。ジャスティンが出くわした知り合いは救世主たちの行方不明と何らかの関係があるのであろうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)