海外ドラマ Zネーション(ワーナー)シーズン2第14話「長かった道のり」感想




注意:ネタバレです


ワーナー海外ドラマ公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

レビュー

スピンオフ希望

今回は、ゾンビ大災害の時の回想シーンやね。

それぞれが、世界が変わった時にどんな状況やったかが判明する。

正直、内容濃かった。

もっと、観たかったね。

これだけでも、スピンオフが出来るやんというぐらい続きが気になった。

シーズン2も終盤に来たから、振り返ったんやろうね。

思えば、それぞれの過去が語られるのって、これが初めてと違うかな?

今まで、マーフィをカリフォルニアへ連れて行くために突っ走ってたからね。

ここらで、一息入れて振り返るのも良かった

一層、それぞれのキャラへの感情移入が深くなっていく。

一層、それぞれのキャラが好きになったわ。

これって凄いよね。

キャラの数だけスピンオフが作れるやん。

そんな事してたら、どこで終わるか分からんようになりそうやけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

サイモン(市民Z)

市民Zは、犯罪者やったんや。

軍人と違ったんやね。

だから、銃の扱いに慣れてないんや。

軍人やのに、何をモタモタしてるんやと思ったら、そういう事やったんやね。

何をして捕まったんやろ?

ハッキングでもしたんかな?

その腕を買われて、NSAにスカウトされたんかもしれへんね。

取引をして、ノーザンライトキャンプに配属されることになったんや。

でも、不吉やね。

そのきっかけが

「ゾンビ」

と書かれたメモ。

NSAもゾンビウィルスの事は、早くから掴んでたんやね。

普通は、そう思うよね。

渡されたメモに

「ゾンビ」

なんて書いてても、そのまま受け取る人はいてないと思う。

まして、相手はNSA。

何かの暗号と思うのが普通。

市民Zの反応は、おかしくないよ。

ロバータ・ウォレン

ウォレンは、あんまり変わってないね。

そのまんまやん。

一人だけ、外に様子を見に出てたから助かったんやね。

まさか、救急車のストレッチャーにゾンビが縛り付けられてるとは思わないよ。

病人やと思うのが普通やね。

よう、噛まれへんかったわ。

あそこで噛まれてたら終わってたよ。

救急隊員が噛まれてゾンビになってたんや。

そのゾンビが、ウォレンと入れ替わりに建物の中に入り込んだんやね。

兵士達も、事態が理解できないままに噛まれて、ゾンビになったんやと思うわ。

いきなり、人が走って来ても、普通はゾンビやとは思わんもんね。

ポカーンとしてる間に襲われてしまうと思う。

いくら、戦闘のプロの兵士でも、相手を敵と認識できなかったら、攻撃する事も出来ないよ。

その点、ウォレンは早い段階で適応できて良かったね。

生き残る人の特徴やね。

早い段階で環境に適応する能力を持ってる事。

ドク

ドクの過去も面白かったわ。

部屋のドアにドンッてぶつかって行った人影。

誰が見てもゾンビやと思うやん。

ドクは、その人影を追いかけて正解やったね。

ドクが出た部屋に入っていく顔色の悪い男。

それって、ゾンビやん。

ドク、全然気づいてない。

もう、確信したよ。

やっぱり、ドクが追う人影もゾンビに違いない

部屋に入って確認したら拍子抜け。

人間やん。

頭のおかしい人やった。

ドクは、この頃から、頭のネジが足らないおかしな人の扱いがうまいね。

生まれ持った天性のものなんやろうね。

部屋に戻ったドク。

ラリーが、男同士でイチャついてるって思ってたけど、すぐにおかしいと気付いた。

瞬時にラリーがゾンビに襲われてるって当てよった。

普通は、すぐにゾンビって思わんやろ。

ゾンビって気付くまでがメッチャ早かったやん

それやのに、ラリーがゾンビになるって、考えへんかったのが不思議。

ゾンビに襲われてるって考えたら、襲われた人もやばいって考えるのが普通。

そこまでは、頭が回らんかったんやろうね。

なんとか、ピンチを切り抜けた。

最後は、薬に頼るんやね。

この辺は、今とあんまり変わってないね。

アディとマック

うわっ、マック久しぶりの登場やん。

過去の回想シーンやけど、懐かしいわ。

アイスホッケーのプロ選手やったんや。

試合中にゾンビ大災害が起こったんやね。

試合を見に来てたアディも巻き込まれたんや。

ここで、運命の出会いがあったわけやね。

多くの人が密集してる所では、ゾンビはみるみる増えるから怖いわ。

一瞬の判断が生死を分けるから、気を抜かれへんよ。

人差し指を上げたデッカイ手を付けたゾンビ。

これにハマってしまったわ。

何か分からんけど、マヌケな感じでおかしかったわ。

この頃から、アディとマックは息の合った連係プレーで、ピンチを乗り切ってたんやね。

マックを改めて見ると、なんかアディが寂しそうに見えるわ。

10K

10Kの釣りをしてる姿は、普通の少年って言う感じやね。

素朴な少年やったんやろうね。

矢が三本も刺さってる人に

「大丈夫ですか?」

大丈夫な訳ないやろ!

普通の人間でないことぐらいわかるやん。

「助けて!」

って言う人間違えてるよ。

明らかに様子がおかしい人達やん。

なんかボーっとした子やったんやね。

しかし、よく助かったね。

後ろばっかり気にしてるから、木に当たった

その場に倒れてたら食われてたけど、転がって行ったから助かったんや。

強運の持ち主やね。

お父さんが、猟銃を構えて助けに来た。

銃の扱いは、お父さんに教えてもらってたんや

この頃に比べたら、今の方がずっと頼もしくなったね。

バスケス

バスケスの過去は、残酷すぎるわ。

こんな目に遭って、よく気が狂わんかった。

DEAで培った強靭な精神力があったから、耐えられたんやね。

エスコルピオンに拉致されて、妻と娘を殺された後にゾンビ大災害が起こったんや。

ちょうど、妻と娘の遺体を安置してお別れをしてるところやった。

タイミングが最悪過ぎる。

神は残酷やね。

最愛の家族を奪われて、これ以上ない苦しみを味わっている。

悲しみのどん底にいるバスケスに追い打ちをかけてる。

棺桶の中の遺体が動き出す。

信じられない思いやろうね。

逆に生きてたんやと、希望を持ったのかもしれない。

でも、それが悪夢に変わる。

棺桶の中から出て来たのは、変わり果てた妻と娘の姿。

バスケスの気持ちを考えると、胸が痛くなる

マーフィ

最後は、マーフィやね。

やっぱり、囚人やったんや。

刑務所の中にいる時に、ゾンビ大災害が起こったんやね。

看守と囚人が次々にゾンビに変わっていく。

逃げ場がないから、恐ろしいね。

この頃から、クズっぷりは健在やったんや。

看守が開けっ放しにしてた扉から何とか逃げ出した。

他の囚人が逃げて来たら、キッチリ扉を閉めよった。

自分だけが、助かったらええ。

マーフィは、この頃から変わってないよ。

到着

遂に約束の地に到着したね。

森の中のレストラン。

これが政府の施設なの?

本当にマーフィを引き渡したら世界が救われるのかな?

中には、おばちゃんが一人いてるだけ。

ハイテク設備も見当たらない。

普通の田舎のレストラン。

でも、おばちゃんのいるカウンターの内側には、大型の銃が置いてある。

この、おばちゃん、やばくないか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)