ベターコールソウル シーズン3 第7話 やり繰り レビュー お金が減っていく




注意:ネタバレです

お金

ジミーお金に困ってるんやね。
弁護士の仕事、一年間はできひんもんね。

せっかく遺書作成の仕事が軌道に乗って来たとこやのに、もったいない。

でも、しょうがないね。
チャックの作戦にハマってしまってんから。

弁護士資格剥奪にならんかっただけよかった。

テレビのCM枠も埋めなあかんし。
裁判所命令の奉仕活動もせなアカンねや。

まけてえや

奉仕活動、大変やね。
みんな、ハイウェイからゴミ捨てるんや。

マナーが悪いね。
汚い仕事やけど、誰かがやらなアカンし。

奉仕活動中の電話は禁止になってるんや。
注意されてるね。

4時間も活動したのに30分しか認められへんかった。

この係の人もまけてくれたらええのに。
そうは、いかんか。

忙しい

ソウル・グッドマンの名前が板についてきたね
忙しそうやわ。

終わったら車の後ろで着替えてCM撮影に行くんや。

遅れたりして客の気持ちが変わったらパーやもんね。

もう、車もボロボロやからエンジンかからへん
 

修理するお金もないんや。
なかなか思い通りにいかんね。

CM、パックで契約してくれたらええのに。

でも、費用が高くなるし効果も分からへんからみんな断ってるわ。

撮影の学生に払ったら、そんなに残らんやん。

楽器店では、しゃあないからタダでやったんや
 
ポケットマネーから学生の分出したんやね。
財布にいくらも残ってへんね。

女の子が見るに見かねて、お金帰してくれたけど、受け取らんかったんや。

この辺はジミーのプライドなんかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)


netflix公式サイトから引用/©1997-2017Netflix.inc

暗殺

ナチョは何を考えてる?

サラマンカの心臓の薬のカプセルを手に入れて、どうするつもり?

中身を入れ替えて殺すつもりなんや。

そら、サラマンカは越えてはならない一線を越えたもんね。

堅気のナチョのお父さんを麻薬の取引に引き入れようとした。

ナチョもサラマンカとお父さん、どっちが大事やって言うたらお父さんに決まってるやん。

最悪、お父さんが言う事、聞かんかったら殺されてしまうねんから。

表立ってサラマンカを殺したら組織に報復されるで。

だから、薬でコッソリ殺そうとしたんやろうね
 
でも、マイクの言う通りナチョが一番疑われると思う。

薬をすり替えても検死解剖でばれるし。
マイクになんか考えがあるようやね。

どんな考えなんやろ?

憎しみ

ジミーは弁護士保険の払い戻しを頼みに行ってんね。

自分のために行ったんかと思ったら、どうやらそれだけではないよう。

チャックの名前も言うてるわ。

やっぱり、弁護士活動できひんようになってお金に困ってる状況になったのは、チャックのせいやと恨んでるんや。

チャックが精神的におかしいでと、遠回しに伝えてるわ。

保険会社の人もメモとってる。
ジミーの作戦通りみたい。

部屋を出てニヤッと笑ってるようにみえたけど、この兄弟どこまでやり合うんやろ?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする