【海外ドラマ】ブラックライトニング【DC】シーズン2第13話「秘密の書」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

blacklightning
netflix公式サイトから引用/©1997-2019Netflix.inc

レビュー

第3章:炎の柱

やっと出て来たスーパーメタヒューマン。なんか地味。波動を操るメタヒューマン。頭の中に装置を埋め込まれて自由に動けない気の毒な境遇。ジェンス博士の安全装置。トビアスはメタヒューマンで大儲けを目論んでいる。メタヒューマンを兵器として売買。マルコビアの組織もそれを目論んでいた。メタヒューマンを量産して大儲けの予定崩壊。不良品の山で商売あがったり。寿命が短すぎた。人体の限界を超えた存在。どこかにひずみが出てくるのは宿命。それを何とかしようとリン(クリスティーン・アダムス)の誘拐を計画した。リンとジェンス博士が協力すれば、その問題を克服できる。

スーパーメタヒューマンを見付けたらジェンス博士は用済みと思っていたトビアス(マーヴィン・クロンドン・ジョーンズ3世)。そこはジェンス博士もバカではない。スーパーメタヒューマンを覚醒させる血清。四本全部は渡さない。用済みになれば始末されるのは織り込み済み。そうならないために駆け引きは必要。マルコビアの襲撃を予測したオデル。ポッドを奪われないために安全な場所へ移動させなければならない。そうはさせないとスーパーメタヒューマンとカッターがコンビで研究所に侵入する。警備員は無能。太刀打ちできず次々に倒されて行く。ASAはメタヒューマンに対する対抗策を講じてなかったのか?もし、そうなら無能集団。その可能性も考えておかなければならない。

姿を消したグレース。自分がメタヒューマンであることがアニッサ(ナフェッサ・ウィリアムズ)にバレてしまうかもしれない恐怖。ばれてしまったら捨てられるとでも思ったのか?まさか、アニッサが同じメタヒューマンとは夢にも思っていないはず。互いに秘密を打ち明ければ困難に立ち向かうのは可能。しかし、恐怖の方が勝ってしまった。グレースまでもが偽名。これまでも里親たちの間を転々としていた過去。もしかしたら、メタヒューマンである事を悟られて追い出された可能性も考えられる。そんな過去があるのなら秘密を知られる事に恐怖を持つのも理解できる。心残りのアニッサ。グレースを捜すにしても手掛かりは無し。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

laboratory

ジェニファー(チャイナ・アン・マクレイン)は怒っている。トビアスを許さない。カリル(ジョーダン・キャロウェイ)を殺されたことを忘れることは出来ない。父はトビアスに復讐してはいけないと言っていた。そんな言葉は糞くらえ。この怒りを収めることは出来ない。トビアスの居場所を探すために襲撃を実行。普通の人間なんかひとひねり。しかし、相手はハンドレッド。警察でさえ恐れる犯罪集団。ジェニファーの噂を聞いて武装して待ち伏せ。いくら能力があっても数には勝てない。ギャンビ(ジェームズ・レマー)の秘密基地に警察無線が入る。小柄な女が暴れている。そんな事をできるのはジェニファーだけ。一歩間違えれば命を落とすかもしれない。慌てたアニッサが急行する。能力は無尽蔵ではない。使えば使うほど消耗する。ガス欠状態になったジェニファー。無防備な所を撃たれたらひとたまりもない。アニッサが間に合って良かった。持つべきものは、お姉ちゃん。ギャンビおじさん、早くジェニファーにスーツを作ってあげて下さい。

ジェニファーの座り込み動画。ローリー校長とのやり取り。ネット配信の怖さ。世論はジェニファーの味方。校則を破っているのはジェニファーのはず。そうなのにローリー校長が悪者になっている。ここがジェファーソン(クレス・ウィリアムズ)返り咲きのチャンス。ほくそ笑むジェファーソン。何か違和感を覚える。そうじゃないやん。カリルを亡くした悲しい気持ちは分かる。しかし、規律を乱しているのは間違いなくジェニファーの方。それはそれで父親として娘に注意すべき。それなのに、自分が返り咲くために利用しようとしている。いかがなものなのか?裏でお膳立てをしてくれた友人。足を向けて寝れないはず。それなのに友人の気持ちを考えずに卓袱台をひっくり返すジェファーソン。やっぱり、校長はローリーでいいですわ。驚愕の発言。ヒーロー以前に人間として問題あり。それなら聴聞会の前に断るべき。友人の立場なし。こんな優柔不断とは付き合いきれない。愛想を尽かし怒りまくって友人は去っていった。

トビアスとカッターのラブシーン。誰得なシーンなのか?これは必要?今回、トッドの姿が見えない。どこへ行ってしまったのか雑な扱い。アタッシュケースのファイアーウォールを突破したら用無し。コンピューターに精通した人材。今後も使い道は山ほどあるはず。トビアスはアホなのか?その都度その都度、必要な人間を調達する邪魔くさい事を続けるのか?せっかく見つけた有能な人材。金でつなぎとめておけば利用価値はあるはず。それなのに処分?やっぱり、トビアスはアホなのか?それともトッドの出演が全くない違和感。俳優と揉め事勃発の可能性も考えられる。ギャラで揉めたか、不祥事やらかしたか?前回まであれだけ出ていたのに不思議。最後に手だけの出演。手も本人かも怪しい。車を与えて爆破で終わり。雑な展開。何があったのか理解不能。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)