【アニメ】チェンソーマン 第6話「デンジを殺せ」レビュー【感想・あらすじ】(ネタバレ)




注意:ネタバレ

chainsawman
チェンソーマン公式サイトから引用:©藤本タツキ/集英社・MAPPA

第6話「デンジを殺せ」レビュー(感想・あらすじ)

ホテルの8階に閉じ込められた公安対魔特異4課のデビルハンターたち。
階段を下りたはずの荒井が上の階から下りてくる。
それを見た姫野がコベニにダブルピースを命じる。
確かめるために階段を下りる姫野。
そこにはいるはずのないダブルピースのコベニの姿があった。
顔を引きつらせ恐怖の表情を浮かべるコベニ。
ダブルピースの両手が小刻みに揺れている。
上下がダメなら横への移動で確かめてみるまで。
目の前の部屋に入るアキ。
窓の外には不思議な事にもうひとつの部屋が存在している。
窓を越えてもうひとつの部屋に入ったアキ。
部屋を突っ切ってドアを開けるアキ。
そこには震えながらダブルピースをするコベニの後ろ姿があった。
完全に閉じ込められてしまった状態。
部屋に集まって作戦会議を行うが埒が明かない状況。
出られないなら待つしかない。
そのうち戻って来ないことを不信がった他のデビルハンターたちが助けに来るかもしれない。
楽観的な考えを打ち出す荒井。
しかし望みは見事に砕け散った。
全ての時計が8時18分で止まっている事に気づいたアキ。
時間を止めて助けが来ることを阻む悪魔。
あまりの恐怖におかしくなるコベニ。
こんなことならデビルハンターなんかにならなければよかった。
アキのように理由があってデビルハンターになったわけではないコベニ。
優秀な兄を大学へ行かせるための資金のため。
親の顔が見てみたい。
兄を大学に行かせるために娘に風俗かデビルハンターかどちらかを選べと迫る毒親。
まだ風俗の方が良かったかもしれない。
風俗なら恥ずかしい思いをするかもしれないが命を落とすことないはずだから。

こんな状況で熟睡できるデンジ。
掘っ立て小屋でポチタと身を寄せ合って寝ていたデンジ。
そんな過去を考えたらホテルのふかふかの布団は夢のような環境なのだろう。
かたやノーベル賞に目覚めたパワー。
なにをどう考えてノーベル賞に行きついたのか?
ノーベル賞を発明すると言っている。
「ノーベル賞を発明」ってなに?
ノーベル賞のことわかってないよね?
なんか凄いものとしかわかってなさそう。
ノーベル賞を発明した暁には総理大臣を目指すとのたまわっている。
公約は「消費税100%」
意外と当選するかも。
予算倍増で日本が再び力を取り戻すかも。
その前に暴動が起こるのは間違いない。
それよりも私腹を肥やす事ばかり考えている政党にまかせるぐらいならパワーに任せる方がましな世の中になるかもしれない。
恐怖と無縁なデンジとパワー。
しかし悪魔もいつまでも待ってくれているわけではなかった。
不穏な空気が流れ始める。
パワーが切り裂いた悪魔が細胞分裂し増殖するように大きくなっていく。
悪魔が契約を提示する。
デンジを殺せば他の者は外へ出してやると。
悪魔は自らにメリットがなければ契約を提示してくることはない。
そう考えるとデンジを殺す事が悪魔にとって相当のメリットがあるということ。
悪魔の申し出を飲めと迫るコベニと荒井。
自分が助かる事だけを考えるふたり。
こんな状況でも冷静に悪魔の申し出を分析する早川アキ。
デンジを殺す事で悪魔にメリットがあると言うことはデンジは悪魔にとって邪魔な存在であると言うこと。
そういう事なら悪魔の申し出を受けるわけにはいかない。
助かりたい一心のコベニが限界を超える。
発狂したコベニが包丁を振りかざしデンジに飛びかかる。
身を挺してデンジに覆いかぶさるアキの脇腹に包丁が刺さる。
奪われた家族のためになんとしてでも銃の悪魔を討つことを誓ったアキ。
しかし自分ひとりで銃の悪魔を倒すことが叶わないことは十分わかっている。
ひとりでも銃の悪魔に立ち向かうものが必要。
どんな理由があるのか分からないがデンジは銃の悪魔を倒そうとしている。
そんなデンジを殺させるわけにはいかない。

血の悪魔なら血液を操ることができるから出血なんか簡単に止めることができるはず。
これは大きな間違い。
血の悪魔は自分の血液は自由自在に操ることができるが他人の血液はそう簡単に操ることはできない。
アキの出血をなんとかしてくれと頼まれたパワー。
少し困った表情のパワー。
助ける理由も自分中心。
ご飯を作ってくれる人がいなくなっては困るからアキを助ける決心をしたパワー。
よっぽどアキの料理が気に入っている様子。
しかし気になるのがアキの背中にある刀。
ずっと気になっていたその刀。
なぜ抜かないのか気になっていた。
そういう理由があったのか。
抜くと寿命が縮まる刀。
これも契約なのか?
この無限ループから抜け出せるほどの威力を持った刀。
恐らく絶大な威力を持っているのであろう。
でも抜かなければ宝の持ち腐れ。
これは抜くタイミングが難しすぎる。
少なくとも銃の悪魔を戦う時は抜くに違いない。
アキに助けられたデンジが決心する。
そんなに殺されてしまえと言うのなら自ら悪魔に食われてやる。
しかし簡単に食われて殺されるつもりはない。
悪魔も痛みを感じていたはず。
チェンソーになって思いっきり抵抗して痛みでのたうち回らせてやる。
スターターを引っ張り悪魔の口の中へダイブするデンジ。
どこまでも続く奈落の底へ落ちていくデンジ。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大