【アニメ】 チェンソーマン 第9話「京都より」レビュー 【感想・あらすじ】




注意:ネタバレ

chainsawman
チェンソーマン公式サイトから引用:©藤本タツキ/集英社・MAPPA

第9話「京都より」レビュー(感想・あらすじ)

死んだはずのマキマが立っている。
京都に向かう新幹線の中で暗殺者に頭を撃ち抜かれたはずのマキマ。
確かに頭を撃ち抜かれ血を流して倒れていた。
暗殺者たちもマキマの死を確認したはず。
それなのに暗殺者たちの後ろにゆらりと立つ血まみれのマキマ。
新幹線の中に絶叫が響きわたる。
マキマが契約している悪魔の力なのか?
それともマキマ自身が不死身なのか?
京都駅に到着した新幹線の中から我先にと逃げまどう乗客たち。
マキマを迎えに来ていた公安のデビルハンターたちも東京でデビルハンターが次々と襲撃されている情報を聞いてマキマの死を覚悟していた。
落ち着き払った表情で血まみれのマキマが新幹線から降りてくる。
信じられない表情の公安職員。
赤く染まった新幹線の車内。
残されたマキマの部下と暗殺者の遺体が横たわっていた。

東京でデビルハンターたちが襲撃されている事を聞いたマキマ。
銃の悪魔が関係している事を確信。
反撃に出るための作戦。
東京のデビルハンターをあてにするわけにはいかない。
自ら手を打つ作戦。
マキマが要求したのは終身刑の囚人。
何のために囚人が必要なのか?
武器を持たせて戦力として利用しようとしているのか?
しかし訓練を受けたデビルハンターがやられている状況。
まともな訓練を受けていない囚人たちが太刀打ちできるはずがない。
囚人と一緒に要求したのはできるだけ標高の高いところにある神社。
神社へ到着したマキマたち。
遅れて囚人たちが到着する。
反撃のための儀式をするための神社と囚人。
全員が目隠しをされて座った状態。
マキマを出迎えたデビルハンターたちも目隠しをされる。
囚人たちとは別の意味での目隠し。
マキマは内閣官房直属のデビルハンター。
契約している悪魔に関してはトップシークレット。
マキマと契約している悪魔をみることは許されていない。
そのための目隠し。
囚人に名前を言うように要求するマキマ。
それは囚人の名前ではなく全く知らない他人の名前。
囚人が名前を言うとマキマが両手を合わせて何かをすりつぶすように動かす。
倒れ込み絶命する囚人。
ひとり終わるとまたひとり。
次々と同じ作業が繰り返されて行く。
これはいったい何の儀式なのか?

沢渡アカネが契約しているヘビの悪魔に食われた幽霊の悪魔。
消えゆく姫野。
残された姫野の衣服と眼帯。
沢渡アカネとサムライソードの目的はデンジの心臓を手に入れること。
消えていく幽霊の悪魔。
姫野の想いなのか幽霊の悪魔の手が気を失っているデンジのスターターを引っ張った。
チェンソーマンとなり復活したデンジの反撃が始まる。
チェンソーと刀の戦い。
ほぼ互角の状況。
どちらかと言えば体力温存していたデンジの方が有利にみえる。
サムライソードは姫野との戦闘で体力をほぼ使い果たしている。
何を思ったデンジ。
状況を有利に進めようと思ったデンジの浅はかな行動。
そんなことをせずに普通に戦っていたら勝っていたはず。
サムライソードの部下の一人を人質にとる暴挙。
それは善人に対して効果ある方法。
人の命をなんとも思っていない連中には効果のない方法。
完全なデンジの判断ミス。
ひざまずくサムライソード。
ここでもデンジの浅はかな考え。
サムライソードが降参したと勘違いするデンジ。
ひざまづいて構えていたサムライソードが突然消えた。
いつの間にか背後に立つサムライソードに気づいたデンジの意識が遠のいていく。
人質もろとも胴体を真っ二つにされたデンジ。
上半身が下半身からずり落ちていく。
やっとの思いでチェンソーマンに勝利した疲労困憊のサムライソード。
限界なのか悪魔の姿から人間の姿に戻った。
命令された部下たちがチェンソーマンの体を車に運び込もうとした時に異変が起こった。
突然苦しみだした部下の体がつぶされる。
残された血飛沫と肉片。
ひとりまたひとりとつぶされて行く。
それはマキマの仕業。
囚人が名前を言いマキマが手のひらをこすり合わせる。
倒れる囚人。
同時につぶされるサムライソードの部下。
こんなことをされては守る術はない。
順番につぶされるのを待つのみ。
マキマは遠く京都の地。
儀式を止める術はなし。
恐怖に顔がひきつる沢渡とサムライソード。
部下の全員が肉片となり、次は自分の順番かもと恐怖に震えた瞬間に静寂が訪れた。
電池切れと言えばいいのか?
燃料切れと言えばいいのか?
囚人を使い切ったマキマ。
これは想定内なのか?
想定外なのか?
まさか敵の人数を数え間違えたのか?
それよりも、なぜ主犯格の沢渡とサムライソードを先につぶさなかったのか?
普通に考えたら雑魚よりも主犯を優先させるはず。
それなのにどうでもいい雑魚ばかり殺しまくって囚人を使い切るとは痛恨の凡ミス。
もしかして、名前が分からなかったのかもしれない。
悪魔と契約している人間には儀式は通用しなかったのかもしれない。
狡猾なマキマが凡ミスを起こすとは到底考えられない。
もしかしたら意図的にサムライソードと沢渡を生かしたとも考えらえれる。
もしそうならなぜ?

襲撃された荒井とコベニ。
襲撃者の銃弾から身を挺してコベニを守った荒井。
コベニの中でなにかが弾け飛ぶ。
襲撃者の銃弾をかわし反撃するコベニ。
直感的にデンジたちに危険が迫っている事を悟ったコベニが走る。
頭の中で荒井が倒れる場面が繰り返される。
なぜが分からないが気分が高揚し自分はなんでもできると確信するコベニ。
前方に見えた倒れるチェンソーマンの姿。
コベニの姿を確認した沢渡がヘビを放つ。
信じられない光景。
ヘビの攻撃をかわしヘビの上を走るコベニ。
人間離れした動き。
こんなキャラだとは想像できなかった。
この力はなんなのか?
いわゆる火事場の馬鹿力なのか?
それとも契約している悪魔のおかげなのか?
銃を撃ちながら沢渡に接近するコベニ。
撃てばあたる距離まで近づいた。
仕留めるかと思った瞬間になぜそっちへ行く?
倒れているチェンソーマンに駆け寄るコベニ。
そうじゃない。
沢渡を仕留めてからでも遅くはなかった。
仕留めるチャンスを逃したコベニ。
命拾いした沢渡がコベニへ銃弾をあびせる。
チェンソーマンを盾に銃弾を防ぐコベニ。
再び絶好のチャンスが訪れた。
よろめくサムライソードをバンに乗せる沢渡。
後ろを見せた完全に無防備な状態。
撃てば確実に仕留めることができるタイミング。
それをじっと見ているコベニ。
じっと見ているコベニ……。
なぜ撃たない?
なぜじっと見てる?
もしかしたら弾切れ?
それなら納得できる。
走り出すサムライソードと沢渡が乗ったバン。
走り去るバンの後ろへ銃弾を撃ち込むコベニ。
銃弾を撃ち込むコベニ……。
撃つタイミングがおかしすぎる。
仕留めるタイミングはもっと前にあったはず。
弾切れでもなかった。
理解できない。
コベニはハイになりすぎて判断能力がおかしくなっていたのか?
そう思うしかないマヌケな展開。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大