【海外ドラマ】エクソシスト シーズン2孤島の悪魔 第8話「唯一の救い」感想(ネタバレ)




注意:ネタバレ

exorcist
エクソシスト公式サイトから引用
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
© Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

レビュー

呑気なマウス(ズレイカ・ロビンソン)。腹にガラスが刺さって出血が止まらないヴェネットを乗せてドライブ。普通なら、すぐに病院へつ連れていかないといけないぐらい深い傷。朦朧としているヴェネット。熱が出て危ない状態。明らかに感染を起こして危険。早く病院へ連れて行かないと死が待っている。なぜ、こんな状態になる前に連れて行かなかった?本人が嫌がっても無理やり連れて行くべき。遅かれ早かれ連れて行くことになるなら、早く行くべきだった。医者も不審に思っている。傷の状態をみれば一目瞭然。傷を負ってからしばらく経っているのは見れば分かる。適当に誤魔化してもバレバレ。何らかの事情があるからと大目に見てくれてラッキー。少しでも事件性があれば警察に通報される。そんなことをされたらバチカンに情報が回ってしまう。居場所が知れたら悪魔達の刺客が大挙押し寄せてくる。そんな事になれば抵抗虚しくやられてしまうのは明白。そうならないためにも、今はおとなしくするべき。

マーカス(ベン・ダニエルズ)とマウスは古い知り合い。なぜ、その事を隠していたのか?マーカスはマウスを愛していたのか?でも、おっさん同士でキスしてた。昔はノーマルだったのかもしれない。ある日目覚めて、おっさんが好きになってしまったに違いない。悪魔祓いが、どれだけ危険か知らない初々しいマウス。自分ひとりで何とか出来るとでも思っていたのか?マーカスに黙って、ひとりで悪魔祓い。ここから入っては危険と線が引いてあるのに、入って行く不注意。緊張感が無さすぎる。線の外にいれば安全なのに、何故そんな簡単に入ってしまう。

悪魔にとっては待ってました。新しい体を手に入れた。悪魔に憑依されたマウス。てっきりマーカスが悪魔祓いを完了して助けてくれるものだと思っていた。それは大きな間違い。マーカス、途中でマウスをほったらかして、どこかへ行ってしまった。無責任。何がそうさせた。目覚めたマウスが見たのは知らんおっさんの顔。偶然、悪魔に憑かれたマウスを見付けた司祭が悪魔祓いをして助けてくれた。それからマーカスとは会っていない。そんなに親しい関係でもないみたい。それならヴェネットにわざわざ言う必要もないと思うよ。なんで、ヴェネットは切れだした?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

glass

アンディ(ジョン・チョー)に寄り添うニコール。本物のニコールではなく、悪霊だとアンディは気付いていない。悪霊に惑わされてトマス神父(アルフォンソ・ヘレラ)とマーカスの言葉は聞こえない。何も聞こえなければ戦う気持ちも湧いてこない。それ以前に現状を理解していない。時間は限られている。タイムリミットは刻々と迫ってきている。モタモタしていたらローズ(リー・ジュン・リー)の同僚たちがやって来る。バスタブにハーパーの母親の死体。ベッドにくくりつけられたアンディ。こんな光景を見られたら警察に通報されて逮捕されるのは明白。時間短縮のためにはアンディ自身に頑張ってもらわなければならない。そのための特効薬は子供たち。子供たちの声ならアンディは反応するはず。気丈なヴェリティ(ブリアナ・ヒルデブランド)が手を上げる。ヴェリティの声がアンディの頭に響いていく。アンディにとって一番気掛かりなのは子供たち。かなりの効果。アンディが目を開けてヴェリティに答えた。

事態は好転するのかと思いきや悪化。トマス神父のうっかり。これも悪霊の作戦。ガラスが割れて大慌て。疲労困憊なので理解出来ない事はない。でも、痛恨のミス。ガラスの破片をアンディがこっそり手の中に隠した。冷や冷や。いつガラスを振り上げて刺すのかとドキドキした。そうではなかった。刺すために隠したのではなかった。拘束しているロープを切るため。地道な作業が続く。トマス神父は夢の中。夢と現実の混同。夢の中でマーカスと悪魔祓い。白目をむいて夢の中のトマス神父。完全に悪霊の掌で踊らされている。ベッドにいたはずのアンディの姿は見当たらず。無防備なトマス神父をスルーした不思議。殺すには絶好の機会なのに、ほったらかして何処へ?

わがままヴェリティ。そんなに大事な本ならゴミ箱に何故捨てる?捨ててしまって後悔の嵐。シェルビー、ケイレブ、ハーパーも飛んだとばっちり。すんなり船に乗れていれば安全だったのに。ヴェリティが引き返したから待つはめになってしまった。最初からローズに頼んで車を飛ばせば良かったのかもしれない。トボトボ歩いていては船の時間に間に合わないのは明白。仲間たちを巻き込んでいる自覚ゼロ。戻って来たけれど人の気配がしない。これは危険な兆候。いるはずの老夫婦の姿が見えない。赤信号が点滅している。停電した暗闇の部屋。テーブルの椅子に黙って座って下を向いている老夫婦。絶対に死んでいる。100%死んでいる。神妙な面持ちのローズが部屋に入って来た。遂にローズも憑りつかれたのかと思ってしまった。そうではなかった恐怖の表情。いとうあさこ+キンタロー。前から似てると思っていた。後ろに控えしはアンディ。優しかったパパの面影無し。ヴェリティ、絶対絶命。トマス神父、起きて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)