Fate/Apocrypha 第2話 聖女の出立 レビュー 名前が覚えられへん




注意:ネタバレです

各々の陣営はサーバントを召喚し大戦の準備をしていた。ネクロマンサー獅子劫界離も赤のセイバーであるアーサー王の息子モードレッドを召喚、大戦の監督役の神父シロウ・コトミネのもとを訪れたが、彼のサーバントである赤のアサシンの不穏な空気を察知しセイバーの正体を明かす事なく立ち去っていた。トゥリファスの街を急ぐ二人にホムンクルスとゴーレムが襲い掛かかるが、二人は圧倒的な力で撃退。その頃、一人の少女が自分の運命の役割を全うすべくトゥリファスの街へ向かっていた。

こんがらがる

今回はキャラ紹介っていう感じやったね。

まだ、第2話やからキャラがこんがらがる。

取り合えずは、獅子劫界離のサーバントが赤のセイバーでアーサー王の息子?娘?のモードレッドは覚えた。

黒のセイバーがジークフリートで、そのマスターは貴族のおっちゃん。

名前が分からん。

黒のバーサーカーがフランケンシュタインで、マスターは眼鏡の男の子。

黒のアーチャーがケンタウルスで、マスターは車椅子の女の子。

黒のランサーがブラド・ツェペリでドラキュラのモデルになった人や、マスターは貴族のシュッとした人。

赤のアサシンが綺麗な女の人で、マスターはシロウ・コトミネ。

ああ~、後は分からん。

マスターの名前がほとんど分からん。ボチボチ覚えなしゃあないね。

いっぺんには無理やわ。

やっぱり登場人物が多すぎる。

集中して見やな、置いて行かれんようにせんとあかんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

 

女子?男子?

今回も戦闘シーンは迫力あって良かったわ。

獅子劫界離・赤のセイバー VS ホムンクルス・ゴーレム。

赤のセイバーは物凄いパワーやね。

スピードもあるわ。

アーサー王の息子っていうてるけど、どう見ても女子やで。

でも女子って言うたら「殺す」って切れてたね

本人は息子って言い張ってるけど、どういう事なんやろ?

獅子劫界離も強いね。

特別製の銃で戦うんや。

心臓みたいな形した爆弾も使ってたね。

毒ガスが出るみたいやけど、ネクロマンサーやから死体の心臓から作ってるんかな?

 危ない人

教会から出て町を歩いてる間、獅子劫界離は姿を隠してる赤のセイバーと話してたけど、他の人からみたら一人でブツブツ言うてる危ない人に見えてたんと違うかな。

たまに、こんな人おるよね。

一人でブツブツ言うてる人。

誰か周りに知り合いおるんかなって見ても誰もおらん。

本人には話相手の誰かが見えてるんやね。

ひょっとしたら、その人はマスターでサーバントと話してたりして。

話が進んで行くと自然とキャラの事も分かっていってドンドン面白くなっていくような予感はするから、集中して見て行かなあかんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする