【アニメ】鬼灯の冷徹 第弐期 第25話「瘟鬼/動物は恩を忘れない」みどころ(ネタバレ)




注意:ネタバレです

hozukinoreitetsu
鬼灯の冷徹公式サイトから引用
©江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」第弐期製作委員会
©King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

レビュー

瘟鬼

当時は、バッチリ決まってると思ってたんやね。

お爺さんとお婆さんが着せてくれた桃太郎の衣装。

今になっては、恥ずかしいコスプレになってるよ。

桃太郎本人も久しぶりに着たら恥ずかしさが満開やね。

こんな衣装は二度と着る事ないと思ってたんやろうね。

鬼ヶ島は、当時からずっと存在したまんまなんやね。

桃太郎は、鬼を成敗したけど命までは奪ってなかった。

その鬼が、何か悪事を働いていると烏天狗警察に通報が入った

調査に適任と白羽の矢が立ったのが桃太郎。

行った事あるから場所も分かってるもんね。

鬼灯も責任者として現世について来た。

この船は地獄庁の所有物?

チープなポンポン船やけど沈んだりせんのかな?

桃太郎が鬼を成敗してから何百年も経ってるんやろうね。

鬼も、どこかへ行ってしまってると思ったら鬼ヶ島にいてたんやね。

でも、様子が変わってるみたい。

昔は普通の洞窟やった。

それが普通の家みたいにリフォームされてる。

鬼も時代と共に変わってると言う事なんかな?鬼って、怖いもんやと想像してたら拍子抜けしたわ。

引きこもりの息子を抱えた普通の家族やん。

頭に角はあるけど、見た目は普通のおっさんとおばはん。

全然、怖い感じがせえへん。

こんな鬼やったら成敗するのに苦労せえへんよね。

引きこもってる息子の事を心配してるみたい。

人間も鬼も一緒やね。

鬼も桃太郎を見てビックリしてるよ。

何百年も経ってるのに人間が生きてるのが信じられへんみたい

でも、死んでるんやけどね。

息子の将来を心配してるんやね。

鬼って豪快なイメージがあるのに、引きこもってアニメやゲームに夢中になってたら、立派な鬼になられへんもんね。

鬼の家庭も人間の家庭も大差ないやん。

反抗期みたいなんに入ってるのかな?

桃太郎だけやったら、このまま帰ってしまうところやったけど鬼灯が同行してて良かった。

さすがに見逃せへんかった。

引きこもってアニメやゲーム三昧かと思いきや、コンピュータウィルスを作ってバラまいてたんや。

鬼の災厄も現代風になって来てるんやね。

時代が変わるのは人間だけではなかったんや。

鬼の世界も人間世界が変わっていくのについて行ってるんやね

鬼のお父さんとお母さんは、大喜びやね。

息子の事を心配してたけど、ちゃんと鬼としての仕事をしてたんや。

信じてやらんとあかんね。

上っ面だけ見て小言ばっかり言うてると反発されるもんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

virus

動物は恩を忘れない

地獄にも、ムツゴウロウみたいに動物好きな初江王と呼ばれる裁判官がいてるんや。

桃太郎の従者であるシロ、柿助、ルリオのことを見たかったんやね。

動物マニアやったら一度は見たいと思うはず。

鬼灯が引率して連れて来たんや。

しかし、ペットが何も言わへんからと油断してたらあかんよね

初江王の前で生前飼っていたペットが主人について証言するようになってる。

可愛がっていたペットと再会できて喜んでいられるのも束の間

人に知られたくない事をあれやこれやと証言されて赤面してしまう亡者も多数いてると思うよ

動物好きやから善人とは限らんもんね。

初江王もただの動物好きとは違うみたい。

少し変態が入ってる。

漢のことを可愛いと感じる感性が理解できひん。

白澤が描いた不気味な四本足の動物の絵を見て、可愛い猫と言うてる。

この辺の感性は崩壊してるみたいやね。

普通の人が可愛いと思う感覚とはかけ離れてるわ。

しかし、珍獣の宝庫やね。

あの世にやって来た珍獣を集め放題なんやね。

もう一人の動物マニアの鬼灯が珍獣を見て興奮してるわ。

ここに来たのも引率は名目で、珍獣が見れるから来ただけやろ

鬼灯が動物獄卒の採用強化策を打ち出したのも、ここの前例があるからなんやね。

桃太郎の従者のシロ、柿助、ルリオも初江王にとっては珍獣の範囲に入るんやね。

ここで、働けへんかと誘われてるよ。

動物にとっては、環境的にはバッチリやと思うよ。

今の環境よりは快適になるかもしれへん。

泣けるよね。

シロは、きっぱりと断った。

ちょっとウルっとしてしまった。

いろんな意味で鬼灯たちと働いている場所が好きなんやね。

第一補佐官がパンダとは、それらしいね。

中に人が入ってる着ぐるみにしか見えへんわ。

本物なんかな?

帽子まで被ってる。

現世のアイドルであるパンダが第一補佐官とは、時々現世に顔を出して欲しいね。

この辺のチョイスも動物好きならでわやね。

ペットの前でも油断をしたらあかんわ。

迂闊な事を口走ってしまったら証言されて地獄行きになってしまう。

まあ、悪い事をしてなかったら構える必要はないんやけどね。

でも、ペットの前では自分をさらけ出してしまうんやね。

見てないようで、しっかり見られてるんやね。

こんな話を聞いてしまったら、これからはペットの前でも気抜かれへんようになってしまうわ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする