フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3第12話 闘う同士 レビュー ニックまたやらかした



注意:ネタバレです


amazonプライムビデオ公式サイトから引用
© 1996-2017, Amazon.com, Inc. or its affiliates

レビュー

トロイは、生きてたんや。

やっぱり、しぶといね。

父親のジェレマイアからサバイバルの訓練受けてるから、そう簡単にくたばれへんとは思ってたわ。

蛇捕まえて食べてる。

貴重な蛋白源なのは分かるけど、いざとなったら食べれるかな。

絶対無理やと思うけど、極限状態になったら出来るんかもしれへんね。

以前ウォーカーたちに襲撃された仲間の家に潜伏してたんやね。

運よく缶詰を見付ける事が出来た。

あさってみると案外見つかるもんなんや。

銃まで見つかった。

なんか凄い銃やね。

銃というよりは弾薬が爆弾になってる奴かな。

こんなん見付けてしまうから、トロイはアホな事を考えてしまったんやね。

偶然、ゾンビの集団を見付けたんや。

神様は悪戯好きやね。

いかれてるトロイに銃とゾンビの集団を与えた

何で、そんな発想になるかな?

ゾンビの集団を牧場に誘導してる。

こんな数のゾンビ集団を撃退するのは無理。

牧場が壊滅してしまうのは明白。

共に牧場を守った仲間もいてるはず。

兄のジェイクがいてるのも知ってるはず。

もう、復讐と狂気しかないのかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

しかし、何でニックに警告に行ったんやろ。

住民全員死んでほしいなら警告なんかするはずはない。

住民を殺す事が目的ではなくて、父が作った牧場を壊滅させることが目的なんかな?

でも、牧場が無くなれば路頭に迷った住民の多くは、ゾンビの餌食になるのは目に見えてるけどね。

最初はニックと争ってたけど、最終的にはトロイにとってニックが一番信用できる奴になったんやね。

皮肉やね。

兄よりも信用できる存在がフラっとやって来たデコッパチ。

ゾンビ集団が一本道に入ってしまったから、今更進路変更する事もできひん。

ジェイクが怒るのも無理ないわ。

今まで弟の事をかばって来たのに、とんでもない事をしでかしてんから。

本当にトロイを撃ち殺すつもりやったんかな?

ニックが止めたから真相は闇の中。

ニック!

また、やらかした。

ジェイクを止めるのはいいけど、なんで吹っ飛ばした。

思いっきり銃で吹っ飛ばした。

衝撃で引き金ひくかもしれんとか考えへんの?

それよりも、周りを見て安全確認してなかったんか。

近くにゾンビの集団がいてるのに、そこからはぐれた奴が近づいてくるかもしれへんやん。

ゾンビがいてる所にジェイクを吹っ飛ばすって、ニックは何をしてくれてるんやろ。

助けたつもりが、止め刺してるやん。

倒れたジェイクにゾンビが近づくまで少し間があった。

銃で撃てば間に合ったかもしれへん。

ニックは、何で撃たんかった?

ゾンビの集団が気付いて迫ってくるかもしれへんから撃つのを躊躇した?

でも、距離があったし車もあったから充分逃げる事は出来たはず。

まるでジェイクを見殺しにしたみたい。

ニックは、全く自分のした事の意味が分かってないようやね。

全部トロイのせいにしてる。

トロイも呆然としてるね。

自分が死ぬはずやったのに、兄のジェイクがゾンビに噛まれてしまった。

もう助からないのは、自分が散々実験してきたから分かってるはず。

動揺してるね。

あれだけ実験してたのに、転化する時間をニックに聞かれても答える事ができひん。

人間の腕って、鉈でスパッと切れるもんなんや

結局は、ジェイクは助からんかったね。

さすがにトロイも凹んでるわ。

目の前で兄が転化する姿を見たらショックを受けるわ。

やっとトロイも正気にもどったかな。

でも、手遅れやね。

牧場でトレーラーで壁を作ってるけど、これだけの数になると時間稼ぎにしかなれへんわ。

ゾンビが折り重なってトレーラーを押してる。

トレーラーの下からワラワラ出て来てる。

迎え撃つのは無理や。

数が多すぎる。

住民も次々とやられてる。

地獄絵図やね。

平和やった牧場が地獄になってる。

トロイは、この光景を想像してたんか?

これだけ悲惨になる事まで想像してなかったんと違うかな。

トロイの罪は思いよ。

一生、十字架を背負って生きて行かなあかんよ

残った住民たちは何とか倉庫に逃げ込むことが出来た。

倉庫なら水も食料もあるから、しばらくは安心

そのうちマディソン達も戻って来て救出を考えてくれるはず。

マディソン達もダムで水を手に入れて帰路についてる。

マディソンが戻って来るまで持ちこたえてくれ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする