【海外ドラマ】Zネーション【ネタバレ感想】ファイナルシーズン第4話~第6話<リンボー!>




注意:ネタバレレビュー

第4話:パシフィカ

znation
ワーナー海外ドラマ公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

アルトゥーラを爆破した真犯人の目的がわからない。トーカーと人間の分断が目的?そんなことをしてなんの得があるのか?こんなゾンビ世界だからこそ。人間であれトーカーであれ協力して新しい世界を作っていくことに意義がある。そんな希望を分断する爆破事件。アルトゥーラだけではなく他のコミュニティにも不信感が広がっていく。かつては図書館だったパシフィカ。膨大な数の蔵書。こんな世界だからこそ人類の叡智の記録。不安や不信感は思っているよりも早いスピードで広がっていく。パシフィカの住民たちも疑心暗鬼になっている。会議からトーカーを締め出した。ファイナルシーズンのテーマは差別?日本人はピンと来ない。単一民族だからわからない。人間のトーカーへ対する差別。トーカーたちが逃げ出すのも無理はない。身の危険を感じている。このままパシフィカに留まっていたら何をされるかわからない。

ノーザンライト基地はどうした?そんな簡単に北極からカナダへこれるもの?車や飛行機は無し。小さいJZとお婆ちゃんをつれてくるなんてあり得ない。パシフィカに家族全員で移住してきたサイモン。選挙を中継するために一人でやって来たのかと思っていたら家族全員で移住していた。JZを学校に通わせるため。子供には学校が必要。友達と学校で元凶することで様々な事を学んでいく。親は全員一緒。子供のためなら危険を顧みず。でも、ノーザンライト基地にいた方が良かったのかもしれない。爆弾が爆発して混乱状態。

第5話:分裂

スポンサーリンク
レクタングル(大)

znation
ワーナー海外ドラマ公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

この赤いトゲトゲ棒。アディに間違いないやん。生きてたんやね。ここまで見せてアディと違うというオチはないよね。しかし、いきなりいなくなったと思ったら、いきなり登場。訳が分からん。何があった?大人の事情?妊娠出産でもしてた?レッドとサン・メイの失踪についても何の説明も無し。どうせアディが今までどこにいて何をしてたなんか関係ないんやろうね。細かい事は気にしない。それがZネーション。
差別してた奴が当事者になって差別される。今まで自分が何をしてきたか身をもって知る事になる。相手の気持ちが分からんから差別する。自分がそうなって初めて酷い事をしていたとおもいしる。でも、後の祭り。元に戻りたいと後悔しても別の奴らから差別される人生が待っている。トーカーを締め出そうと差別していた奴らが、爆破事故で生きながら死んでいく。自分はトーカーではないと言い張っても誰も信じない。銃弾を受けても死なない体が物語っている。罰が当たるとは、こういう事。後悔してもおそいよね。

カヤのお婆ちゃん、意外とサバイバル能力が高いわ。ちゃんとJZを連れて地下の物置に立てこもってる。ボーっとしてるようでしっかりしてるんやね。でも、カヤとサイモンは生きた心地がしないはず。もしかしたらと最悪の事が頭をよぎるけど絶対に信じたくないよね。親にしたら子供に何かあったらという状況が一番こたえる。無事にみつかってよかった。爆弾ゾンビが追っかけて来たドクのお手柄やね。あっちいけ!こっちにこい!のやりとりもドクらしくておもしろかった。爆弾どうするねんと思ったけど、エレベーターに落として爆破とは考えた。間一髪やったけど、無事に処理できてよかった。

10Kにとったら右手を無くすなんて翼をもがれた鳥のようなもの。銃が撃てない。銃が撃てなかったら10000対のゾンビを倒すという目的が果たせない。そら、落ち込むよ。命を助けるためとはいえ、落ち着いてみたら納得できない自分がいる。そんなことはレッドも承知。だから自分なりに引き金を引ける義手を作ったんやね。健気やね。10Kは幸せもんやね。でも、引き金を引くという行為は繊細な作業。義手で命中させるには至難の業。練習練習の積み重ねが必要。偶然見つけた陰謀の予感。ゾンビを追い立ててどこへ連れて行く。ゾンビを集めた秘密の場所。ここからトラックでゾンビをどこかへ連れて行っている。何のために何が目的で?ゾンビ団子が気持ち悪すぎる。10Kもあっけなく死んだのかと思った。さすがに10Kは簡単に死なせなかったね。天井に義手でぶら下がってるとは無理あり過ぎ。そんな頑丈な義手には見えなかったのに。どっちにしても10Kが助かって良かった。どこかの道の真ん中でゾンビ団子を放出。これって何のためになってるの?陰謀の匂いがプンプンする。

第6話:捜索

znation
ワーナー海外ドラマ公式サイトから引用
© 2018 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

目がチカチカする。リンボーの内装は赤一色。マーフィの肌の色に合わせた赤。マーフィがハマり過ぎ。毎日を楽しんでいるのがにじみ出ている。義理堅いブレンド。マーフィに恩を感じてるブレンドたち。マーフィはブレンドにしてくれた命の恩人。げろ吐き対決とは趣味が悪い。ロシアンルーレットの撃ち合いも怖すぎるわ。トーカにとっては怖くないけど、人間はこんなことできない。勝ち続けないと死んでしまう。こんなゾンビ世界でも娯楽は必要。いいところに目を付けたね。賭けてるのはゾンビビスケット。このビスケットが謎過ぎる。いったい、どこで誰が作ってるの?何が入ってるかも分からない。これがあればトーカーは人間と変わらない生活を送る事ができる。ビスケットではなく埋め込み注入式なんか出来たらもっと便利になるのにね。

やっぱりアディは生きてた。化粧が厚くなってる。アディってブレンドやったっけ?なんか忘れてしまった。普通の人間ではなさそうな感じ。ルーシーと通じ合っていたし、マーフィがアディにルーシーを感じているところをみたら普通の人間ではないね。続々と集まって来るね。カジノはかくれみの。地下で逃げて来たトーカーを匿っていた。マージョリーとの再会。こんなところまで逃げて来てたんや。ダンテを探してここまできたけどビスケットが切れて正気を失いかけてたんやね。ダンテの隠れ場所が突っ込みどころ満載。どうやって自分を埋めた?誰かに埋めてもらったんか?土の下に何日間もいられるもの?死んでるけど意識は生きた人間。呼吸は必要ないけど気が狂いそうになりそう。

マージョリーは残念。いい人みたいやったのに。ダンテもつかまってしまた。アルトゥーラの警備の奴らが抜け目なさすぎ。なんでタイミングよくリンボーにダンテとマージョリーがいることを突き止めた。以前からリンボーを張っていたいたのか?トーカーを匿っている事がつつぬけだったとか?でも、ここで抵抗しても皆殺しにされるだけ。ダンテを裁判にかけると言っているけど本当なのか怪しい。仮に裁判にかけたとしても有罪ありきかもしれない。爆破とダンテは無関係。自分が疑われたと思って逃げたのか?真犯人がダンテを犯人に仕立て上げようとしている。その真犯人を突き止めるのがダンテを助ける地下道。いったい、誰が何のために?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)